2泊3日でたっぷり満喫!グルメ・温泉・絶景を楽しむ、鹿児島いいとこどりの旅

鹿児島県、霧島市、指宿市、南九州市、鹿児島市

東京から飛行機で約1時間50分、九州の最南端に位置し、西郷隆盛ゆかりの地として有名な鹿児島県。全国屈指の温泉王国であると同時に、桜島をはじめとする雄大な自然や、豊かな大地が育む多彩な食材などその魅力は数えきれないほど。今回は、東京女子部の2人が体験した、見どころいっぱいの鹿児島県を巡る2泊3日の旅をモデルコースとともにご紹介します。

更新日:2020/03/26

鹿児島県、霧島市、指宿市、南九州市、鹿児島市
釜蓋神社/南九州市

ぽかぽか陽気に誘われ、旅気分が高まる春。ご当地グルメに感動の絶景、文化体験など、旅のお目当てはいっぱいあるけれど、せっかくなら全部体験したい! そんなわがままをかなえてくれるのが、山と海に囲まれた温泉王国・鹿児島の旅。今回は、鹿児島に上陸するのが初めてという東京女子部のレポーターに、訪れるべき定番スポットをぐるりと巡る、鹿児島縦断旅を体験してもらいました。2泊3日で訪れたのは、南九州で指折りのパワースポット・霧島神宮を有する霧島市、薩摩の小京都・知覧武家屋敷で歴史散策を楽しめる南九州市、ユニークな砂むし温泉が有名な指宿市、桜島とキュートな白熊が楽しめる鹿児島市。モデルコースを参考にしながら、魅力をぎゅっと詰め込んだ鹿児島旅に出かけてみませんか?

鹿児島県/霧島市・南九州市・指宿市・鹿児島市を巡る2泊3日のモデルコース

1日目

08:15 羽田空港出発
10:10 鹿児島空港到着
11:00「嘉例川駅」を見学して、「露乃樹 さこう」でランチ
12:30「きりん商店」でお買い物
13:30「丸尾滝」を見学
14:00「gallery & cafe Mono」でカフェタイム
15:30「霧島神宮」を参拝
16:30「日当山西郷どん村」で足湯&お買い物
18:00「こしかの温泉」でグランピング

2日目

09:30「知覧武家屋敷」を見学
10:45「お茶の春一番」で茶摘み&ほうじ茶作り体験
12:45「唐船峡そうめん流し」でランチ
14:00「釜蓋神社」を参拝
15:00「cafe marley」でカフェタイム
16:30「砂むし会館 砂楽」で砂むし体験
18:30「指宿白水館」にチェックイン&夕食

3日目

10:00「SANDECO COFFEE 数学カフェ」の白熊でおやつタイム
12:00「桜島」を散策
14:00「坂元のくろず 壺畑」でランチ
16:30 「美の匠 ガラス工房 弟子丸」と「Barrel Valley Praha & Gen」でお買い物
18:40 鹿児島空港出発
20:10 羽田空港到着

霧島市の立ち寄りスポット6

明治にタイムスリップ!築100年超のレトロな木造駅舎/嘉例川駅

明治36年に開業したJR肥薩線・嘉例川(かれいがわ)駅。国の登録文化財にも指定されたレトロな木造駅舎は情緒たっぷり。土日祝にはJR九州駅弁グランプリで3連覇したこともある、地元食材が盛り込まれた駅弁・百年の旅物語 かれい川もチェックして。

■東京女子部のおすすめポイント

駅舎はもちろん、ホームに入ってくる電車もレトロでかわいい! かつて駅で実際に使われていた帽子やかばんなども見ることができます。古きよき時代を想起させる、撮影スポットとしても素敵な場所です(@hitomi_pleineluneさん)

おいしくてかわいい“霧島のよかもん”がずらり/きりん商店

古民家をリノベーションした店内で霧島茶の試飲をしながらゆっくり過ごせる居心地抜群のお店。店名は“霧島のお茶とよかもん”の略で、霧島のおいしいものや素敵な雑貨などが勢揃い。デザイナーの店主が手がけたパッケージのかわいさも決め手。

■東京女子部のおすすめポイント

おばあちゃんの家に来たような居心地のいいお店。店内に入ると「茶いっぺどーぞ」とお店の方がお茶を淹れてくださったのが印象的でした。シェイカーで振った抹茶を出してくれたり、おもてなしの心を感じました(@yukcameraさん)

霧島の自然の中に佇む一軒家カフェ/gallery&café Mono

緑あふれる山間に位置する一軒家のギャラリー&カフェ。扉を開くと木のぬくもり溢れるカフェと、店主お気に入りの陶器や木工品などが並ぶギャラリー兼ショップが現れる。窓に広がる色鮮やかな景色を眺めながら、手作りスイーツをいただいて。

■東京女子部のおすすめポイント

モダンな雰囲気の店内は落ち着きがあってゆったりと過ごせる空間。デザートやドリンクを提供する食器はすべて、店内のギャラリーで販売されていて購入できるのが嬉しい(@hitomi_pleineluneさん)

足湯でほっこり。西郷隆盛が愛した温泉郷/日当山西郷どん村

西郷隆盛が訪れた記録が残る日当山温泉郷にオープンした施設。当時滞在した龍宝家をモデルに復元された西郷どんの宿を中心に、日本庭園や足湯も。物産館の日当山無垢食堂では地元の新鮮な野菜を調理した一汁三菜ランチやおやつなどを提供。

■東京女子部のおすすめポイント

庭園を眺めながら足湯に入ることができます。物産館では地元産の野菜や加工品が販売されていて、お土産を選ぶのにぴったり(@yukcameraさん)

荘麗な社にうっとり。南九州を代表するパワースポット/霧島神宮

南九州エリア最大の神宮。鮮やかな朱塗りの社殿が印象的で、桜や紅葉の名所としても有名。国歌・君が代に登場するさざれ石、南九州のスギの先祖ともいわれる樹齢800年の御神木、桜島を望む展望所などが点在する境内をゆっくり散策しよう。

■東京女子部のおすすめポイント

鳥居の奥に見える参道と本殿の風景が神秘的で美しかったです。和服のレンタルもできるそうなので、和装でお参りしているところは写真に映えそうだなと感じました(@hitomi_pleineluneさん)

源泉かけ流し温泉も!全室離れの贅沢グランピング/こしかの温泉

美肌の湯として愛されるこしかの温泉の中にある、源泉かけ流しの露天温泉を備えたグランピング施設。温泉水を利用した床暖房など冷暖房完備の快適なドームテントが用意され、ローストビーフやパエリアが味わえるBBQディナーもお楽しみ。

■東京女子部のおすすめポイント

寝室にあたる広いドーム型のテントの中は夜でも暖かく快適! グランピングと源泉かけ流しの温泉を同時に楽しめるのが嬉しい(@hitomi_pleineluneさん)

南九州市&指宿市の立ち寄りスポット5

美しい庭園が広がる薩摩の小京都/知覧武家屋敷

薩摩の小京都と称される、江戸時代中期に作られた武家屋敷と7つの庭園を保存しているエリア。時代劇の主人公になった気分で散策が楽しめる。池泉式と枯山水式の優美な庭園をゆっくり眺めて。食事処もあり、休憩所では知覧茶のサービスも。

■東京女子部のおすすめポイント

カフェやフレンチなど食事ができるお店もあるため、1日中ゆったり巡るのも楽しそう。事前に予約をすると地元ガイドさんの案内を受けられるのでおすすめです(@yukcameraさん)

名水で味わう県のソウルフード/唐船峡そうめん流し

ドーナツ型の回転式そうめん流しは鹿児島を代表するご当地グルメ。発祥とされているのがこちらの唐船峡で、3店舗が隣接している。平成の名水百選に認定された湧水を使っているのが特徴。左利き用のテーブルや、冬限定の温かいにゅうめんなども用意。

■東京女子部のおすすめポイント

いわゆる流しそうめんではなく、回転式のそうめん流しは初体験でした。みんなでそうめん流し器を囲んで食べるスタイルがおもしろい! 大人数で訪れるとより楽しそうです(@hitomi_pleineluneさん)

鹿児島県、南九州市、cafe marley

薩摩富士を望む海沿いの絶景カフェ/cafe marley

薩摩半島の南端に位置する南薩摩のシンボル・開聞岳(かいもんだけ)を澄んだ海越しに望む、眺望抜群のカフェ。白で統一された店内もおしゃれ。デザートプレートや、手作り食パンのサンドウィッチや季節替わりのランチセットが人気。昼から夕暮れ時にかけて移ろう景色を心に刻んで。

■東京女子部のおすすめポイント

大きな窓から望む開聞岳と海の絶景に感動しました。デザートだけでなく、色が変化する青いハーブティーや自家製レモネードなど、ドリンクもおいしいです(@hitomi_pleineluneさん)

指宿名物の砂むし温泉でデトックス/砂むし会館 砂楽

指宿といえば砂むし温泉が有名。温かい砂で体を包む世界的にもめずらしい入浴法で、ここでは砂の状態や潮位などの条件が揃えば波打ち際で体験できる。天候が悪くても海岸に屋根付きの砂むし場があるので安心。砂むしの後は館内にある温泉に浸かってリラックス。

■東京女子部のおすすめポイント

砂に埋まると、体の内側から徐々に温まっていくのがわかります。波の音と、ほどよい砂の重みと温かさでつい眠くなってしまうほどの心地よさです(@yukcameraさん)

多彩なお風呂が楽しい歴史ある宿/指宿白水館

広大な敷地内に温泉宿と美術品の展示館を有する老舗宿。1000坪の大浴場・元禄風呂には浮世絵が描かれた浮世風呂や、樽風呂などユニークな湯船が揃う。さらに砂むし温泉やライトアップされた庭園を望む展望風呂も。夕食には地元の海山の幸が並ぶ豪華料理を味わって。

■東京女子部のおすすめポイント

温泉と美術品観賞が一度に楽しめるので、母娘のふたり旅にもよさそう! 夕食の会席料理では、黒豚やキビナゴといった鹿児島ならではの品々がいただけます(@hitomi_pleineluneさん)

鹿児島市の立ち寄りスポット2

かわいさ満点の鹿児島スイーツ・白熊にきゅん/SANDECO COFFEE 数学カフェ

鹿児島名物の白熊が最高にかわいいと評判のお店。ふわふわの練乳氷で毛並みを再現した愛らしいビジュアルに一瞬で心奪われるはず。さらにフルーツたっぷりのフルーツ温泉しろくまの湯も。どちらも練乳の王道シロップ、またはチャイ風味の大人シロップをかけてどうぞ。

■東京女子部のおすすめポイント

しろくまのとぼけた表情がとってもかわいい! 練乳氷の甘さは控えめで、チャイシロップが付いてくるので味を変化させることで二度楽しめます(@hitomi_pleineluneさん)

噴煙が立ち昇る壮大さに圧倒!パワーあふれる火山島を探索しよう/桜島

鹿児島港からフェリーで約15分。全長約100mの足湯がある溶岩なぎさ公園や展望所などが点在し、乗り降り自由の周遊バス(1周約60分)があるので観光しやすい。縁結びにご利益がある月読神社では折り紙のようなかわいい鳩みくじで運だめし。

■東京女子部のおすすめポイント

鹿児島の市街地を眺めながらゆったり浸かる足湯が贅沢で、火山と一緒に写真を撮ることができるのもめずらしい! 湯之平展望所から間近に見る噴火口はとても迫力があって感動します(@hitomi_pleineluneさん)

ほかにもある!もう1泊して立ち寄りたい、鹿児島県の旅スポット

出水市

熊本県と隣接する出水市は日本一のツルの渡来地として有名。ほかにも日本一の大鈴や大地蔵、日本一古い禅寺など日本一のものがたくさん。昨年日本遺産に認定された出水麓は、今も約400年前の街並みが残る武家屋敷群。黒毛和牛が引く観光“牛車”で、1㎞を約25分かけてのんびりめぐるのも楽しい。着物を着て散策もできる(要予約)。

画像/長野滝

薩摩川内市

温泉街をはじめ、入来麓武家屋敷や薩摩国分寺跡など歴史あるスポットが点在。景勝地も多く、苔むした岩の割れ目から水が流れ落ちる長野滝は秘境感たっぷり。火口湖・藺牟田池(いむたいけ)県立自然公園では園内に生息している貴重な動植物に出会えることも。ボートやレンタサイクル、森林浴で広大な自然を堪能しよう。

いちき串木野市

薩摩藩英国留学生渡欧の地など文化の香る街・いちき串木野市では絶景スポットめぐりがおすすめ。串木野サンセットパークはその名の通り夕日の名所で、東シナ海に浮かぶ甑島(こしきしま)も一望する爽快な眺めは心が洗われるよう。白浜海岸近くの丘の上にある、くしき野白浜温泉 みすまるの湯の露天風呂から望む夕日も格別。

旅情報がいっぱいの「かごしまの旅」をチェック!

まだまだいっぱいある鹿児島県の魅力を知りたいなら、鹿児島県観光サイト「かごしまの旅」をチェック。雄大な自然に癒される風景写真が満載で、今すぐ鹿児島へ旅立ちたくなるはず。観光スポットからイベントやモデルコース、宿の予約もできるから、旅前はもちろん旅の最中にもお役立ち。まずは旅のきっかけ探しや、計画を立てる際にのぞいてみて。

  • LINEで送る

PR/鹿児島県
PHOTO/@hitomi_pleinelune, @yukcamera東京女子部) 
WRITING/EMIKO OKAZAKI, OZmall編集部

TOP