非日常の優美な世界へ!心が潤うバレエ鑑賞

うっとりする優美な踊り、オーケストラによる美しい音楽、華やかな舞台や衣装にロマンチックなストーリー・・・。バレエの世界は目で耳で感じて心に響く、舞台芸術そのもの。そんな芸術性あふれる世界は、大人になった今だからこその感動もあるはず。そこで、この春から夏にかけて上演される、おすすめの公演をご紹介。

更新日:2017/03/24

美しすぎる世界にうっとり。世界最高峰のボリショイ・バレエ『白鳥の湖』

世界の頂点に君臨する「ボリショイ・バレエ」が贈る、クラシックバレエの代表作『白鳥の湖』は、すでに完売の日程も出ている人気公演。バレエ団と共に来日した専属オーケストラがチャイコフスキーの美しい調べを奏でるなか、ドラマティックな純愛ストーリーが、ボリショイならではのスケールとレベルで綴られていく。観る者を夢の世界へと誘う世界屈指の『白鳥の湖』を鑑賞できる貴重なチャンスなので、初夏のおでかけやバレエデビューにぜひ。

儚く美しい名作バレエ!新国立劇場バレエ団『ジゼル』

1841年、パリでの初演から175年以上愛され続ける『ジゼル』は、恋する喜びにあふれる素朴な村娘ジゼルが、恋人に裏切られたショックから錯乱し、死してなお一途に思い続ける姿を描いた、悲しい恋の物語。死後、精霊となったジゼルが、まっ白な衣装をまとって踊る神秘的な舞いは、儚く美しく、観る者の心を揺さぶる。日本最高峰の新国立劇場バレエ団が贈る人気レパートリー作品ゆえ、初夏のご褒美にぴったり!

おとぎの世界へ誘われる!新国立劇場バレエ団『眠れる森の美女』

GWのおでかけにぴったり! 『白鳥の湖』『くるみ割り人形』と並ぶチャイコフスキー三大バレエのひとつ『眠れる森の美女』。日本最高峰の新国立劇場バレエ団が2014年に初演した本プロダクションは、100年の眠りを超えた王子と姫の恋を、ファンタジックかつドラマティックに描いた演出が評判! オーケストラが奏でるチャイコフスキーの名曲にのせ、ヨーロッパの香りが漂う豪華な衣装や舞台装置にうっとりしながら、恋のときめきや、悪vs善など、見どころ満載のおとぎの世界へ誘われて。

エンタメ情報が満載。特別な1日を約束する“東京体験”をチェック

東京体験

舞台、ミュージカル、歌舞伎、クラシック、アート・・・さまざまなエンターテインメントがあふれている東京。でも、なかなか経験する機会がない人も多いのでは? オズモールの東京体験では、観劇や鑑賞のレストラン付きプラン、お土産付きの観劇チケットなど “いい1日”が過ごせる、とっておきのプランをラインナップ。ぜひチェックしてみて。

  • LINEで送る

あなたへのおすすめ記事

TOP