スタイリストブックで、毎日のおしゃれに魔法をかけて


  1. オズモールTOP >
  2. スタイリストブックで、毎日のおしゃれに魔法をかけて

東京女子ナビ

東京女子のホンネとトレンドをナビゲーション

Trend Recommend

めざすのは、“ハッピーになるおしゃれ”!
人気スタイリストのルールブックに学ぶ

最近おしゃれがマンネリ気味かも。スポーティや大人カジュアルとか、もっとファッションを謳歌したいのに、気付けば無難なコンサバにまとまりがち・・・。そんな女子に必見なのが近頃ブームの“スタイリスト本”! 一冊の中に、ファッション誌で活躍するスタイリストたちのファッションに対するセオリーが詰まっていて、リアルに役立つヒントが満載。どんなアイテムを買うべき?や、こなれ感の出し方や体型をカバーする技などのHOW TOがマスターできたり、ライフスタイルが丸ごと参考にできたりするものも。そんな注目のスタイリスト本から編集部おすすめの5冊を厳選。好みの一冊を見つけて、楽しくセンスを磨こう!

めざすのは、“ハッピーになるおしゃれ”!人気スタイリストのルールブックに学ぶ
Trend Report

ファッション界で活躍するスタイリストの“ルールブック本”が続々登場!
基本ルールから、ワードローブの揃え方や、小柄向けの人の着こなしテクも

  • おしゃれの基本を一から学ぶ!大人女子のためのファッション教本

    大草直子のStyling Book

    大草直子(おおくさなおこ)さん。エディター&ファッションスタイリスト。シンプルなのに飽きのこない上質なスタイリングが人気。数々のファッション誌の編集やスタイリングのほか、アパレルブランドとのコラボレーション商品の企画など幅広いジャンルで活躍中。著書に『大人のおしゃれ練習帖 理論派スタイリストが伝授』(講談社+α文庫)、『大草直子のStyling Book』(ワニブックス)など。また、1月20日に、編集長を務めるウェブマガジン、mi-molletがオープン

    おしゃれが苦手・・・という人にぜひ読んで欲しいのが、大草直子さんの新刊『「明日の服」に迷うあなたへ』(産業編集センター)。タイトルの通り、“何を着たらいいか分からない”というおしゃれ難民に、“おしゃれとは何か”“自分なりのルールを持つ大切さ”を指南。バランスの重要性や、似合う色、ワードローブの揃え方など、為になるおしゃれのテクニックが全145ページにたっぷり。“垢抜けるには?”“セールで買うべきアイテムは?”などお悩みQ&Aも。この一冊との出会いで、おしゃれを積極的に楽しめるようになるかも!?

  • 甘さとハンサムの絶妙なさじ加減の虜!
    今すぐ真似たくなるスタイリングが満載

    なんだかおしゃれにこなれて見える!そんな一歩先をゆくおしゃれに挑戦したければ、『AneCan』の敏腕スタイリスト亀恭子さんの『TOKYO NEW STANDARD』(小学館)を。AneCan誌面での連載で人気の高かったコーディネートを中心に、撮り下ろしのスタイリングビジュアルカットも盛り込まれた亀流スタイルのセオリーが詰まった集大成。“シンプルリッチ”“ハンサムフェミニン”など5つのスタイルの提案から、定番アイテムのマンネリにならない着こなし術や私服SNAPも。モデルとして誌面を飾る蛯原友里さんのかわいさにも胸キュン!

    亀恭子さん。スタイリスト。ベーシックなスタイルにトレンドを効かせた女らしいスタイリングが同世代の女子から圧倒的支持を集める。TVやラジオへの出演など幅広く活躍中

    TOKYO NEW STANDARD
  • 身長152cmのスタイリストが伝授!
    小柄でもおしゃれに見える着こなしテク

    背が低いから似合わない服が多いと思っている人は、身長152センチと小柄なスタイリスト、安藤眞理さんの着こなし術やアレンジテクニックが詰まった『安藤眞理の小柄な大人のStyle Book』(宝島社)が参考になるはず。自らの経験から生み出した、体型をカバーするためのファッションルールを大公開。アイテムの選び方やスタイルがよく見えるコーデのポイントなどを、安藤眞理さん自身がモデルになって分かりやすく解説。足もとコーデや巻き物、アクセサリーなどの小物使いの法則など、スタイルアップの秘訣が盛りだくさん!

    安藤眞理さん。スタイリスト。女性ファッション誌を中心に、都会的で洗練されたスタイルを提案。身長152cmという小柄な体型を感じさせない私服コーデにもファン多数

    安藤眞理の小柄な大人のStyle Book
  • スタイリストのライフスタイルにまでフューチャー
    “キレイの秘密”が満載で、読むだけで美人になれそう♪

    TOKYO LADY STYLE

    大人になってもやっぱり“かわいい”が好き!という女子には、『AneCan』で活躍する入江未悠さん初のスタイリスト本『TOKYO LADY STYLE』(小学館)がおすすめ。上品でかわいい着こなしに定評がある入江さんのセンスが凝縮。“ふつうの女の子が幸せになるおしゃれって?”をキーワードに、大人かわいい着こなしのためのアイテム選びや、トレンドより重要な“季節感”の出し方、心ときめくお手本コーデ、さらにインテリアや行きつけのサロンなど美容のことまで盛りだくさん。家族や愛犬との関係にも触れられていて、幸せな気分になれる。

    Lady in Red

    センスがいい人は、おしゃれなだけじゃなくて心の持ち方からステキ! そう思わせてくれるのが、梨花さんや長谷川潤さんなど人気モデルから信頼の厚いスタイリスト風間ゆみえさんのセンスブック『Lady in Red』(扶桑社)。“女であること”をテーマに、“デニムの相棒”や“欠点に宿る女の愛らしさ”“複雑であることが私の個性”など、ファッションから生き方まで、美的センスのベースとなっている88のセンテンスが自身の言葉で綴られていて、本を開くたびにトキメキや刺激がもらえちゃう。おしゃれなライフスタイルをかなえる、バイブル的一冊に。

Let’s try the trend

撮影/三浦一仁 文/沼田佳乃

向上アンケートdeプレゼント

OL生活向上委員会で当てよう10のプレゼント

INFORMATION

MOBILE

OZmallmobile
『OZ』の厳選情報を詰め込んだ携帯サイト(会員無料/通信費別途)

ページTOP
  1. オズモールTOP >
  2. スタイリストブックで、毎日のおしゃれに魔法をかけて
シェアする twitter|facebook|mixi