おしゃべりブレイク:自分磨き向上委員会 みんなのホンネ 

OZmall 恋、キレイ、知性 東京女子が“今”したいコト

こんにちは、ゲストさん♪



おしゃべりブレイク:今月の話題/自分磨き向上委員会

みんなの自分磨き実態とは?

  • 「自分磨き」という言葉を聞いてイメージするのは?

1位:趣味や教養などを高めること (255人)2位:お肌やボディをキレイにすること (88人)3位:人生の楽しみを見つけること (64人)4位:資格を取ること (48人)5位:カラダを鍛えること(13人)

編集部コメント

いろいろな意味に取られる「自分磨き」という言葉、体の内面から磨くというイメージが多かった。中身を磨けば自然と輝いて見えるものなのかも。

  • 現在3年以上続けている、または過去に3年以上続いた趣味はいくつ?

なし 21%(102人)1個 29%(136人)2個 24%(115人)3個 17%(83人)4個 4%(21人)5個 2%(8人)6個以上 3%(12人)

編集部コメント

みんなの平均は1〜2個。「アロマやヨガなど、流行にのせられて毎年なにかに手をつける」という人は多いけれど、ずっとやり続けられる人は少ないみたい。

  • 履歴書に書けるような資格をいくつ持っている?

なし 13%(64人)1個 16%(78人)2個 27%(127人)3個 23%(108人)4個 8%(38人)5個 5%(23人)6個以上 8%(39人)

編集部コメント

多かったのは「普通運転免許」や「英検」「TOEIC000点」など。「秘書検定」は取得のための勉強でビジネスマナーの常識が身に付いたという声多し。

2009年1月 オズモール調べ、回答者数477人

自分の趣味、人に自慢できる?

▲ページのTOPへ

花粉にまつわるエピソード

【こんな資格、持ってて良かった】

  • 【秘書検定・ビジネス文書検定・ビジネス検定】これがあるおかげで敬語に苦労しませんし、お客様の対応にも役立ちます!(suzuka 22歳)
  • 【パンと料理のディプロマ】海外にきてバイト探しをしているときに履歴書に記載しておいたらキッチンの仕事が見事決まった(えみのすけ 30歳)
  • 【珠算3段】簡単な計算なら電卓いらずで計算できる(みぽぽ 31歳)
  • 【教員免許】単位と実習が大変だったが、後輩の指導やプレゼンに役立っている(わかりやすく伝えるスキル、相手のモチベーションを上げる訓練など)(miumiu 25歳)
  • 【フォークリフト免許】役には立っていませんが、話のネタになります(Sara 22歳)
  • 【書道三段】履歴書に記載した文字を見た面接官が今時珍しいといった目で見てくれた。字の綺麗な人は几帳面で真面目に見られやすい(359
  • 【TOEIC】ワーキングホリデー直後、瞬間最大風速的に900点以上を記録した(びんごがーる 35歳)
  • 【宅建】自分がマンションを購入する際に役に立ちました(ふうちゃんまま 34歳)

【履歴書に書ける表の趣味&書けない裏の趣味】

  • 【表】散歩・乗馬 【裏】乙女ゲーム(女性向け恋愛ゲーム)制覇。場所によってはドン引きです(suzuka 22歳)
  • 【表】カービング、ガーデニング、歌舞伎鑑賞、旅行 【裏】掃除(ホーローや鏡・ガラスなど光るもの、仏壇)(りんりん。 36歳)
  • 【表】美術鑑賞、茶道 【裏】自衛隊のイベント鑑賞(Momo 29歳)
  • 【表】絵を描く事 【裏】UFO調査(にゃんこ 36歳)
  • 【表】パン作り、フエルト人形作り 【裏】エアドラム(えみのすけ 30歳)
  • 【表】ひとり旅、写真撮影 【裏】ひとりカラオケ(ざきこ 29歳)
  • 【表】散歩、運動 【裏】ショップバッグ集め、脇毛を毛抜きで抜くこと(みやこ 24歳)
  • 【表】Hip-Hopダンスと琉球舞踊を習ってます。琉球舞踊は自分でも珍しく長続きして、中学校で教えたこともあります。 【裏】クラブ通い。平日の朝に帰ってきて会社をズル休みすることもあるので、絶対言えない!(☆まや★ 33歳)
  • 【表】サッカー観戦をはじめとするスポーツ観戦、料理、ゴルフ 【裏】お節介(ひらり 38歳)

今自分が持っている資格、仕事に生かされてる?

▲ページのTOPへ

東京OL3人に聞きました私の自分磨き

  • 東京OL/一杉知佳さん 26歳 ランニング、ガーデニングなどハマってる趣味が多数
  • 東京OL/伊東睦さん 28歳 先日北海道の旭川に行き、犬ぞりに乗ってきました!
  • 東京OL/山田和歌子さん 28歳 アートが大好きで、週末はよく美術館巡りをしています

趣味は「自分プロデュース」!
いろんなことにチャレンジしてます

私、カメラ、室内ガーデニング、マラソンなど、趣味でいろんなことをやってるんですよ。きっかけは、以前、視線恐怖症のようになってしまった時に「人から見られている自分を好きになりたい」と思ったこと。「公園でカメラをかまえている私が好き」「走っている私が好き」などのイメージを固めて、そうなれるように自分をプロデュースするんです。メイク講座に行ったり、皇居マラソンのイベントに参加したりと、できるだけ外に出るようにすることで、前向きな気持ちを取り戻せました。

一杉知佳さん

一杉知佳さん | 伊東睦さん | 山田和歌子さん

▲ページのTOPへ

>> おすすめ自分磨き

撮影/千葉裕子 イラスト/大山奈歩、イトウミキ 文/斉藤裕美

 

ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi
OZのプレミアム予約商品一覧
スターツ出版株式会社