このページの記事は、2017/07/04に掲載した時点のものです。
現在は情報が変動している可能性がございますので、ご注意下さい。

もうひとつの自分の場所を探す旅 ジモトトリップvol.7 新潟県佐渡市

海とおいしいパンに癒される ベーカリーカフェ

日本海沖に浮かぶ佐渡島は、国内で沖縄本島に次ぐ大きさの離島。海あり山ありの自然豊かな島には、地元の人にも観光客にも人気のカフェが。海の絶景を前に、自家製酵母パンと、島の食材をふんだんに盛り込んだフードやスイーツを味わい、くつろぎの島時間を

佐渡ってこんなところ

  • 写真1「しまふうみ」にはハード系からおやつ系まで、1日に約40種のパンが並ぶ
  • 写真2
    「しまふうみ」のスタッフのほとんどが佐渡島出身の20代
  • 写真3
    店内の窓際席からも海を一望。真野湾を望み、解放感たっぷり
  • 写真4
    「佐渡金銀山」の遺跡群のひとつ「北沢浮遊選鉱場」外壁にツタが絡まり重厚な佇まい
  • 写真5
    「京町茶屋」ではリンゴジュースや手作りケーキをお供に、眺望を楽しんで
  • 写真6
    「佐渡版画村美術館」は1888年築、簡易裁判所だった建物にも注目
前の写真
次の写真
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5
  • 写真6

素材の味わいが広がるパンを絶景のテラス席で

コバルトブルーの海と、澄みわたる青い空。日本にいることを忘れてしまいそうな絶景に出会えるのは、新潟県の離島・佐渡島の高台に佇むカフェ「しまふうみ」。この島で生まれ育った店長の松柴敬太さんが、「佐渡島をおもしろく、楽しくしたい」と開いた店だ。 「オープンは2010年。島の人たちが気軽に集まれるよう、パンの販売から始めたんです」と、店長の奥様で副店長でもある松柴みちるさん。そのおいしさが地元で評判になるにつれ、カフェスペースも少しずつ拡大し、島のみんなが集える憩いの場になった。 今では、島の恵みを堪能できるカフェメニューも充実。特産品・おけさ柿や佐渡バターを使用した焼き菓子、島の牛乳で作られる自家製ソフトクリームも揃う。 「風景を楽しむ常連さんがいたり、おしゃれして来てくれるおばあちゃんがいたり。旅行者はもちろん、島の人にも、帰省してくる人にも、佐渡の魅力や、ここで暮らす楽しさを再発見してもらえるといいですね」 自然が織り成す美しい景観と、土地ではぐくまれたおいしいもの。行きつけにしたい店が身近にある日常が羨ましくなる。

DATA
しまふうみ
TEL.0259-55-4545 新潟県佐渡市大小105-4
営業/10:00~17:00 水定休
アクセス/両津港よりタクシーで約40分
北沢浮遊選鉱場
新潟県佐渡市相川北沢町3-2 見学自由
アクセス/両津港より七浦海岸線、本線金山線ほかバスで約40分、相川博物館前下車すぐ
京町茶屋
TEL.090-1428-6105 新潟県佐渡市相川八百屋町5
営業/10:00~16:00 火定休(冬季不定休)
アクセス/両津港より七浦海岸線ほかバスで約40分、佐渡版画村美術館下車徒歩2分
佐渡版画村美術館
TEL.0259-74-3931 新潟県佐渡市相川米屋町38-2 
開館/9:00~17:00 入館料400円 月休館(祝の場合翌休)
アクセス/両津港より七浦海岸線ほかバスで約40分、佐渡版画村美術館下車すぐ

わたし、佐渡島に移住しました

堀田弥生さん(40歳)
福島県出身。大学卒業後から約10年、東京のミニシアター「ポレポレ東中野」に勤務。佐渡で開いた「Cafeガシマシネマ」は、水~土はブックカフェとして営業。毎週日曜に映画を上映する

2017年4月、映画館のない佐渡島にシネマカフェをオープン

Cafe ガシマシネマ

自然豊かな地で子供を育てたいと、次男の出産を機に東京から佐渡島へ家族で移住した堀田さん。「東京では約10年、映画館で働きました。大好きな映画の仕事でしたが、情報量の多い東京では、地に足が付いていなかったような気がします」。移住して約6年半が経った2017年春、堀田さんに転機が訪れる。行きつけだった島内の古民家カフェが閉店することに。 「島の友人が、映画好きを活かして、シネマカフェをやってみたらと。軽いノリでその気になってしまいました(笑)」。それから大急ぎで、映画が上映できるようDIYで改装。「Cafe ガシマシネマ」をオープンさせた。 「佐渡の生活で感じたのは、こういう土地にこそ映画が必要ということでした。島には美しい自然がありますが、人が作り出す美しさにふれることでも、感情が揺さぶられ、違う感動が生まれます。これからも映画の楽しさを島の人々に伝えていきたいですね」

わたしたち、佐渡島がジモトです


山下百合さん
2017年4月より「佐渡版画村美術館」に勤務。事務、接客をはじめ、業務全般を行う。今後はワークショップなども手がけたいと話す

藤井美沙樹さん
新潟市の短大卒業後、佐渡島に戻り、「しまふうみ」を運営する「佐渡ホンダ販売」に入社。現在は企画推進室のチーフを務めている

松柴みちるさん
7年前に東京から故郷の佐渡へ帰り、「しまふうみ」で働き始める。昨年、同店の店長・松柴敬太さんと結婚、出産。子育てにも励む毎日

ジモトの人にアンケート!ココが佐渡のいいところ

インタビュー:山下百合さん
Q:佐渡ってどんな所ですか?
A:食材に恵まれた島です。海の幸、山の幸、野菜、お米と、どれも新鮮でおいしい。。釣りができるスポットが多くあり、私もたまに出かけています。夏はイカがおすすめですよ。
Q:佐渡の魅力を教えてください
A:海も山もあって、とにかく自然が豊か。島民にとって、自然は当たり前の存在ではありますが、大佐渡スカイラインをはじめ、ビュースポットから見る景色に癒されます。
Q:佐渡の好きな場所はどこですか?
A:広間公園
県道31号線のカーブの脇にある、とても小さな公園ですが、高台にあるので眺めがいいんです。民家が並ぶ町の風景の向うに海が望めます。天気がよければ夕陽もきれいですから、ぜひ!

インタビュー:藤井美沙樹さん
Q:佐渡ってどんな所ですか?
A:自然と、おいしいものがたくさんあります。買い物できる店が少ないなど不便な面もありますが、その分ゆったりしていて居心地がいい。気持ちよく暮らせる所です。
Q:佐渡の魅力を教えてください
A:佐渡といえば、佐渡金山、トキ、たらい船が有名ですが、マリンスポーツも盛ん。私もよく海遊びします。ジェットスキー、SUP、ウエイクボートなど、いろいろ楽しめますよ。
Q:佐渡の好きな場所はどこですか?
A:加茂湖
加茂湖の眺めを満喫するなら、両津港近くの「椎崎(しいざき)諏訪神社」へ。境内奥の展望スペースから、加茂湖が見渡せます。ドンデン山などの緑と青い湖面のコントラストが美しいです。

インタビュー:松柴みちるさん
Q:佐渡ってどんな所ですか?
A:山と海があり、自然を間近に感じられますが、人と人の距離も近いんです。特に昨年の出産以降、子供を連れて出かけると、いろいろな方に話しかけられ、人の近さを実感します。
Q:佐渡の魅力を教えてください
A:四季の移ろいを風景で感じられること。なかでも初夏はどんな景色も気持ちがよくて、いちばん好きな季節。空や山々が水田に映り込む光景も本当にきれいで、心洗われます。
Q:佐渡の好きな場所はどこですか?
A:長谷寺
奈良の長谷寺を模したお寺で「ちょうこくじ」と読みます。春のボタンが有名ですが、年間を通してさまざまな花が咲き、花の寺とも呼ばれています。本堂へと続く長い石段も風情たっぷり。

マップ&データ

佐渡市DATA

人口:56937人(男性27383人、女性29554人)(2017年6月1日現在) 面積:855.61km2 産業:年間を通して漁業が盛んで、カキなどの養殖も行う。農業は米作りを中心におけさ柿、リンゴなど果樹栽培も 観光客:年間約50万人 気候:年間の平均気温14.4度。新潟本土に比べると夏は涼しく、冬は暖か。地域により異なるが、降雪量も全体的に少なめ 地形:周囲約280kmの佐渡島全域が市域。島の中央部に国仲平野、北に標高1000mを超す大佐渡山地、南に小佐渡山地を有する

移住について

・佐渡暮らし体験住宅:移住を検討する人が対象。最短1カ月~最長6カ月、月5000円または、10000円で指定の住宅が借りられる
・若者等定住家賃制度:新たに佐渡市に転入した若者夫婦世帯(満年齢の合計80歳未満)、40歳未満の若者単身者などの家賃を補助

佐渡市までのアクセス

東京駅より上越新幹線で新潟駅まで約2時間。新潟駅よりバスかタクシーで新潟港へ向かい、ジェットフォイルで両津港まで約1時間5分

インフォメーション

移住に興味を持ったら、まずはこちらへ

2017年4月、移住相談窓口を佐渡市役所内に開設。島でやりたいことや、ライフスタイルに合わせ、住まい、仕事など、さまざまな相談に応じてくれる。移住コーディネーターは、地域おこし協力隊のメンバーで、神戸から移住してきた熊野礼美さん。移住者目線のアドバイスが心強い。

佐渡UIターンサポートセンター

佐渡の魅力を発信する「婦人倶楽部」が
最新シングル集をリリース

佐渡島在住の普通の主婦たちによるPOPグループ「婦人倶楽部」。ロングセラーを続けるアルバム『フジンカラー』に続き、今年6月には旅をテーマにしたシングル集『旅とフェリー』を発売。ワクワク、爽快感のある曲調で夏にぴったり。また、佐渡での暮らしをつぶやく婦人twitter(@sadofujin)も好評。

婦人倶楽部

PHOTO/MIHARU KIMURA WRITING/MIE NAKAMURA(JAM SESSION)

みんなの体験コメントみんなの体験コメントアイコン

テツゴロウ 2017/08/27 19:40:39
自分も地元大好きで大事にしてるので気持ちわかります
りんご 2017/08/20 23:46:14
とてもきれいな景色ですね!行きたくなります
なぎさ 2017/07/04 13:11:44
この風景、見たことあるなぁ~と思って記事を見てみたら、やっぱり行ったことのある佐渡のカフェでした。落ち着いていてゆっくりとした時が流れる素敵なカフェです。ぜひテラス席で風と海を満喫されるといいと思います。
しおん 2017/07/05 09:15:17
カフェからの景色がとってもいいですね! お子さんがいてどこかへ移住を考えている方は土地や家は購入するのではなく賃貸がいいと思います…個人的に今相続に関わっているので心からそう思います…
sari 2017/07/06 18:28:53
新潟にはよく行くので佐渡航路の近くで佐渡ネタのお寿司を食べます!でも佐渡自体にはまだ行ったことがないんです。佐渡出身の知り合いが何人かいて、一度は行ってみたいんですが...
アーナ 2017/07/05 20:21:14
佐渡は良い所なんですけどねぇ? 毎年行ってますが…古くさい宿泊施設も多く、今一つ。温泉もあって、キレイな所がもう少し出来るといい。星野リゾートとか介入しないかな。
あゆぼん 2017/07/05 20:32:29
佐渡は小さい頃に一度だけ行ったきりでほとんど覚えていないので、大人になった今、改めて行ってみたいですね。その際は、海の見えるオシャレなカフェにも行ってみたいです!
Tomomi 2017/07/05 00:10:57
佐渡島興味はあるのですが遠いですよね…。一度有名な川渡りをしてみたいと思っています。他にもおしゃれなカフェとか増えてるんですね!より行きやすくなりそう!
zero 2017/07/05 23:38:14
佐渡って広いらしいですね。沖縄本島の次に大きな島とか。いいところだとはよく聞くので足を運んでみたいです。観光バスが便利だったと先輩が教えてくれました。
m-tomo 2017/07/07 07:31:53
佐渡は、一度行ったことがありますが、こんなに素敵なカフェとかできたんですね。昔は海以外何もなかったような、機会があれば行ってみたいなとは思います。
mamoneko 2017/07/04 15:17:26
佐渡には昔行きました。金山で砂金取ったりたらい舟に乗ったりしましたよ。でもこんなカフェとかにも行きたかったなぁ。海をみながらのんびりしたいですね。
ミミリーン 2017/07/24 11:10:42
新潟出身です。子供の頃に家族で佐渡行きました。新潟から近そうなのにフェリー乗ってると陸が見えなくなり海しか見えない状態が怖かった覚えがあります。
コキア 2017/07/05 21:48:57
UIターンに憧れはあるのですが、東京でも人に馴染めなくさみしさを感じる事があり地元愛に溢れている人達に距離をかんじてしまいそうで踏み切れません。
ショコラ♪ 2017/07/05 11:39:13
素敵な所にあるお店、と思ったら、佐渡ですか。 一度、行ってみたいです。 佐渡出身の友人曰く、雪はあまり降らないみたいですし、良さそうですね。
山芋 2017/07/04 10:20:50
海が見えるカフェって本当にいいよねって同僚と話してたところ。シネマカフェも珍しくて魅力的ですね。何より地元愛からの発想が素敵すぎます。
けんらん 2017/07/07 23:11:23
10時から17時まで、夜はやってないんですね、、、佐渡にいいホテルがあるイメージがなくて行ったことないんですが、いつか行きたいです!
いーや 2017/07/04 20:12:21
佐渡島ですか。一度は訪れたいと思っていますがなかなか機会がなくいまに至ります。自然がいっぱいでイイですね。冬の寒さは…?
AYA 2017/07/06 08:27:53
島に行ってみたいとは思っても暮らしたいというところまで発展したことはないかも。でも暮らしたら幸福度は上がりそう。
ちよ 2017/07/04 23:32:09
佐渡島行ってみたいです。島っていうと長崎とか沖縄のイメージありますが、海目当てでなく魚を食べに行くのいいですね。
りんりん 2017/07/04 14:13:27
佐渡にダイビングで行ったことがあります。 食べ物も美味しいし、のんびり出来てとてもいいところでした

このページにコメントする

>>体験コメントとは


シェアする twitter|facebook|mixi

TOP