おいしい日本旅 Vol.3 加賀能登の発酵食文化を巡る編

  1. オズモールTOP >
  2. おいしい日本旅 Vol.3 加賀能登の発酵食文化を巡る編

おいしい日本旅 Vol.3 加賀能登の発酵食文化を巡る編

おいしい日本旅 Vol.3  加賀能登の発酵食文化を巡る編

2265画像

おいしく、美しくなる食文化
発酵食を作り、味わう旅へ

日本は、ストーリーあふれる食材の宝庫。その食材の物語を知ることで感謝が生まれ、もっとおいしく感じられるように。さらに、その土地に縁が生まれ、旅自体もよりいっそう楽しくなる――。『OZの女子旅EXPO』から生まれたツアー「おいしい日本旅」とはそんな新しい旅の形。
石川県は、県内各地に日本酒の蔵元が点在し、醤油の産地もある、「発酵食」が盛んな土地。金沢市内や山中温泉などの観光はもちろん、地元の家庭でも作るという発酵食品を漬ける体験も。さらに、カニ、エビなど冬の加賀ならではの食の魅力もいっぱい! 加賀・能登の食文化を知り尽くす“加賀能登食べる通信編集部”のみなさんをナビゲーターに、加賀の発酵文化・食文化がぎゅっと詰まった旅へ!
(本ツアーは、加賀能登食べる通信のツアーとなります)

ツアーに申し込む

2265画像

加賀能登ならではの発酵文化を体験し
夕方のセリ見学でズワイガニにご対面!

1日目はまず、美川の特産物・食通を喜ばせる珍味「ふぐの子の糠漬け」の加工場を見学。その後、金沢・加賀の各家庭で冬の時期に作られていた、かぶら寿司の漬け込みを体験。これは、「百万石青首かぶら」に贅沢に脂ののったブリをはさみ、麹で漬け込んだ逸品なのだそう。そして夕方には、北陸の冬の代名詞・ズワイガニがずらりと並ぶセリ場を見学。夜は加賀温泉郷の一つ、開湯1300年の山中温泉にて、発酵食を取り入れた夕食を楽しんで。

ツアーに申し込む

2265画像

1300年の歴史を誇る山中温泉と
金沢さんぽを楽しむフリータイム

2日目はフリープラン。加賀温泉郷のひとつ・山中温泉散策もよし、金沢を満喫するもよし。山中温泉の冬の風物詩は、山中温泉出身・道場六三郎さん監修の「かに汁大鍋のふるまい」。カニをはじめ地元の食材を使い、1杯200円でふるまわれており、旅気分も盛り上がりそう。ぜひ味わって。宿のそばの鶴仙渓は紅葉ベストシーズン。また、兼六園の雪吊りなど、冬の装いの金沢さんぽもお楽しみ。(写真提供:KAGA旅・まちネット、石川県観光連盟)

ツアーに申し込む

おいしい日本旅 Vol.3  加賀能登の発酵食文化を巡る編奇跡の発酵食・
ふぐの子の糠漬け加工場を見学

奇跡の発酵食・
ふぐの子の糠漬け加工場を見学

ふぐを塩漬けで1年、糠漬けで1年以上置くことで、無毒化するのだそう。創業180年の老舗「あら与」を訪問し、石川県だけに伝わるこの製造方法を見学できる。

あら与

おいしい日本旅 Vol.3  加賀能登の発酵食文化を巡る編金沢のお正月に欠かせない
かぶら寿司づくり体験

金沢のお正月に欠かせない
かぶら寿司づくり体験

明治8年創業、金沢の老舗漬物店「四十萬谷本舗(しじまやほんぽ)」にて体験。自分の手で漬け込んだかぶら寿しは、5〜10日後が食べ頃。そのまま持ち帰っても良いし、食べ頃に自宅に送ってもらうことも可能(別途要・送料)。

四十萬屋本舗

おいしい日本旅 Vol.3  加賀能登の発酵食文化を巡る編大迫力のズワイガニに出会う
橋立漁港の夕セリを見学!

大迫力のズワイガニに出会う
橋立漁港の夕セリを見学!

加賀市の橋立漁港は、漁場が近く鮮度抜群のカニが水揚げされる。中でも、初冬の北陸、さらに11月〜12月限定なのがズワイガニのメス。地元では香箱ガ二とも呼ばれ、オスよりも人気が高いそう!(画像提供:KAGA旅・まちネット) 
※時化のためセリが中止になる場合があります。

KAGA旅・まちネット

おいしい日本旅 Vol.3  加賀能登の発酵食文化を巡る編北陸最大級のスパ併設
吉祥やまなかへ

北陸最大級のスパ併設
吉祥やまなかへ

鶴仙渓を望む同館。加賀五彩や九谷焼など伝統美が彩る華やかなロビーに迎えられ、選べる色浴衣、姉妹館の湯巡り、選べる朝食では鉄板ブレックファースト・・・と、嬉しいおもてなしが満載!

吉祥やまなか

おいしい日本旅 Vol.3  加賀能登の発酵食文化を巡る編鶴仙渓から総湯をおさんぽ
山中温泉で冬の情緒満喫

鶴仙渓から総湯をおさんぽ
山中温泉で冬の情緒満喫

全長1300mの遊歩道沿いに見える、あやとり橋からの美しい紅葉のほか、木から器を作り出す木地挽き体験もおすすめ。帰りは最寄り駅まで、ホテルの送迎バスの利用が可能。(画像提供:石川県観光連盟)

山中温泉

おいしい日本旅 Vol.3  加賀能登の発酵食文化を巡る編石川へ来たら外せない
金沢さんぽも楽しもう

石川へ来たら外せない
金沢さんぽも楽しもう

金沢の冬の風物詩・雪吊りを施した兼六園や一度は訪れたい21世紀美術館、甘味やカフェを楽しめるひがし茶屋街を散策するのも、女子旅の締めくくりにぴったり。(画像提供:石川県観光連盟)

金沢観光協会

Data

イベント名 おいしい日本旅 Vol.3 加賀能登の発酵食文化を巡る編
開催日時  11月25日(金)〜26日(土) 1泊2日
料金 1名35000円(税込/金沢駅集合、山中温泉解散)
参加条件 20才 〜 の女性のみ
申し込み可能人数 1名より参加可能
タイムスケジュール <11月25日(金)> 
10:00 金沢駅集合後、出発
10:30 あら与(ふぐの子の糠漬け加工場の見学)
12:30  発酵食ランチ@むっつぼし 長坂店
14:00 四十萬谷本舗にてかぶら寿し漬け込み体験
17:10 丸八製茶場にて休憩
18:00 橋立港にて夕セリ見学
19:30 山中温泉・吉祥やまなか着/夕食 
21:00 解散

<11月26日(土)>
チェックアウト後、フリータイム
※山中温泉散策、金沢での観光など、加賀能登食べる通信編集部がおすすめの場所をお知らせします
※加賀温泉駅や小松空港まで宿より送迎バスあり
※今回のツアーは現地発着です。ご希望の場合は、現地発着のJR・飛行機も手配致します。お申し込み時にご相談ください
応募期間 2016年9月7日(水)〜2016年11月8日(火)
募集人数 12名(最小催行6名) ※先着
食事条件 1日目:昼食・夕食  2日目:朝食
添乗員 同行いたしません(加賀能登食べる通信編集部が同行します)
詳細旅行条件 「募集型企画旅行条件書」は次のURLをご確認ください。
http://www.ozmall.co.jp/trip/expo2016/images/kikyaku.pdf
参加希望 このツアーは「加賀能登食べる通信」が企画するツアーとなります。
「ツアーに申し込む」ボタンの先にある申し込みフォームより、参加希望を登録ください。
登録後、本旅行の参加権が付与された方に、株式会社中部日本トラベルよりご契約に関する書類を送付します。内容をご確認いただいた上で、株式会社中部日本トラベルに正式な申し込みをお願いします。
支払方法 事前決済となります。株式会社中部日本トラベルのご案内に従ってお手続きください。

<国内旅行傷害保険について>
お客様に安心してご参加いただくために旅行代金に国内旅行傷害保険をお付けしてございます。
B1000タイプ
死亡1,000万円 入院保険金 日額4,000円 入院による手術(※1)2.4万円
通院保険金 日額2,500円
(※1)〈入院中に受けた手術の場合〉手術保険金の額=入院保険日額×10倍

※別途追加料金で特約(賠償責任保障、救援者費用)や保障内容をアップグレードできます。

一般社団法人 全国旅行業協会 全旅協旅行損害制度
企画 加賀能登食べる通信
旅行実施 株式会社中部日本トラベル 
全国旅行業協会会員 石川県知事登録旅行業 第2-79号
国内旅行業務取扱管理者:林順子
〒922-0816 石川県加賀市大聖寺東町3-3-1
TEL:0761-73-3530 FAX:0761-73-4430
申し込み方法 @ページ上部の「ツアーに申し込む」ボタンからお申し込みください。
  

Aお電話でもお申し込み頂けます。
 株式会社中部日本トラベル TEL:0761-73-3530
注意 ※このツアーは「加賀能登食べる通信」のツアーとなります。
※OZmallでの募集で催行人数に達しない場合は、食べる通信読者への募集も行う場合があります。ご了承ください。
※ 宿泊は相部屋になります。
※ かぶら寿司づくり体験のため、エプロン・タオル・頭巾(バンダナなどでも可)をご持参ください。
※ツアー内容は予定です。当日、変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※当日の模様を撮影し、後日オズモール・オズマガジン、その他各メディアで掲載・放映される可能性があります。

読み物と食べ物がセットになった定期購読誌
「加賀能登食べる通信」とは?

石川県の魅力的な生産者を紹介する情報誌と、その生産者が作ったおいしい食べものをセットで届ける。
「食材が持つ魅力を生産者の視点で皆さんに届けたい。加賀能登の豊かな自然とそれに寄り添ってきた食文化を全国に発信したい」との思いで編集されている。奇数月発行、情報誌+食べ物込みで2980円。

加賀能登食べる通信

みんなの体験コメントみんなの体験コメントアイコン

げじ 2017/01/14 12:16:08
北海道の食を学ぶツアー、ぜひ参加してみたいです!
れっちゃん 2016/11/10 21:05:50
海の幸が美味しそう!カニ大好きカニ大好き!!
ママ 2016/11/02 05:28:40
11月6日加能がに ついに解禁!北陸新幹線開通で行きやすくなった金沢。混雑は緩和されましたが、この時期の市場、市場のお寿司屋さんは行列ができます。真冬は寒いので11月か3月に行くことが多いです。ただ、3月だとかにの量が少ないので、やはり11月がオススメ!雪の兼六園を見たいなら12月以降に!
とまと 2016/10/20 00:41:13
去年の11月、蟹が食べたくて金沢に旅行にいきました。蟹はもちろん、かぶら寿司が美味しくてビックリ!お土産に買ったり、お取り寄せしてお正月にも食べました。 手作りできるなんて、ぜひ体験してみたいです。
ミッシー 2016/10/22 22:29:05
主人の実家が石川県なので、ツアーで行く事もないんですが。企画で女子が沢山行って、北陸石川県を盛り上げてくれると嬉しいです。美川のフグ屋さんの鮭フレークがお土産にお勧めです。
sari 2016/10/14 07:09:39
石川県は、金沢のみ何度か行っています。金沢だけでも見所がたくさんあるので、他も行ったら2,3泊じゃ足りないですね! 吉祥やまなか素敵ですね、行ってみたいなぁ 。
mimi 2016/10/16 09:31:05
いつか行ってみたい金沢で、興味のある発酵食品!でも日程が合わない... また次の機会があるといいなぁ。観光いがいにも何か目的があった方が行きやすいですよね。
miho 2016/10/16 17:32:09
金沢駅で集合解散だと旅行の日程を延ばしたりもできていいですね! ひとりで参加したら部屋とかはどうなっちゃうのでしょうか? その辺りが気になっています!
しゃん 2016/10/17 10:05:43
11月に、ちょうど能登のツアーを予約しました!旅行先では、毎回何かしら体験できるところに立ち寄っているので、今回も下調べして寄りたいと思います。
キナコ 2016/10/13 17:08:13
金沢!関西からJRのぐるりんパスを使って行きました。体験とか割引とか、色々ついててお得でした!また行きたいな。次行く時は発酵食品試したいです。
soeux 2016/10/13 12:46:12
発酵食品を意識的にとるようになってから、トイレの悩みは減りました。なかなか現地まで行ってとなると厳しいから都内で教室していただけたらなぁ
むっつん 2016/10/14 18:04:11
この記事でちらっと見た程度ですが、石川県の食べ物って色がパステル調でふんわりしてるんですね!お上品な雰囲気が伝わってきます♡
kazu3 2016/10/16 03:42:43
北陸新幹線、いつも混んでいますね。風情があって美味しいものがたくさんある金沢は、老若男女、四季を問わず、人気の旅行先なんでしょうね。
maimai 2016/10/13 21:14:09
楽しそうなツアーですね! 金沢は、21世紀美術館や近江町市場など楽しかったのでまた行きたい! 憧れの加賀屋にも泊まってみたいな〜
すーめめ 2016/10/13 15:50:54
銀座一丁目にある石川県のアンテナショップに行ったら、ふぐの肝の塩漬けが売っていました!塩漬けにすれば食べられると知ってビックリです!
yon 2016/11/04 13:40:20
近々金沢に行きます!カニ食べたい!北陸新幹線でも電車によっては30分位、違ったりするのでよく電車見た方がいいな、とおもいます。
meg 2016/10/23 10:23:07
金沢に行ったことがなくて興味があるのですが、このツアーはお値段が凄いですね…交通費も別に掛かるから、金沢旅行ってお高いのかな。
ちょきーと 2016/10/13 19:17:34
素敵な企画だと思いますが、金沢までの旅費も別途考えるとなかなか参加できません。お手軽な旅の提案もしていただけると、助かります。
ちょこ 2016/10/28 22:39:23
関東からも交通が便利になったので、週末でも気軽に行けます。これからの季節、金沢はかなり寒いですが、雪景色の兼六園も素敵です。
mime♪ 2016/10/31 22:06:25
山中温泉、以前行きました。品のよい温泉宿が多くて、すてきな街でしたよ。金沢も風情があっていいですし、すてきなプランですね!

このページにコメントする

>>体験コメントとは

ページTOP

TOP