イーハトーブの冬旅へ!ノスタルジックな雪景色と温泉に癒されるのんびり岩手旅

更新日:2020/01/14

雪原の一本桜と小岩井号、小岩井農場の一本桜

盛岡駅から定期観光バスで巡る!冬の絶景が待つ、小岩井農場&網張温泉へ

詩人・童話作家の宮沢賢治の故郷であり、理想郷“イーハトーブ”のモチーフになったとされる東北・岩手県。雄大な山々に囲まれる岩手は、一面が雪景色に変わる冬にしか見ることのできない絶景がいっぱい! そんな冬の岩手を日帰りでたっぷり満喫できるのが、盛岡駅発着の定期観光バス「雪原の一本桜と小岩井号」。まるで絵本の中のような白銀の世界が広がる、冬の岩手に出かけよう。

バスで巡るスポットのひとつ、岩手屈指の観光地「小岩井農場」では、ドラマなどのロケ地としてもおなじみの“小岩井農場の一本桜”がはずせない! 雪化粧した岩手山を背景に、広大な草原の中で雪の花を咲かせる美しい眺めに心洗われるはず。続いて雪深い山間に湧く1300年の名湯「網張温泉」へ。雪見風呂が楽しめる露天や内湯、足湯が点在し、のんびり湯めぐりが楽しめる。寒い地で入る温泉はやっぱり格別! 体の芯までポカポカに温まろう。

伝統工芸品などの手作り体験 or アクティビティから好きなコースをチョイス

小岩井農場と網張温泉を満喫できるこのツアーでは、「盛岡手づくり村」の手づくり工房、または「小岩井農場」のまきば園のいずれか好きなコースが選べる自由度の高さも嬉しいポイント。「盛岡手づくり村」コースでは、職人による伝統工芸品作りや郷土菓子作りなどを間近で見学できるほか、ものづくりの体験教室にも参加できる。竹細工や天然藍染め、みたらしだんごやせんべい作りなど、たくさん用意されたメニューから心惹かれたものにチャレンジを。岩手旅の思い出になること間違いなし。

一方の「小岩井農場」コースでは、場内の人気スポット・まきば園で1月14日(火)~2月24日(月・祝)に開催中の雪のプレイパーク「小岩井ウィンターランド2020」を楽しもう。雪遊びに欠かせないソリすべりやスリル満点のスノートレイン、牛乳からバターを作るバター作り体験など、楽しいコンテンツが盛りだくさん! 童心に返って白銀の世界で冬のアクティビティを楽しんだ後は、名物のジンギスカンセットをはじめとする農場グルメでお腹を満たして。

雪原の一本桜と小岩井号、網張温泉

ホテル代込みのおトクなプランも!最高の岩手旅をかなえよう

幻想的な雪景色に名湯の湯めぐり、さらに工芸品作りor雪遊びも体験できる、冬の岩手旅のための定期観光バス「雪原の一本桜と小岩井号」。ツアー特典として、網張温泉の入浴料割引や小岩井農場まきば園の入場料割引、レストランや売店での割引サービスなどが受けられるのも魅力。

定期観光バスは発車オーライネットで簡単に予約可能! また岩手への行き帰りの新幹線+宿がセットになった、おトクな「JR東日本ダイナミックレールパック」もぜひチェックしてみて。列車の時間はもちろん、宿も好みや予算に合わせて選べるこのパックなら、列車のみの料金より安くなることも。「えきねっと」から予約できるから、賢く利用して満足度の高い冬の岩手旅をかなえよう。

■定期観光バス「雪原の一本桜と小岩井号」
運行日/1月16日(木)~2月2日(日)、8日(土)、9日(日)、11日(火・祝)、15日(土)、16日(日)、22日(土)~24日(月・祝)
料金/大人3000円、子供1500円(税込)
運行/ジェイアールバス東北株式会社

ツアー行程

09:10 盛岡駅発
09:20 ホテルメトロポリタン盛岡ニューウイング発
09:50 ホテル紫苑発
10:20 盛岡手作り村or小岩井農場を散策し、その後小岩井農場の一本桜を見物
13:20 網張温泉で雪見風呂を楽しむ
16:30 ホテル紫苑着
17:00 盛岡駅着

※バスの乗降は盛岡駅のほか、ホテルメトロポリタン盛岡ニューウイング・ホテル紫苑からも可能
※東京駅から盛岡駅までは新幹線で約2時間で到着

  • LINEで送る

PR/発車オーライネット
WRITING/EMIKO OKAZAKI

TOP