クラシック、ジャズ、マーチングetc.音楽ジャンルによってどんな違いがあるの?

毎日をちょっと楽しく心豊かにしてくれる音楽。そのジャンルは実にさまざま。好みは人それぞれだけれど、いろんなジャンルの音楽を体験すればするほど楽しみ方の幅が広がるというもの。そこで今回は、気になるけれど未体験という人も少なくないクラシックやマーチング、ジャズをピックアップ。それぞれがどんな音楽なのかチェックして、音楽鑑賞の楽しみを増やしてみては。

Kaz.Sasaki

更新日:2016/09/29

優雅な気分を楽しむ!ヨーロッパ貴族のための音楽『クラシック』


【いつ、どこで誕生したの?】
西洋音楽は、宗教的な儀式のために古代にヨーロッパで誕生したといわれている。ただ、現在一般的に“クラシック”といわれている音楽はバッハやモーツァルトなど、17〜19世紀のヨーロッパで作られた楽曲を指すことが多いよう。教会音楽に芸術的要素が加わり、貴族が楽しむための音楽へと発展。その年代によって、バッハに代表されるバロック音楽、モーツァルトやベート−ヴェンなどの古典派音楽、ショパンなどのロマン派音楽に分けられている。

【どんな楽器を使用するの?】
クラシック音楽を演奏するのは、主にオーケストラ。オーケストラ(Orchestra)は「管弦楽団」を意味し、弦楽器、木管楽器、 金管楽器、打楽器の4つのジャンルの楽器をメインに、鍵盤楽器などを交えて使われる。

【どんなところで鑑賞できる?】
主に、コンサートが開催されている多目的ホールやコンサートホールで聴くことができる。中でも、2000席以上のサントリーホール、Bunkamuraオーチャードホール、NHKホール、1500席以上の東京オペラシティ、東京国際フォーラム、東京芸術劇場などが有名。

<楽器の分類>
・弦楽器:ヴァイオリンやチェロ、ヴィオラ、コントラバスなど
・木管楽器:フルート、クラリネット、オーボエ、サクソフォンなどなど
・金管楽器:トランペット、トロンボーン、ホルン、チューバなど
・打楽器:スネアドラム、バスドラム、ティンパニー、マリンバ、シンバル、トライアングル、カスタネット、など
・鍵盤楽器:チェンバロ、オルガン、ピアノなど

クラシック

カラーガードやバトンで華やかに!エンタメ要素抜群の『マーチング』

【いつ、どこで誕生したの?】
“マーチング”とは、音楽のジャンルではなく行進しながら演奏する演奏スタイルのこと。
その始まりはオスマン帝国(現在のトルコ)の軍楽隊で、17世紀にはヨーロッパに広がり、1860年代にはアメリカに伝わったそう。
マーチングで演奏される楽曲は主にクラシック音楽のジャンルに属しているけれど、マーチング用に作られた曲も多数ある。

【どんな楽器を使用するの?】
マーチングはブラス・バンドが移動しながら演奏するもので、金管楽器、打楽器の2つを使用。トロンボーン、ユーフォニウム、チューバなど、オーケストラのものと同じものではなくマーチング用にアレンジされた楽器もある。また、楽器のほかに、バトンを使ったりカラーガードを使うのもある。

【どんなところで鑑賞できる?】
コンサートホールのほか、スポーツ大会や地域のフェスティバルなど、体育館や球技場などで開催されるイベントで鑑賞できる場合も多い。コンサートでは、英国を代表する「ブラック・ライク・バンド」のような伝統あるブラスバンドやよりエンタメショー的な「ブラスト!」のようなドラムコーなども人気。


<ここもチェック!>
オーケストラとブラスバンドのコンサート、ここが違う!
やっぱり大きな違いは、使用している楽器が違うということ。ブラスバンドにはヴァイオリン、ヴィオラ、チェロなどの弦楽器がなく、楽器の並び方も違うそう。そんな違いを知ったなら、自分の目と耳で確認してみて!

マーチング

充実の大人時間に!街のバーやレストランで気軽に楽しめる『ジャズ』

【いつ、どこで誕生したの?】
いつどこで誕生したのか、諸説あるためその詳細ははっきりしていないけれど、19~20世紀初頭にアメリカのニュー・オーリンズで生まれたといわれている。黒人労働者の怒りや苦悩の感情を表現する歌が発展したブルースなど20世紀初頭のニュー・オーリンズで演奏され歌われていた音楽が融合してジャズになった。ジャズには、初期のニューオーリンズ・ジャズ、ディキシーランド・ジャズをはじめ、アーリー、オールド、スイング、モダンなど、その年代や地域、人数編成、奏法などでさまざまな種類に分類される。

【どんな楽器を使用するの?】
ジャズは、オーケストラと同じで、弦楽器、木管楽器、 金管楽器、鍵盤楽器を使用。ピアノ、コントラバス、ドラムで編成されたピアノ・トリオやそこにギター、サクソフォン、トランペット、トロンボーンなどで大人数で編成されたビッグバンドなどがある。

【どんなところで鑑賞できる?】
「ブルーノート東京」「ビルボードライブ東京」「コットン・クラブ」は海外アーチストを中心に聴けるジャズクラブ、都内のジャズクラブ、南青山の「ボディ・アンド・ソウル」などでは日本人アーチストの演奏を身近に楽しむことができる。

ジャズ

協力/ジャパン・アーツ、ジャズベーシスト中村健吾

OZ限定プランで“音楽”を聴きに行こう!

自然と涙が出てきたり、優しい気持ちになったり、楽しい気分になったり、鳥肌がたつほど感動したり・・・。ある1曲との出会いが心を動かし、人生を変えた!ということもあるのでは。家で静かに楽しんだり、コンサートで生演奏に心打たれたり、いろんな形で日常に彩りをプラスしてくれる音楽。そんな音楽の“魅力”を探って、新しい出会いを求めてみて。

あなたへのおすすめ記事

TOP