一眼レフカメラで電車を撮影 春の伊豆へひとり旅




このページの記事は、2018/03/15に掲載した時点のものです。
現在は情報が変動している可能性がございますので、ご注意下さい。

THE BEST TRIP PHOTOS vol.01   電車旅@伊豆「かわいい電車を撮りに、春の伊豆へ」

作品

使ったレンズ/AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR 撮影モード:シャッター優先AE、1/800秒、f/5.6 ホワイトバランス:AUTO1 ISO感度:200

特別な1枚を簡単に!旅のパートナーは「Nikon D7500」 いつもの写真とは違う特別な1枚を撮りに行くなら、ひとり旅を楽しもう。誰にも気兼ねなく好きなだけ時間をかけて、好きなものを思い通りに撮れたら旅の充実感もグンとアップするはず。今回の旅の目的は、走っている電車のベストショットを撮ること。「本気カメラ」に選んだのは、高性能の一眼レフカメラ「Nikon D7500」。スピーディーに動く電車もベストな瞬間をラクラク撮れる。また、旅で見つけた雄大な景色や、背景をふんわりぼかした雰囲気のある写真など、スマホでは難しい表現も思いのまま。圧倒的に美しい高画質の写真ならSNSでも差がつくはず。

カメラの詳細はこちら
  • 作例1
  • 作例2
  • 作例3
  • 作例4
  • 作例5
  • 作例6
  • 作例7
  • 作例8
撮影のポイント
作例1写真

使ったレンズ/AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR 撮影モード:シャッター優先AE、1/1000秒、f/5.6 ホワイトバランス:AUTO1 ISO感度:160

河津桜の中を駆け抜ける、かわいいリゾート電車

イメージ写真いち早く春を告げる桜といえば、有名なのが河津桜。ソメイヨシノよりも濃いピンク色で、咲き誇る姿はなんとも写真映え抜群。その匂い立つようなピンクの花々のなかを走る、見た目もかわいいリゾート電車の撮影にチャレンジ。まずは河津駅で下車して、桜と電車が一緒に撮れる絶好のポジションを探しに。線路下からは電車のフロントが見えるショットを、桜並木のある川沿いからは、赤い橋の向こうに電車が走る構図でパチリ。

  • 作例1
  • 作例2
  • 作例3
  • 作例4
  • 作例5
  • 作例6
  • 作例7
  • 作例8
写真に戻る

電車を撮るときは、連写とシャッタースピードがカギ

  • ポイント写真
  • ポイント写真
    連写からベストショットをセレクト
  • ポイント写真
    三脚でカメラをしっかり固定

動いている電車を撮るときは、「シャッター優先(S)」モードにしてシャッタースピードを速くすることがポイント(今回は1/1000で設定)。1秒間に約8コマ※の高速連写ができるので、絶好のタイミングを逃さない。さらに、優れたオートフォーカス機能が電車の動きを追いかけるから、連写した写真の1枚1枚にピントが合っていてキレイ。もし設定に迷ったら「スポーツ」モードで撮る方法も。自動的に連写モードに変わるから初心者でもカンタン。※AFモードがAF-C、撮影モードがS(シャッター優先オート)またはM(マニュアル)、1/250秒以上の高速シャッタースピード、その他が初期設定時。

  • 作例1
  • 作例2
  • 作例3
  • 作例4
  • 作例5
  • 作例6
  • 作例7
  • 作例8
撮影のポイント
作例1写真

使ったレンズ/AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G 撮影モード:シャッター優先AE、1/800秒、f/9 ホワイトバランス:AUTO1 ISO感度: 800

河津桜と菜の花が作る春色コラボレーション

イメージ写真空のブルーに映える、河津桜のピンクと菜の花のイエロー。思わず息を飲むような、鮮やかで美しい風景が撮れるのは春だけの楽しみ。河津から下田に移動して、桜の名所のひとつでもある青野川周辺を散策。ぽかぽかの陽射しとやわらかな風が、花々の香りを運んでくる。自分の目の高さから見る風景はもちろん、低い位置から見上げたり、桜や菜の花をクローズアップしてみたり、ひと味違う表現ができるのも一眼レフカメラならでは。

  • 作例1
  • 作例2
  • 作例3
  • 作例4
  • 作例5
  • 作例6
  • 作例7
  • 作例8
写真に戻る

ふんわりボケ味を効かせた、プロみたいな写真もラクラク

  • ポイント写真
  • ポイント写真
    モニターの角度が変えられる

左の写真のように花をクローズアップして、背景をふんわりぼかして撮りたいときは、明るい「単焦点レンズ」を使うと簡単。自然な感じのスナップ写真や風景写真も得意なレンズだから、撮る楽しさもグンと広がるはず。見やすい大きな画面のチルト式モニターで、低い位置から見上げたり、高い位置から見下ろしたような構図もラクラク。モニターはタッチパネル式なので、画面を見ながらピントを合わせやシャッターを切ることもできる。

  • 作例1
  • 作例2
  • 作例3
  • 作例4
  • 作例5
  • 作例6
  • 作例7
  • 作例8
撮影のポイント
作例1写真

使ったレンズ/AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR 撮影モード:シャッター優先AE、1/2000秒、f/9 ホワイトバランス:AUTO1 ISO 感度:800

見上げるとハートが!天然のパワースポット「竜宮窟」へ

イメージ写真洞窟への階段を下りてふと見上げると、ぽっかり開いた天窓がまるでハートのよう。自然が生んだ神秘的な空間「竜宮窟」は、恋愛運をアップするパワースポットなのだとか。三角形の窓のような横穴からは、海に浮かぶ島々の姿がすぐそこに。潮風と一緒に流れ込む波の音に癒されながら、どの角度がいちばんハートに見えるか、何度もシャッターを切って確かめる。上手にハートが表現できたら、きっといいことが起こるはず。

  • 作例1
  • 作例2
  • 作例3
  • 作例4
  • 作例5
  • 作例6
  • 作例7
  • 作例8
写真に戻る

超広角レンズを使って、景色全体をキレイに写す

  • ポイント写真
    超広角ズームレンズを使用
  • ポイント写真
    標準ズームレンズを使用

スマホなどで広い景色を撮ろうとすると、右の写真のように全体を収めるのが難しいもの。そんなときは、写せる範囲が広い「超広角ズームレンズ」を使うと、左の写真のように景色全体を写し込んだキレイな写真に。洞窟のような後ろにさがりにくい狭い場所でも、ハート型の天窓全体が1枚の写真にしっかり収まる。レンズは約230gと小型・軽量で持ち歩きもラクラク。手ブレ補正機能もあるからビギナーでも使いやすい。

  • 作例1
  • 作例2
  • 作例3
  • 作例4
  • 作例5
  • 作例6
  • 作例7
  • 作例8
撮影のポイント
作例1写真

使ったレンズ/AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR 撮影モード:プログラムオート、1/400 秒、f/5.6 ホワイトバランス:AUTO1 ISO感度:400

メジロ発見!一瞬のシャッターチャンスを逃さない

イメージ写真桜の木を見上げたら、枝の先にメジロを発見。迷わずカメラを構えて超望遠ズームで高速連写を開始。撮りたい部分に素早くピントが合うから、突然おとずれたシャッターチャンスも逃さない。動いている小鳥を撮れるのも、高性能なカメラならでは。真っ白な目の縁取りや尖ったくちばし、羽根の1枚1枚までくっきりはっきり写っている。一眼レフカメラと超望遠レンズがあれば、こんなふうに新鮮な発見がどんどん増えていく。

  • 作例1
  • 作例2
  • 作例3
  • 作例4
  • 作例5
  • 作例6
  • 作例7
  • 作例8
写真に戻る

撮りたい部分をしっかり捉える51点のオートフォーカス

  • ポイント写真
    51点のフォーカスポイント
  • ポイント写真
    2088万画素なのでトリミングしても高画質のまま

鳥やネコなど動きの素早い動物も、自動的にピントを合わせるポイントが51点もあるからサッと構えてキレイに撮れる。メジロのように小さい鳥を撮る時は「超望遠ズームレンズ」を使って、高速連写するのがベスト。カメラが撮りたいものを捉えて、しっかりピントを合わせてくれる。また、有効画素数2088万画素だから、ちょっと離れた枝にとまっている姿をトリミングしても、鮮明にその姿を残すことができるのも高画質な一眼レフならでは。

  • 作例1
  • 作例2
  • 作例3
  • 作例4
  • 作例5
  • 作例6
  • 作例7
  • 作例8
撮影のポイント
作例1写真

使ったレンズ/AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G 撮影モード:絞り優先AE、1/25秒、f/1.8 ホワイトバランス:AUTO1 ISO感度: 320

おしゃれなカクテルを楽しむホテルのバーのひととき

イメージ写真海を見下ろす絶景のリゾートホテル「下田東急ホテル」内のラウンジバー「ブルー・ナティエ」でリラックスタイム。昼間は鮮やかな海を望むこの場所も、夜はフロアの照明を落として大人のムードに。「桜」と名付けられたカクテルは、ほんのり淡いピンク色がきれい。イチゴのリキュールを使った爽やかな甘酸っぱさがクセになりそう。春気分を盛り上げる夜のひとときを、きれいな写真で残しておきたくなる。

  • 作例1
  • 作例2
  • 作例3
  • 作例4
  • 作例5
  • 作例6
  • 作例7
  • 作例8
写真に戻る

背景をぼかしながら、露出を変えて雰囲気を出す

  • ポイント写真
    露出オートで撮影
  • ポイント写真
    露出を一段暗く撮影

設定をカメラ任せの「オート」モードにすると、カメラが最適と考える設定で撮影してくれる。今回はバーのような薄暗く大人の雰囲気を表現したいので、あえて「露出」をマイナスに設定して撮影。狙いたい雰囲気の明るさに露出を調整する簡単テクニック。また、背景をきれいにぼかしたいときは「単焦点レンズ」を使うのがおすすめ。手前のカクテルを際立たせた、バーの大人っぽい空気感が伝わる写真が簡単に撮れる。

  • 作例1
  • 作例2
  • 作例3
  • 作例4
  • 作例5
  • 作例6
  • 作例7
  • 作例8
撮影のポイント
作例1写真

使ったレンズ/AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR 撮影モード:絞り優先AE、1/800 秒、f/4.5 ホワイトバランス:AUTO1 ISO感度:100

南国リゾートのようなホテルの庭を、海を見ながら散歩

イメージ写真カラフルでヘルシーな朝食を済ませ、静かにきらめく下田の海を見ながらホテルの庭を散歩。ふと見上げれば、背の高いヤシの木があちこちに。まるで真っ青な空に向かって手を広げているよう。開放感あふれる風景を「超広角レンズ」で撮ってみたら、南国リゾートに来たように鮮やかな1枚に。朝の太陽のクリアな光がつくるグラデーションや、ヤシの木の表情まで自然の色合いがきれい。この美しい画質が、一眼レフカメラの大きな魅力。

  • 作例1
  • 作例2
  • 作例3
  • 作例4
  • 作例5
  • 作例6
  • 作例7
  • 作例8
写真に戻る

モニターではなくファインダーを覗いてきちんとフレーム内を確認

  • ポイント写真
  • ポイント写真
    建物が映り込んだ例

空や海を撮るときは、「超広角ズームレンズ」を使うと広い範囲をフレーム内に収められる。広角のレンズを通すと肉眼で見ている景色とは違って見えるので、ファインダーを覗きながら撮影しよう。右の写真のように、建物が入りこまないよう四隅までチェックを。ヤシの木の逆光のシルエットや光のグラデーションなど、朝の強い光をうまく活かした難しそうな写真表現も、カメラ任せの「オート」で印象的に撮れる。握りやすい深いグリップでカメラをしっかりホールドできるから、手ブレもしにくい。

  • 作例1
  • 作例2
  • 作例3
  • 作例4
  • 作例5
  • 作例6
  • 作例7
  • 作例8
撮影のポイント
作例1写真

使ったレンズ/AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G 撮影モード:絞り優先AE、1/200 秒、f/3.5 ホワイトバランス:AUTO1 ISO感度:100

レトロなペリーロードはフォトジェニックなスポット

イメージ写真その昔、黒船で下田港にやってきたペリー艦隊が行進したことから名付けられた「ペリーロード」。どことなく異国情緒のある石畳の小道には、古民家風の店や白と黒の格子柄が特徴的ななまこ壁の建物が並ぶ。道の真ん中をさらさら流れる小さな川、表情の異なる短い橋、風に揺れる柳並木、レトロな雰囲気の街灯。フォトジェニックなこの道を、さまざまな角度や構図で切り取りながら、のんびり散歩するのも楽しい。

  • 作例1
  • 作例2
  • 作例3
  • 作例4
  • 作例5
  • 作例6
  • 作例7
  • 作例8
写真に戻る

ワンパターンになりがちな街スナップの切り取り方を変える

  • ポイント写真
  • ポイント写真

街並みなどの写真を印象的に撮るには、画面の中にひとつアクセントになるものを入れるのがベター。上の2枚のように、目をひく色(赤い橋)をポイントにすると写真がぐっと引き締まって見える。左の写真は、赤い橋をアクセントにして奥行きを出した構図。右の写真は、レトロな建物と赤い橋のコントラストを出した構図。同じエリアでも構図を変えるとまったく違う雰囲気に。ファインダーを覗きながら、好みの切り取り方を見つけよう。

  • 作例1
  • 作例2
  • 作例3
  • 作例4
  • 作例5
  • 作例6
  • 作例7
  • 作例8
撮影のポイント
作例1写真

使ったレンズ/AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/1/3.5-5.6G ED VR 撮影モード:プログラムAE、1/320 秒、f/9 ホワイトバランス:AUTO1 ISO感度:100

青い海に赤い鳥居。絶景の白浜海岸でパワーチャージ!

イメージ写真その名の通り、一面の白い砂が美しい白浜海岸を歩くと、海に突き出した大きな岩の上に、伊豆最古の神社「白濱神社」の鳥居が。抜けるような青空の下、ブルーのグラデーションを描く海と打ち寄せる白い波をバックに、朱色の鳥居が凛とそびえ立つ。その神々しい姿を目にすると、ここが恋愛のパワースポットといわれるのにも頷ける。神秘的な景色を自分らしく写真に残して、恋愛運アップのお守り代わりにしてみよう。

  • 作例1
  • 作例2
  • 作例3
  • 作例4
  • 作例5
  • 作例6
  • 作例7
  • 作例8
写真に戻る

レンズや距離感を変えて、切り取り方の違いを楽しむ

  • ポイント写真
    焦点距離は左上10mm、右上35mm、左下70mm、右下140mm

上の4枚はすべて同じ位置から撮ったもの。景色全体を写したいときは「超広角のレンズ」を使うと左上のような1枚に。また「ズームレンズ」を使って倍率を少しずつ変えていくと、写る範囲と鳥居までの距離感が変わり、1本のレンズでさまざまな切り取り方が楽しめる。撮りたいシーンに合わせてレンズを付け替えたり、距離感を変えて自分好みの構図を見つけられるのも、一眼レフだからこそ。

カメラ×レンズで写真がもっと楽しくなる「Nikon D7500」

電車を撮るなら超望遠ズームレンズがおすすめ
AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR
イメージ写真

51点のオートフォーカスポイントで、撮りたいものにしっかりピントを合わせる一眼レフカメラ。レンズを付け替えれば写真表現の楽しみがグングン広がり、電車のような動きのあるものも超望遠ズームレンズでクリアに撮れる。写真を約950枚※1撮れるほど長持ちするバッテリーや、持ちやすく深いグリップは旅カメラにぴったり。カメラとスマホをつなぐ画像共有アプリ「SnapBridge」を使えば、撮るたびに写真をスマホへ自動転送※2。SNSでタイムリーにシェアできる。
「Nikon D7500」の商品詳細はこちら

※1. 1コマ撮影モード時 ※2. Bluetooth(R)でカメラとスマホを常時接続するアプリ「SnapBridge」(無料)のダウンロードが必要です

イメージ写真
  • 撮りたい電車の時刻表はあらかじめチェック。場所を決めたら事前に何度か試し撮りをして。
  • 手ブレや画面の傾きを防ぐために、三脚を持っていこう。
  • メモリーカードは書き込み速度の速いものを用意。予備を持っていくと安心。
  • 立ち入り禁止の場所や私有地などに入らないよう、マナーに気を付けよう。
  • ファインダーを覗くときは周囲や足元に注意しよう。花や草を踏み荒らさないことも大事。
  • 竜宮窟
    静岡県下田市田牛 アクセス/伊豆急下田駅からバスで前の浜下車徒歩約3分
  • 下田東急ホテル
    TEL.0558-22-2411 静岡県下田市5-12-1 アクセス/伊豆急下田駅から無料シャトルバスで約6分
  • ペリーロード
    静岡県下田市3丁目 アクセス/伊豆急下田駅から徒歩約15分
  • 白濱神社(伊古奈比咩命神社)
    TEL.0558-22-1183(社務所) 静岡県下田市白浜2740 アクセス/伊豆急下田駅からバスで白浜神社前下車

THE BEST TRIP PHOTOS

PR/ニコンイメージングジャパン
PHOTO/NAOMICHI SEO HAIR&MAKE/KANA ITO(Bliss) MODEL/KALINA(BARKinSTYLE) WRITING/MASAKO ISHII

みんなの体験コメントみんなの体験コメントアイコン

かんだ 2018/06/12 13:06:18
春の伊豆は、写真に残したい風景がたくさんありますね
オズミン 2018/06/04 18:26:33
いいカメラを買ったら出かけたくなりますね。
Tomomi 2018/03/15 21:30:17
以前河津桜を見に行きました。季節も早いので、なんだか得した気分で早いお花見を楽しみました。ただ、早いので少し寒かったです。河川敷にたくさん屋台も出ていて、夜のライトアップなどもとてもよかったです。
ちーくま 2018/03/16 20:48:29
一眼を買うか迷っていたのですが、こんなかわいい写真がきれいに撮れるなら買います!ファインダーをのぞいて撮ってみたいです。 どんな風に撮ったらオズっぽいほっこり写真が撮れるか教えてほしいです。
コキア 2018/05/06 22:01:46
結構出かけるのは好きだけどデジカメに代わってからカメラで風景とか撮らなくなってしまったな。スマホや携帯も撮りっぱなしだし。良いカメラ買ったらまたあのワクワク感蘇るかな。
シノタン 2018/03/17 17:55:06
空の青と桜のピンクと菜の花の黄色の組み合わせの景色って最高にキレイですよね!でもそれが重なる季節って限られてるから貴重だけど、写真に収められるといいですよね。
kitty 2018/03/16 23:26:12
先日初めて河津桜を見に行きました。満開を過ぎた時期の平日でしたが、すごい賑わいでした。下田のペリーロードも一度行ってみたい場所です。レトロな雰囲気が素敵です。
sari 2018/03/16 10:37:05
青空に桜と菜の花と電車の画って素敵ですよね~。先日三浦の河津桜で撮りましたが、なあなか電車位置とのうまい配置が難しいなと思いました。
sari 2018/03/17 07:30:07
メジロと桜良いな~。先日河津桜に停まっている小鳥を撮りたくて何度もチャレンジしましたが、ブレちゃって全然上手く撮れませんでした。
ハルリーナ 2018/03/20 09:37:35
花の写真を上手く撮りたくて買ったカメラが、なかなか上手く使いこなせないので、この春にたくさん撮って見ようかとおもいます。
キナコ 2018/05/15 13:00:23
河津桜、ずっと行ってみたいと思っているのですが、絶対混んでるだろうなと。。天気の良い日だと写真は綺麗でしょうねー!
ばなな 2018/03/16 11:32:26
河津桜素敵ですよね!色味を綺麗に出しつつ空の色もしっかり出るように撮るのが難しいので、すごく参考になります。
スノピク 2018/03/16 14:58:36
素敵な風景ですね。カメラばっかり見ているとちょっと興ざめしてしまうところがあるから、実物を生で見たいです。
ゆか 2018/03/18 19:38:10
下田は去年の夏に行きました!ペリーロードでオシャレなカフェ?でランチして、すごく素敵な場所でした(^^)
さや 2018/03/18 16:42:27
河津桜、いちど見に行ったことありますが、かわいかったです。 そこまで混んでなかったし、またいきたい!
viva 2018/03/18 08:38:07
ちゃんとしたカメラも持っているのですが、使い勝手の良さから、いつもeyephoneを使ってしまいます。
にーこ 2018/03/15 10:30:35
カメラ片手にぶらっと出かけてみたいです。いい季節になりました。何処でも絵になる一寸テクニックも使って。
えねるす 2018/03/22 11:05:18
カメラは最近女性でも趣味にする人が増えてきましたよね。今だけしか桜は撮れないので、行ってみようかな。
いーや 2018/03/15 23:22:30
河津桜、見に行ってみたいです。もうソメイヨシノの開花したところもありますが。今年は開花が早そうです。
2018/04/12 23:50:06
白濱神社って初耳ですが素敵なところですね。河津桜も何気に見たことがないし、行ってみたいです。

このページにコメントする

>>体験コメントとは


シェアする twitter|facebook|mixi

TOP