島根県・石見地方で豊かな暮らしを見つける旅

島根、石見、手仕事、旅

今もなお、昔ながらの暮らしが残る島根県西部・石見(いわみ)地方。この地域に伝わる手仕事・文化・伝統を感じながら町巡りして、日常を大切にしたくなる2泊3日の旅へ

更新日:2018/04/17

地域ではぐくまれた丁寧な日常に出会う、石見地方を旅する2泊3日のモデルコース

1日目/山陰の小京都・津和野を巡る

10:35 東京・羽田空港発
12:15 萩・石見空港着
13:00 津和野町歩き
16:00 煎茶体験「分銅屋 七右衛門本店」にて
18:00「津和野町家ステイ上新丁」チェックイン 
18:30 夕食「アルチジャーノ」
20:30 自由時間

8:00 朝食「たべるを」竹籠弁当
8:30 津和野町歩き&チェックアウト
11:00 和紙作り体験「石州和紙会館」
12:30 昼食 「ゆうひパーク浜田 会津屋八右衛門」
14:00 手織り体験「やさか村ワタブンアートファブリック」
16:30 「山根旅館」(美又温泉)チェックイン、夕食
19:30 石見神楽鑑賞「三宮(さんくう)神社」

9:50 チェックアウト
10:30 石州瓦工場見学「亀谷窯業」
12:00 昼食「プロフェッショナル・ポークレストラン ケンボロー」
14:00 島根県芸術文化センター「グラントワ」
16:30 萩・石見空港到着
17:45 萩・石見空港発
19:20 東京・羽田空港着

1日目
山陰の小京都・津和野を巡る

島根、石見

昔と今の津和野を感じながら情緒いっぱいの町歩き

旅の始まりは、山陰の小京都・津和野から。歴史薫る町には、100年以上前の画集『津和野百景図』に描かれた景観、文化、暮らしが今も守り継がれ、そのストーリーは「津和野今昔〜百景図を歩く~」として日本遺産に認定されている。そんな津和野で、遠い昔に思いをはせつつ町歩きをして、江戸時代から続く商家で煎茶体験をしたり、町家をリノベーションした宿に泊まったり。夕食は地元で人気のイタリア料理店へ。土地の恵みを味わえば、津和野をもっと満喫できて、食への意識が変わるはず。

まずは『津和野百景図』をお勉強

江戸時代終盤の津和野藩内の各所や習慣を描いた『津和野百景図』。ここに描かれた風景、建物、風習、暮らしを現代まで大切に残してきたストーリーは「津和野今昔~百景図を歩く~」として文化庁が日本遺産に認定。津和野町内の「日本遺産センター」では、コンシェルジュが百景図に描かれた昔と今の津和野を映像やパネルを使いわかりやすく解説してくれる。町巡りのスタート地点に。

島根、津和野、お茶体験
島根、津和野、お茶体験

歴史ある空間で、昔ながらの煎茶体験

創業約300年、現在はお香や和紙製品などを扱う「分銅屋 七右衛門本店」。国の登録有形文化財に指定されるこの店で楽しめるのが、店主夫妻が教えてくれる、津和野に伝えられてきた昔ながらの煎茶体験。江戸時代から代々受け継がれる道具を使って、煎茶を淹れて味わう体験はまさに非日常。土地に根付く文化を体感して。

土地の恵みをイタリアンで堪能

ディナーは地元の人々が集うイタリア料理店「アルチジャーノ」で。自家製手打ちパスタやピッツァのほか、旬の野菜など地場の食材を取り入れたメニューが充実。うまみ豊かなイノシシ肉や、爽やかな辛みが特徴の葉わさびといった特産品を使った料理も揃い、津和野ならではのおいしい時間が過ごせる。

津和野、町家、ステイ上新丁
津和野、町家、ステイ上新丁

築約90年の町家でプライベートステイ

「津和野町家ステイ上新丁」は、昭和初期に建てられたという町家をリノベした宿泊施設。昔のままの風情を残しつつ、庭園を望むリビングルームや客室はモダンな雰囲気で、ゆったり気分でくつろげる。しかも1棟貸し切りスタイル。2~10名で利用できるので、友達や家族と暮らす気分で過ごせる。

津和野
津和野
津和野

歩いて見つける津和野の文化や暮らし

かつて城下町として栄え、古い町並みが残る津和野。昔ながらの商家も多く、散策がてらお店巡りするのも楽しい。中庭の鯉池を多くの人に観賞してほしいと無料で一般開放する「吉永米穀店」、酒蔵見学できる「古橋酒造」などもあるので、文化や暮らしを感じながら町歩きしてみよう。

PR/島根県観光振興課
PHOTO/AYUMI OOSAKI WRITING/MIE NAKAMURA(JAM SESSION)

  • LINEで送る

TOP