イイトコドリップ Vol.38  群馬県・高崎 パン&パスタトリップ

高崎ってこんなところ

更新日:2017/05/16

【イイトコドリップ Vol.38】 高崎ってこんなところ

粉もの食文化が根付く、パンとパスタの街

粉もの食文化が根付く、パンとパスタの街

おいしいを求めて、いつもよりちょっと遠出。都心から気軽に行ける高崎で日帰りグルメ旅はいかが?
高崎というと真っ先に「だるま」が思い浮かぶけれど、実は小麦の栽培が盛んで、古くから粉もの食文化が根付く町。
特にパンとパスタの店が多く、地元の人それぞれにお気に入りがあるほど。
町のローカルフードといえるパンとパスタで満腹になる休日を。

パンとパスタを食べに行こう【パン編】

家族への思いから生まれた体にやさしいパン

店主・松林里津さんが自宅の一角で週に2日だけ開く小さなパン屋さん。
「家族が安心して食べられるものを」との思いから焼き始めた自家製酵母パンは、国産小麦やオーガニックのドライフルーツなど素材を厳選。植物性の食材のみで作るメロンパン、もちもち食感のクロワッサンなど、かむほどに味わいを増すパンに心が和まされる。

家族への思いから生まれた体にやさしいパン
閑静な住宅街にある対面式のパン屋さん。開店前から行列ができることも/バター控えめのクロワッサン180円、卵や乳製品不使用のメロンパン180円など1日に7~8種のパンが登場/まな板の小さな看板が目印
素材にも製法にもこだわる、丁寧さが光る味わい
1日に約30種類のパンが並び、季節ものや新作もいろいろ/くるみ&クランベリー250円、天津甘栗250円などハード系パンも多彩な品揃え/欧米で長年暮らした吉澤泰宏さんが妻・愛さんと開いた店。高崎は泰宏さんのお母さんの故郷なのだそう

素材にも製法にもこだわる、丁寧さが光る味わい

北海道産小麦、榛名山の湧き水など、添加物を一切使わずに作るパンは、素材やパンのタイプに合わせて、マスカット、麹、ヨーグルトなどで培養した自家製酵母を使い分け。ハード系、惣菜系、おやつ系と、シンプルながらも素材の味がちゃんとするパンが豊富に揃い、食パンだけでも1日5~6種類。選ぶ楽しさにもワクワクして。

群馬県・高崎市 パン&パスタトリップ 小麦の町の物語を訪ねる旅

人々が集う。祈りと小麦の出会いの場

人々が集う。祈りと小麦の出会いの場

「特別な日だけでなく普段から人々が集える場に」と、創建840余年の神社が2015年から10年計画のリニューアルプロジェクトをスタート。意外なほどしっくりくる神社とパンの組み合わせを楽しみに。

地元のソウルフード・高崎パスタ

地元のソウルフード・高崎パスタ

年に一度のコンテスト形式イベント「キングオブパスタ」があるなど地元の食文化に欠かせないパスタ。個性派揃いで食べ比べしたくなる

まだある!群馬県高崎のあれこれ

まだある!群馬県高崎のあれこれ

高崎のおいしいものはまだまだたくさん。さまざまな農作物が生産される土地の恵みを感じるなら、おやつにも、おみやげ選びにもぴったりなこちらへ。ジェラート、焼き菓子などで旬の美味を堪能して

宮崎県・日南市:神話トリップ

Present

山木農園経営の「Regalo×Regale」のハーブティを2名にプレゼント。

※応募期間:2017/6/5(月)まで

日本のイイトコドリップ

日本のイイトコドリップ

東京女子のココロが動く、まだ知らない日本のイイトコを抽出して届ける連載「イイトコドリップ」は、毎月1つの旅先をお届け。
ぜひチェックして、次の旅のきっかけを見つけて!

WRITING/MIE NAKAMURA PHOTO/AYA MORIMOTO

  • LINEで送る

TOP