ブーランジェリーの春野菜パンを召し上がれ


  1. オズモールTOP >
  2. ブーランジェリーの春野菜パンを召し上がれ

東京女子ナビ

東京女子のホンネとトレンドをナビゲーション

Trend Recommend

菜の花、そら豆、アスパラ・・・
今が旬の“春野菜”のパンを味わおう

春が近づき、さまざまなブーランジェリーからこだわりの新作パンが続々。なかでもぜひ味わいたいのが、菜の花やグリンピース、アスパラなど、“春野菜”が主役のパンたち。冬の間、地中でじっとエネルギーを蓄えて育った生命力あふれる野菜は、みずみずしくて、栄養もたっぷり。そんな春野菜を、丸ごとグリルしたり、ピューレ状にして練り込んだりと、工夫を凝らした今の時期しか食べられない限定パンをトレンドのブーランジェリーの中からピックアップ。独特の苦みや香り、鮮やかなグリーンを目でも楽しみながら、春の恵みをおいしくいただこう。

アスパラ・・・ 今が旬の“春野菜”のパンを味わおう
Trend Report

レストランやカフェ併設の旬のブーランジェリーから
春野菜を使った限定パンが続々登場!

  • ジョエル・ロブション

    春の緑野菜をしっかり味わう
    クロックムッシュとフォカッチャ

    ジョエル・ロブション

    (左)グリーンピースを丁寧に裏ごししたきれいな緑色のペーストはとってもクリーミーでまろやか。豆特有の青臭さがなく、グリーンピースが苦手な人もおいしくいただける。「グリーンピースのクロックムッシュ」(504円)。3月4日(水)から発売開始 (右)いろいろな春野菜が一度に味わえて欲張り女子も大満足。ハーブが香り、後を引くおいしさの「緑の春野菜とハーブソースのフォカッチャ」(432円)は3月4日(水)から限定発売

    ミシュランの三ツ星を獲得したレストランを監修するロブション氏による「ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション」からは、リッチな味わいの2品が登場。「グリーンピースのクロックムッシュ」は、甘みとコクが豊かなフランス産グリーンピースがふんだんに盛りつけられていて、春らしさ満点。中には、ハムとチーズのほか、ふんわりクリーミーな口当たりのグリーンピースのペーストがたっぷり塗られている。「緑の春野菜とハーブソースのフォカッチャ」は、フォカッチャの上に、そら豆やアスパラなど春野菜をトッピング。香ばしいハーブソースが野菜の新鮮な甘みを引き立てる。濃厚な味わいなので、ワインにも合いそう。

  • メゾンカイザー

    ほろ苦い菜の花が春を感じさせてくれる
    大人の濃厚サンドイッチ

    フランス発のブーランジェリー「メゾンカイザー」。天然発酵種のパンにこだわり、天然酵母と伝統の技法でフランスの味をそのまま再現しているこちらの注目パンは、日本オリジナルの「菜の花と生ハムのサンド」。ほろ苦い菜の花とうまみたっぷりの生ハムがしっとりしたチャバタとマッチ。見た目はシンプルながらも、菜の花が濃厚で満足感があり、食べるとヤミツキになる。マイルドな酸味の粒マスタードがしっかり効いているので、後味はさっぱり。栄養豊富な菜の花を使ったこの時期ならではのサンドイッチを堪能して。

    チャバタに、オリーブオイルでソテーした菜の花をサンド。独特の苦さがたまらない。「菜の花と生ハムのサンド」(513円)。2月15日(日)から3月31日(火)まで限定発売

    メゾンカイザー
  • ゴントラン シェリエ

    みずみずしさが魅力!
    新ジャガイモとサーモンのタルト

    不動の人気商品であるクロワッサンや、味噌など日本の食文化を合わせたユニークなパンが評判の「ゴントラン シェリエ」。パリの若手パン職人がプロデュースするこちらのお店からは、北海道産のみずみずしい新ジャガイモを使った「じゃがいもとサーモンのハーブクリームタルト」が登場。ゴロッとした皮付きのジャガイモとスモークサーモンが、バターの風味豊かなパイ生地の上に贅沢にトッピング。さらに、数種類のハーブ入りクリームがたっぷりと載っているので、深いコクと香りを楽しめる。

    しっとりした食感のジャガイモがサーモンとよくなじむ。「じゃがいもとサーモンのハーブクリームタルト」(520円)。1月28日(木)から3月下旬まで限定発売 ※ジャガイモがなくなり次第終了

    ゴントラン シェリエ 東京
  • ブーランジェリー タテルヨシノ プリュス

    グリーンピース本来の豆の味わいが楽しめる
    エストラゴンとグリーンピースのハードパン

    2014年10月にオープンしたこちらのブーランジェリーは、フランス料理界の巨匠、吉野建シェフのレストラン併設のお店。バゲットなど料理を引き立てるテーブルパンが得意で、店内には常時40種以上。おすすめは、レストランで提供するグリーンピーススープから発想を得た1品。バゲット生地に、ヨモギの一種であるエストラゴンの甘く柔らかな香りを効かせたグリーンピースのピューレを混ぜ込み、フレッシュな豆を練り込んで焼き上げたハード系のパン。旬のグリーンピースをシンプルに楽しめて、豆好きの人にはたまらない!

    かみ締めると、グリーンピース本来のほっくりした食感や甘さが口いっぱいに。「プチポワ」(194円)は2月23日(月)から3月31日(火)まで限定発売

    ブーランジェリー タテルヨシノ プリュス
  • サクサク×甘酸っぱさがクセになる
    フルーツを使った春のスイーツパンにも注目

  • ジョエル・ロブション

    ジョエル・ロブション

    真っ赤なイチゴがふんだんに盛り付けられた「苺とリュバーブのデニッシュ」(356円)は、「ロブション」らしい華やかな一品。デニッシュ生地の上にカスタードクリームととちおとめをトッピング。酸味のあるリュバーブのジャムが加わることで、よりふくよかな甘みを感じられる。4月下旬までの限定発売

    メゾンカイザー

    メゾンカイザー

    デニッシュパンが評判の「メゾンカイザー」では、甘酸っぱい甘夏みかんを主役にした「デニッシュ・みかん」(357円)を。カスタードになんとクリームチーズをミックスして作る極上の特製クリームにフレッシュな甘夏みかんがのっていて、ほお張ると、甘くてジューシーな果汁が口いっぱいに。販売は3月1日~4月30日の限定発売

  • PAUL

    PAUL

    もっちりボリュームのある「PAUL」のクロワッサンに春限定のフレーバーが登場。パッションフルーツ風味のシュガーがトッピングされた見た目もかわいいクロワッサン(324円)で、アーモンドクリームが巻き込まれていて優しい甘さのトリコに。ほか、フランボワーズ、ココナッツのフレーバーも。3月1日(日)〜5月6日(水)まで限定発売

    ゴントラン シェリエ

    ゴントラン シェリエ 東京

    ザックリとしたデニッシュ生地に、なめらかな口当たりのクリームチーズが厚めに塗られ、イチゴ、ラズベリー、ブルーベリーがトッピングされた「3種のベリーのデニッシュ」(310円)。イチゴの甘みやラズベリーの爽やかな酸味と濃厚なクリームチーズが絡み合い、デザート感覚で味わえる。4月下旬までの発売予定

Let’s try the trend
  • ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション

    • 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ヒルサイド 2F
    • 03-5772-7507
    • 営業時間/10:00~21:00
    • 定休日/不定休(施設に準ずる)
    • アクセス/東京メトロ日比谷線ほか「六本木駅」コンコース直結
  • メゾンカイザー 高輪本店

    • 東京都港区高輪1-4-21
    • 03-5420-9683
    • 営業時間/8:00~20:00
    • 定休日/無休
    • アクセス/東京メトロ南北線「白金高輪駅」より徒歩2分
  • ゴントラン シェリエ日本橋店

    • 東京都中央区日本橋室町1-5-5 コレド室町3 B1F
    • 03-3277-6022
    • 営業時間/7:30~21:00、土日祝9:00~
    • 定休日/不定休
    • アクセス/東京メトロ銀座線ほか「三越前駅」直結
  • ブーランジェリー タテルヨシノ プリュス

    • 東京都港区東新橋1-7-1 パークホテル東京 1F
    • 03-6252-1126
    • 営業時間/9:00~18:00
    • 定休日/土日祝
    • アクセス/ゆりかもめ・都営大江戸線「汐留駅」よりすぐ
  • PAUL 神楽坂店

    • 東京都新宿区神楽坂5-1-4 神楽坂テラス 1F
    • 03-6280-7723
    • 営業時間/10:00~21:00
    • 定休日/無休
    • アクセス/JRほか「飯田橋駅」より徒歩7分

撮影/三浦一仁 取材・文/沼田佳乃

向上アンケートdeプレゼント

OL生活向上委員会で当てよう10のプレゼント

INFORMATION

MOBILE

OZmallmobile
『OZ』の厳選情報を詰め込んだ携帯サイト(会員無料/通信費別途)

ページTOP
  1. オズモールTOP >
  2. ブーランジェリーの春野菜パンを召し上がれ
シェアする twitter|facebook|mixi