新作『赤坂歌舞伎』や歌舞伎鑑賞教室も!初めてでも楽しめる演目で歌舞伎デビュー

日本の伝統芸能だからこそ、一度は観てみたい“歌舞伎”。きっかけがなくてまだ観たことがない。過去に観たことがあるけど、あまり理解できなかった・・・。そんな人におすすめの公演をご紹介! 

更新日:2017/03/31

好きな人のために何度も生まれ変わる新作『赤坂歌舞伎』や、出演者の解説付き歌舞伎鑑賞教室、愛之助が座頭を務める『南総里見八犬伝』など、初めてでも楽しめる演目が勢ぞろい。

愛之助が『明治座 五月花形歌舞伎』座頭に!『南総里見八犬伝』の壮大なロマンを堪能

歌舞伎の演目のなかでも名作として知られる『南総里見八犬伝』に、今回、明治座で座頭を務める愛之助が挑む。豪快な演出と華やかな舞台で繰り広げられる大立廻りは品と美しさがあり、そのキリリとした姿に「ラブリン」ファンならずとも惚れ惚れしてしまう。片岡愛之助のほかに、中村萬太郎、中村壱太郎、坂東新悟、中村種之助、中村米吉、中村隼人、中村橋之助、中村福之助、上村吉弥、片岡亀蔵、中村鴈治郎など、注目の歌舞伎俳優が出演。

春爛漫の赤坂へ!とにかく面白い中村勘九郎、中村七之助が出演の『赤坂大歌舞伎』

2008年に十八代目中村勘三郎の“芸能の街・赤坂で歌舞伎を!”というひと言から始まった『赤坂大歌舞伎』。5回目となる今回は、新作歌舞伎『夢幻恋双紙 赤目の転生』を上演。この作品は、太郎(中村勘九郎)が歌子(中村七之助)をなかなか幸せにできずに、何度も違う人格になって人生をやり直すことになるという奇妙な物語。人格が違う「太郎」をそれぞれ堂々と演じ分ける勘九郎、そして、七之助の艶のある美しさ。風格と貫禄が備わってきた2人の舞台は、初めて歌舞伎を鑑賞する人にもおすすめ! 鑑賞前には

初心者にもわかりやすい解説付き!大物歌舞伎俳優による人気演目『歌舞伎十八番の内 毛抜』鑑賞

歌舞伎に興味はあるけれど、なかなか最初の一歩が踏み出せない・・・。そんな人はぜひチェックして。大物歌舞伎俳優が演じる人気演目を鑑賞できるだけでなく、鑑賞前には出演者による解説もご用意。今回の演目は、中村錦之助、片岡孝太郎が出演する『歌舞伎十八番の内 毛抜』。ストーリーも明快で、歌舞伎らしい奇想天外なおもしろさがあり、初めての歌舞伎鑑賞にぴったり!

舞踏の名手役で猿之助が魅せる華麗な舞台!一度は観たい超有名演目『奴道成寺』も。

坂田藤十郎、中村吉右衛門、中村扇雀、市川染五郎、市川猿之助、尾上菊之助ほか豪華俳優が登場する『歌舞伎座四月大歌舞伎』。夜の部で観劇するのは、『傾城反魂香(けいせいはんごんこう)』、『桂川連理柵(かつらがわれんりのしがらみ)帯屋』、『奴道成寺(やっこどうじょうじ)』とすべてが有名な演目。なかでも猿之助が出演する『奴道成寺』は、狂言趣向に富んだ華やかな歌舞伎舞踊の名作。若手注目の隼人や米吉なども登場するので、楽しみも倍増! 今回は、通常18000円の1等席がランチ付きで16500円に。

エンタメ情報が満載。特別な1日を約束する“東京体験”をチェック

東京体験

舞台、ミュージカル、歌舞伎、クラシック、アート・・・さまざまなエンターテインメントがあふれている東京。でも、なかなか経験する機会がない人も多いのでは? オズモールの東京体験では、観劇や鑑賞のレストラン付きプラン、お土産付きの観劇チケットなど “いい1日”が過ごせる、とっておきのプランをラインナップ。ぜひチェックしてみて。

  • LINEで送る

あなたへのおすすめ記事

TOP