NIIGATA しあわせごはん Vol.4 ~新潟県上越市~

料理

料亭「宇喜世」の春の会席料理の一例。鯛やハマグリなど旬の食材を使った料理のほか、伝統の煎り鶏なども。会席は昼5400円~、夜は7128円~(※部屋代別途)

更新日:2017/03/23

歴史ロマンに想いをはせる雅な御膳に舌鼓

有形文化財の料亭で
繊細な料理にときめく

昔ながらの町家が立ち並ぶ界隈で、荘厳な門構えが目を引く料亭「宇喜世」。「江戸時代、このあたりには直江津の城下町から移転した魚市場がありました。魚を扱う仕出し屋や料理屋が増え、明治には芸者が行き交う花街としてにぎわっていたんです」と、料理人の池嶋豪さん。春は山菜や鯛、秋はキノコなど旬の食材を使った懐石料理でもてなす。気軽に味わってほしいとの思いから、昼は1000円台の御膳も(桜の時期は要確認)。四季を感じる庭を眺めながら、粋な料亭文化を体感したい。

料理
(左)宇喜世の料理長・池嶋豪さん。「桜の時期にはお花見御前もご用意しています」(右)江戸末期に魚の卸業から始まった長い歴史を持つ料亭。趣ある空間で、料理文化をしのばせる懐石料理を味わえば、華やかなりし時代へタイムスリップ

時代ごとに息づく、趣深い風情を感じて

(上)高田公園の桜約4000本が、4/1~17にライトアップ  (下左)雪国の古い町並みが残る雁木通り (下中)戦国時代、上杉謙信公が青年期を過ごした林泉寺 (下右)高田世界館は国の有形文化財

春日山城が築かれた戦国時代、城下町が形成された江戸時代、花街として栄えた明治時代など、時代ごとの歴史ロマンの香りあふれる上越市。高田の古い長屋の周辺には町屋が残り、歴史情緒を肌で感じられる。なかでも「 高田世界館 」は、明治44(1911)年創業の日本最古級の映画館。明治期の洋館の佇まいや古い映写室も残り、時空を超えたレトロモダンな雰囲気に浸れることができる。春には、歴史的名所として外せない高田城の公園で「日本三大夜桜」を楽しみたい。(参照: 高田城百万人観桜会

歴史と文化に浸る! 上越&新潟トピックス

米どころならではの新名物!

開業90年以上のベーカリー。コッペパンにクリームを挟んだ「サンドパン」など、昔ながらの味が愛され続ける一方、2015年誕生の「笹団子パン」194円も話題。米粉入りのパンに、なんと笹団子が丸ごと1個入った逸品で、優れた特産品を指定する「メイド・イン上越」にも認証されている。レトロで愛らしいホームページには、サンドパンの珍しい食べ方や、電話注文の方法も掲載。

国産ワインのルーツにふれる

「日本ワインぶどうの父」と呼ばれている川上善兵衛氏が、明治23(1890)年に創業したワイナリー。当時としては先駆的だった低温醸造を行った第二号石蔵と、国の重要文化財の第一号石蔵を自由に見学することができる。ショップでは芳醇なワインの試飲や購入、ワイナリーレストラン(4~11月営業)での食事も可能。ホームページからの注文もできる。

多彩なグルメにイベント情報
モデルコースも掲載

城下町高田の桜を満喫する「春爛漫コース」、上杉謙信公ゆかりの名所・旧跡をめぐる「ゆかりの地めぐり」、上越のワインや日本酒の里をめぐる「SAKEめぐり」等、好きなことや興味に合わせたモデルコースのほか、エリア・ジャンルごとに探せるグルメ、イベント情報など満載。上越旅の参考にしてみて。

「しあわせごはん」のおすそわけ

「しあわせごはん」のおすそわけ
桜くちどけサブレを5名様に

小竹製菓の「桜くちどけサブレ」は、最中の皮とサブレを合わせ、桜の花の塩漬けをトッピングしたもの。オリジナル6枚入りを5名様にプレゼント。

メイド・イン上越とは? 
上越市の名産として、オリジナリティ、信頼性、市場性の観点から、全国に発信するにふさわしいと認められる商品。お菓子やお酒、漬物等の食品66種のほか、工芸品も8商品選ばれている。

N'ESPACE

表参道から新潟を発信
新潟のことならN'ESPACE(ネスパス)へ

表参道ヒルズ隣の、新潟の新鮮情報を発信するアンテナショップ。新潟の米、米菓、地酒、おつまみ等の販売コーナーはじめ、新潟の美味しい食を味わえるイベントも随時開催中。観光情報やU・Iターン就職情報も提供しているので、ぜひ足を運んでみて。

TEL.03-5771-7711
東京都渋谷区神宮前4-11-7(表参道ヒルズとなり)
営業時間10:30~18:30 ※店舗により異なる

NIIGATAしあわせごはん Vol.1

NIIGATAしあわせごはん Vol.1
一期一会な食との出会い「長岡野菜」

信濃川が運ぶ栄養分たっぷりの土壌があり、野菜本来の味とさまざまな食感を楽しめるのが魅力の長岡野菜。農家から料理人へ思いをつなぐ味わいを、現地に出かけて味わおう。

NIIGATAしあわせごはん Vol.2

NIIGATAしあわせごはん Vol.2
緑豊かな高原リゾートで自然の恵みを

豊かな自然の贈り物、米粉グルメとワイン胎内川の畔に立つ、瀟洒なホテル。レストランやカフェでは、胎内産にこだわった料理を味わえる。新潟県胎内市の豊かな食材とワインを楽しんで。

NIIGATAしあわせごはん Vol.3

NIIGATAしあわせごはん Vol.3
城下町で花開いた鮭文化にふれる

かつて村上藩の城下町として栄えた村上は、日本海に面する新潟県最北の町。平安時代から受け継がれる独特の鮭料理、伝統的な町屋が残る美しい街並みなど、奥深い食文化と情緒に出会える

PR/ 新潟県 
PHOTO/NORIKO YONEYAMA   TEXT/YOKO TAYAMA

TOP