北海道・函館フォトジェニックトリップ かわいいに満たされる旅



女子旅

癒しの宿にご当地グルメ、ときめきの女子旅


  • バックナンバー
  • おいしいグルメイイトコドリ
  • ほめられ土産イイトコドリ
  • OZの女子旅TV
日本のイイトコドリップ

北海道・函館 フォトジェニックトリップ ~“かわいい”に満たされる旅~

北海道・函館 フォトジェニックトリップ
北海道・函館 フォトジェニックトリップ
北海道・函館 フォトジェニックトリップ
前の写真
次の写真

北海道・函館 フォトジェニックトリップ ~〝かわいい〞に満たされる旅~

函館といえば、北海道を代表する観光地のひとつ。
そんな函館には、異国情緒漂うレトロモダンな風景からグルメまで、
乙女心をくすぐる〝かわいい〞がいっぱい。写真を撮らずにはいられなくなるほど。
函館山のふもとに広がる元町地区には、歴史ある教会群や洋館が立ち並んでいたり、
それぞれ見える風景や趣が違う19もの坂があったり。
函館の旅には欠かせない朝市へ出かければ、獲れたてのおいしい海の幸にも出会える。
歩けば歩くほどワクワクが募っていくフォトジェニックな街・函館をめぐって、
〝かわいい〞をとことん満喫する旅を。

東京女子のココロが動く、まだまだ知らない日本各地の“イイトコロ”をOZの女子旅プロデューサーが抽出。そこでの楽しみ方、東京女子が“めざして行くべき”モノコトスポットの新定番をご提案。
めざして行くべき【食】おいしいモノ 【体】体験モノ【買】褒められ土産・ご褒美【癒】癒されスポット 【見】見るモノ&女子的フォトスポット【泊】こだわり宿
OZの女子旅TV

Let’s イイトコドリップ

函館らしさを満喫するなら、まずは函館山のふもとに広がる元町地区へ。教会群や洋館が集まり、文化財指定の建物を改装したレストランやカフェも。眺めているだけでなく、そこで過ごせる楽しさも堪能しよう。

  • 【見】異国情緒あふれる歴史ある教会へ
  • 【食】国の重要文化財で優雅に過ごす旅時間
  • 【食】かわいくて心地いいカラフルなリノベ空間

異国情緒あふれる歴史ある教会へ

美しくてレトロな建築物にときめく

写真左
写真上
【泊】

函館ハリストス正教会はこだてハリストスせいきょうかい

1860年に創立された日本初のロシア正教会聖堂。今年10月に築100周年を迎える2代目の聖堂は、国の重要文化財に指定される歴史的建造物。拝観できるから、ろうそくが灯された堂内では、この地ではぐくまれた歴史や文化を心静かに感じ取って。週末を中心に元町地区に響き渡る鐘の音も美しい。

TEL0138-23-7387 北海道函館市元町3-13 拝観時間/10:00~17:00 土~16:00 日13:00~16:00 不定休、冬季(12/26~3月中旬) 拝観献金/200円 アクセス/函館市電2・5系統「十字街」電停より徒歩15分
(写真)白壁と緑色の屋根が美しい「函館ハリスリス正教会」。聖堂の拝観はもちろん、境内を歩いて“かわいい”風景を見つけて

国の重要文化財で優雅に過ごす旅時間

地域の“おいしい”が詰まったランチを

写真左
写真上
【食】

TACHIKAWA CAFÉ RESTAURANT MAISONタチカワ カフェ レストラン メゾン

国の重要文化財でもある「太刀川家住宅店舗」を、“みんなの重要文化財”にしたいとの思いから、6代目夫人がカフェに改装。重厚感がありながら落ち着きに満ちた空間では、ベテランのシェフが腕を振るうフレンチを。地元産の食材にこだわり、シェフみずからが狩猟したジビエ料理が登場することも。

TEL0138-22-0340 北海道函館市弁天町15-15 営業時間/10:00~18:00 月定休 アクセス/函館市電5系統「大町」電停より徒歩3分
(写真左)1901(明治34)年築の蔵造りの建物を利用している (写真右)鹿の網焼きステーキ1700円はボリューム満点の前菜付き。提供は15:00頃まで

かわいくて心地いいカラフルなリノベ空間

キュートなスイーツに胸が高鳴る瞬間!

写真左
【食】

ROMANTiCO ROMANTiCAロマンティコ ロマンティカ

地元では“ロマロマ”の愛称で親しまれているカフェ。店主夫妻が大好きというフランスなどを旅して出会った“おいしいもの”のエッセンスを取り入れて、かわいくてオリジナリティ豊かなスイーツやフードを生み出している。大正時代の建物をリノベーションしたカラフルな空間も個性的。

TEL0138-23-6266 北海道函館市弁天町15-12 営業時間/11:00~23:00(22:30LO) 火定休(祝の場合営業) アクセス/函館市電5系統「大町」電停より徒歩3分
(写真)函館市の指定建築物でもある建物の1階。おすすめは、イギリス伝統のレモンクリーム・レモンカード、バニラアイス、パイ生地、ヌガーグラッセなどが織りなす味わいが絶妙なレモンパフェ750円
  • SceneNaviStart.png
  • SceneNaviIcon01.jpg
  • SceneNaviIcon02.jpg
  • SceneNaviIcon03.jpg
  • SceneNaviIcon04.jpg
  • SceneNaviIcon05.jpg
  • SceneNaviIcon06.jpg
  • SceneNaviIcon07.jpg
  • SceneNaviIcon08.jpg
  • SceneNaviIcon09.jpg
  • SceneNaviIconTV.png

わざわざ行きたくなる フォトジェニックなお店

函館には元町地区以外にも写真に撮りたくなるお店がいろいろ。レトロな建物や個性派スイーツ、獲れたて海の幸グルメと、思わず心が躍るあれこれを撮りまくり。フォトジェニックな旅はまだまだ続く

北海道・函館 スポットイイトコドリ

港町のロマンが薫る赤レンガ倉庫群

国際貿易港として歴史を重ねた函館を象徴するスポット。1909(明治40)年に建てられた赤レンガの倉庫群は当時の面影を残しながらも、「金森洋物館」「BAYはこだて」といったショッピング施設、飲食店、ホールとして活用。お店めぐりしながら、クラシカルかつエキゾティックな街並みを楽しみたい。

金森赤レンガ倉庫かねもりあかレンガそうこ
TEL0138-27-5530(金森商船) 北海道函館市末広町14-12ほか 営業時間/施設・店舗により異なる 無休※建物メンテナンスの臨時休業あり アクセス/函館市電2・5系統「十字街」電停より徒歩2分

(写真上)函館の西部地区、ベイエリアにある「金森赤レンガ倉庫」。7つの棟からなり、夜のライトアップも美しい (写真下)“西欧の豊かな生活文化”をテーマに多彩な店舗が集まる「金森洋物館」

写真

絵になるレトロかわいい電車

函館市街地をガタンゴトンと走り、乗っているだけでノスタルジックな雰囲気に包まれる路面電車・函館市電。そんな気分を盛り上げるなら、期間限定で運行の「箱館ハイカラ號」に乗車を。100年以上も昔の車両を復活させた客車で、外観だけでなく、車内も車掌さんたちの制服もレトロ感いっぱい。

箱館ハイカラ號はこだてハイカラごう
TEL0138-52-1273(函館市企業局交通部 事業課) 運行期間/4月中旬~10/31 運行時間/8:45~16:52 ※詳細は函館市HPを参照 火・水、雨天・交通規制時などは運休 料金/乗車区間により異なる(210~250円)

(写真上)オープンデッキの運転席が昔ながらの「箱館ハイカラ號」は1日2回運行。通常の料金で乗車できるので、気軽に利用を (写真下)100年以上の歴史を持つ函館市電は「箱館ハイカラ號」のほかにも、レトロな車両が健在

写真

世界を魅了する夜景は必見

標高334m、函館山の山頂展望台から見下ろす市街地の風景は圧巻の美しさ。特に夜景の見事さは世界一ともいわれていて、『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』には三ツ星で掲載されているほど。ふもとから山頂まではロープウェイが運行。絶景を求めて、足を運んでみよう。

函館山はこだてやま
TEL0138-23-3105 北海道函館市元町19-7 運行時間/始発10:00 上り最終21:50 下り最終22:00 10/16~4/24は上り最終20:50 下り最終21:00※天候により変更の場合あり 無休※天候により変更の場合あり 料金/往復1280円 アクセス/函館市電2・5系統「十字街」電停より徒歩10分

(写真)世界的評価を獲得している函館山の夜景。左右を海に挟まれて、くびれて見える地形が美しい景観なるゆえん

写真

北海道・函館みやげ イイトコドリ

写真

(写真1)函館熊みくじ432円など好みの商品を函缶(大)194円に詰め、自分らしいおみやげ缶が作れる/函と館(TEL0138-57-8884) (写真2)鞄作家・永嶺康紀さんのアニマル柄がかわいい二つ折り財布27000円、ミニバケツ19440円※参考商品。同型・同柄・別革でのオーダーは可能/OZIO(TEL0138-23-1773)

北海道・函館ステイ イイトコドリ

写真

“静かな港町で暮らすように過ごす”がコンセプトの全室コンドミニアムタイプのホテル。スタンダードツインでも41m2と広々した造り。ペットと泊まれる客室もあり、思い思いにステイきる。函館駅からアクセスしやすいのも魅力。

HAKODATE男爵倶楽部HOTEL&RESORTSだんしゃくくらぶ
TEL0138-21-1111 北海道函館市大手町22-10 料金/スタンダードツイン2名1室1人11600円~(素泊まり)  アクセス/JR函館駅より徒歩3分
写真

ベイエリアから歩いて1分ほど、函館の街並みを一望できる眺めのいいホテル。最上階の天然温泉露天風呂からもその眺望が楽しめる。客室は大正ロマンをイメージ。函館ならではのクラシカルなひとときを過ごしてみたい。

Hotel & Spa Resort LA VISTA函館ベイラビスタはこだてベイ
TEL0138-23-6111 北海道函館市豊川町12-6 料金/スタンダードツイン2名1室朝食付1人16500円~ アクセス/函館市電2・5系統「魚市場通」電停より徒歩5分、JR函館駅より徒歩15分

OZの女子旅プロデューサーが見つけた褒められ“イイね”

「2016/9/10(土)、11(日)に開催する「はこだてグルメサーカス2016」にも注目。今年で5回目、昨年は18万人以上が来場した人気のイベントで、函館をはじめとする道南エリア、東北6県の“食”が大集合。函館にゆかりのある全国のお店も参加するから、おいしいもの尽くしの時間を」(女子旅プロデューサー/アヤヤ)

「元町地区の絶景スポット、坂の上から海が望める八幡坂の近く。石畳を歩いていたら、まるで“ハート”に見える石を発見! 思わぬ“かわいい”出会いにときめいて、なんだかいいことがありそうな予感。フォトジェニックな旅がますます楽しくなる、ハートの石をぜひ見つけて」(女子旅プロデューサー/チカ)

北海道・函館 フォトジェニックトリップMAP

OZの女子旅プロデューサーが、東京女子に向けて抽出した新定番の女子旅“イイトコドリップ”。
北海道・函館のイイトコロをイイトコドリする女子旅に、出かけてみよう。

Hokkaido・Hakodate TRIP

北海道南部に位置する函館は3方を海に囲まれ、古くから海運業で栄えた街。1859年に貿易港として開港して以来、海外の文化を取り入れながら発展。今でも異国情緒あふれる街並みが残る。年間500万人近くが訪れる国際観光都市で、見どころ、遊びどころが充実。全国3万人が選ぶ「日本で最も魅力的な都市」の1位に輝き、誰と旅しても楽しいオールマイティな魅力にあふれる。2016年春には北海道新幹線が開通。本州と北海道をつなぐ玄関口として、さらに盛り上がりそう

Access

羽田空港から函館空港まで、飛行機で約1時間20分。空港から函館市内の中心部まではシャトルバスで約20分と近く、スムーズにアクセスできる。現地での交通は、範囲によっては徒歩でも十分めぐれるが、6分毎に運行する路面電車「函館市電」が便利。1日何回でも乗り降りできる市電1日乗車券600円もあるので、3回以上乗車する場合はぜひ利用して

スマホを持って旅に出よう

ここに行きたい、これ食べたい!
旅のきっかけはPCで、旅に出るときはスマホを持って。
女子旅のお約束、スマホを持って旅に出よう。
友達への共有やお誘いも、イイトコドリップ スマートフォンページで。

フォトジェニックな「函館」を見に行こう!

気温が下がり、空気が澄んでくる秋から冬にかけては、夜景やイルミネーションがよりいっそう美しく見える季節。
ロマンティックな建物も多い函館では、各所で光あふれるイルミネーションが開催され、冬の函館を美しく彩ります!

はこだてクリスマスファンタジー
「金森赤レンガ倉庫」も美しく変身。海上には姉妹都市、カナダ・ハリファックス市から送られたもみの木を使った巨大ツリーも登場。約15万個のライトが美しく輝きます
期間:12/1~25 会場:金森赤レンガ倉庫群前海上
はこだて
イルミネーション
市内各所でもライトアップを実施。二十間坂や開港通りなど、街路樹も美しい光に包まれます。カメラ片手の函館の町をお散歩してみよう!
期間:12/1~2月末 会場:八幡坂、二十間坂、開港通り
五稜星の夢
ほしのゆめ
星の形をした五稜郭公園のお堀もライトアップ。五稜郭タワー展望室から見下ろすと、雪景色の中に五稜星の形が浮かび上がるように輝く様が一望できます
期間:12/1~2月末 会場:五稜郭公園
函館駅前広場
イルミネーション
旅の拠点となるJR函館駅。冬の時期は、駅前広場もイルミネーションに包まれ、いつもとは違う姿で旅人を出迎えてくれます
期間:12/1~2月末 会場:JR函館駅前広場

詳しくは、函館市公式観光情報サイト「はこぶら」へ

函館みやげを詰め込んだ「函缶」を1名様へプレゼント

函館空港にあるショップ「函と館」の人気商品「函缶」。あき缶に好みの商品を詰め合わせできるこの函缶に、編集部セレクトの函館みやげを入れて1名様にプレゼント

プレゼントに応募する
撮影/佐野学 スタイリング/武者こずえ ヘアメイク/中島由起子 モデル/吉田友理、岩根沙恵子 取材・文/ジャムセッション(中村美枝)

<函館ハリストス正教会ほか>赤カーディガン17280円、シャツ17280円/以上、ラコステ(ラコステお客様センターTEL0120-37-0202)、スカート51840円/matohu(まとふ表参道本店TEL03-6805-1597)、バッグ23760円/シアタープロダクツ表参道本店(TEL03-6438-1757)、シューズ24840円/ジースター ロゥ(ジースター インターナショナルTEL03-5765-3301)、レースガウン48600円、バッグ9180円/以上、ビリティス・ディセッタン(ビリティスTEL03-3403-0320)ワンピース31320円/クリーン(スリーハートクリエーションズTEL03-6450-6143)、シューズ9180円/バタフライ・ツイスト(カメイ・プロアクトTEL03-6450-1515)

<BEURREほか>チェックワンピース30780円/シックス ヴォーマ(ヴィータ ショールームTEL03-6434-1421)、バッグ23760円/シアタープロダクツ表参道本店(TEL03-6438-1757)、シューズ24840円/ジースター ロゥ(ジースター インターナショナルTEL03-5765-3301)、レースワンピース45360円、バッグ9180円/以上、ビリティス・ディセッタン(ビリティスTEL03-3403-0320)、シューズ9180円/バタフライ・ツイスト(カメイ・プロアクトTEL03-6450-1515)

みんなの体験コメントみんなの体験コメントアイコン

きみ 2017/10/12 19:39:01
函館、食べ物が美味しいイメージですけど、場所もオシャレなんですね!
2017/10/09 21:35:00
函館は海もあり、観光名所もあり、夜景も綺麗なのでホント楽しいです。
ゆり 2016/08/10 01:24:35
最近の記事でフォトジェニックって言葉を多用してるけど、写真を撮ることに心を奪われて自分の目でなにも見ないようで空っぽな印象があります。
たーたま 2017/01/28 06:40:53
旦那と付き合ってた頃はじめていった旅行が函館でした。イカ釣したり夜景見に行ったり、足を伸ばして立待岬にいったり。見渡す限り360度海だったのに感動しました。何処かの洋館で衣装が借りられてメイクやヘアセットもしてくれて洋館内で何分間撮影自由というのがありました。旦那と二人で撮って家族に勝手に結婚式を挙げてきたと思われた記憶が有ります。思いでの土地、いつか、必ず再訪します
こたつ 2016/11/17 23:08:14
地元ですが、帰省するたびにのんびりできる街です。GWに桜が満開になったときのピンクに染まる五稜郭公園、雪をかぶってオレンジ色の街頭に照らされる赤レンガ倉庫、元町の坂から見える海や洋館、、、お散歩しながら素敵な景色にたくさん出会えます。最近おしゃれなカフェも増えたので、休憩がてら立ち寄れて気分が上がります。
ゆか 2016/11/23 00:35:04
北海道函館に行ったのは10年以上前。その時もすごく素敵で、美味しいものがたくさんだったな。夜景は曇っていてくっきり見えなかったけど、それでも霧がかかって幻想的でした。当時はデジカメもまだなく、写ルンです的なカメラで撮影していたから次回は撮ったらすぐにSNSにアップしたい!
Usagi33 2016/11/07 15:32:58
函館!大好きです!レトロな建物もステキだし、写真を撮っても異国情緒たっぷりで嬉しくなっちゃいます。函館山からの夜景もロマンチックで、食べ物もハンバーガーから海鮮と美味しいものがたくさん!女子旅でもカップルでもファミリーでも楽しめるオススメな所です!
marimo 2016/11/01 18:34:59
フォトジェニックっ言葉、良く耳にしますね。 写真をキレイに撮るのもいいけど、旅は五感で感じるのが一番だと思います。また、その場での人との出会いも旅の醍醐味。 写真はあくまでも旅の記録くらいの感覚でいた方がいいかなと思っています。
miaou 2016/11/02 00:37:26
フォトジェニックという言葉、定着しましたねー。インスタの影響かな。昔より手軽に写真撮って皆に見てもらえるようになりましたしね。大昔の人が、景色を見て歌を詠んだように、写真も気持ちを書き留める方法のひとつになったのかもしれませんね。
yon 2016/11/01 13:20:38
函館はコンパクトなのでとても回りやすいです。ラビスタの近くの回転寿司やさんが、チョコっとおやつに食べましたが(笑)おいしかったです。美味しいものがたくさんあっていいですね。景色もとても素敵です。心に焼き付いているものばかりです。
みー 2016/08/10 15:19:29
函館大好きです!洋館も素敵だし、海鮮もおいしい、温泉もあり、夜景も見られる! 一泊二日でも行けちゃう大満足の観光地です。温泉は、湯の川だと街まで遠いので、温泉付きのホテルでラビスタをおすすめします。朝食もイクラ丼食べ放題で最高!
りんりん 2016/11/22 23:15:09
函館は観光するところが沢山あって誰と行くかで楽しみ方も違う楽しい街だと思います。でも誰と行っても外せないのはラッキーピエロです。有名なハンバーガー屋さんですが、建物も楽しくて、メニューもユニークで美味しくて、オススメです。
ゆきびっち 2016/11/01 23:00:48
函館は3月にいったことがあります。雪をかぶった五稜郭。日本三代夜景の函館山。赤れんが倉庫と港町。どれも素敵でした。先日は小樽にも行き、函館とは違った景色や思い出でいっぱいです。日本は本当に四季折々楽しめていい国ですね。
しろこ 2017/01/09 09:54:53
函館、GWに行きました! 凄く綺麗な街並みで感動! 観光客が道の真ん中で写真を必死に撮っていて、車の邪魔になっていました。 写真撮るの好きだけど、他人の邪魔になってまでは撮りたくないし、撮らないでほしいです。
whiteduck 2016/11/01 23:58:57
この前、まさに函館に行ってきました! イギリス領事館の中でアフタヌーンティができます。函館の街は修学旅行生でいっぱいですが、領事館の中のカフェには大のお客さんばかりなのでゆっくりお茶が楽しめます。
みどり 2017/01/12 01:01:35
函館は、主人と付き合って初めて行った旅行先です。どこを見ても景色が良いので、普段観光をしない私も色々と歩いて見て回りました。グルメもたくさんで、食べ回りきれないくらい。また記念日に行きたいです。
れこりん 2016/12/07 14:00:22
北海道って自然もいいけど、北欧みたいな北の地方特有の空気感がありますよね。函館も海産物に夜景に温泉に、という他、町並みもきれいです。新幹線も通ったので本州から車窓を楽しみながら行きたいです。
ひより 2016/11/01 12:29:20
ラビスタはOpenした時に行きましたが、まさかこんなに朝ご飯で人気になるとは! 宿にいながら、函館名物を堪能できるのもとても良いですよー。ご高齢の方が家族にいるならなおさらいいかもですね。
ハルキ 2017/02/01 18:49:19
函館、キレイな街ですよね。街並みもお店も、お食事やお土産も、女性目線を取り入れてくれているのを感じました。 札幌から特急(急行?)をつかって近かった記憶もあります。また行きたいです。
peko1214 2016/11/06 10:18:31
函館の夜景を見に12月に行った事があります。雪で吹雪いてて大変でした(笑)! お天気が良ければ、秋冬は空気が澄んでて夜景がより綺麗かと。 美味しいものも市場で食べられるしオススメ。

このページにコメントする

>>体験コメントとは


シェアする twitter|facebook|mixi

TOP