1. オズモールTOP >
  2. 東京女子のお仕事あるあるリサーチvol.06

東京女子ナビ

東京女子のホンネとトレンドをナビゲーション

東京女子のお仕事あるあるリサーチvol.06

東京女子のお仕事あるあるリサーチvol.06

忙しすぎてもヒマすぎても困っちゃう。仕事するにも適量が大切

1133画像

お仕事あるあるリサーチvol.06
自分にとって仕事の適正量って?

1日のうち、多くの割合で過ごすことになる仕事の時間。忙しすぎて仕事ばかりになってしまうのも、仕事のやりがいがないのも困りもの。アンケートによると自分にとっての今の仕事量は「適正」と答えた人が半数近く、「多い」「少ない」はさらにその半数ずつくらいという結果に。「やりがいがあるので忙しくてもOK。仕事自体はストレスになりません」というバリバリな人もいれば、「仕事がなさすぎてネットサーフィンばかり。終業までの時間が苦痛」という人もいて、そこは職場環境によってさまざま。できる人に仕事が集中してしまう傾向や、正社員と非正社員の仕事内容と給料のバランス崩れが起きているところもあり、社内で不満や格差が起きている場合もありそう。

お仕事リサーチバックナンバー

1133画像

自分の仕事量は多い?少ない?
感じ方や働き方も人それぞれ

【仕事量は適正です】
◆自分のキャパが分かってきていることで、上司にも相談できる。現在の業務を行うにあたっても、どのようにしていきたいか面談等で話すことができ働きやすい環境です(さゆりーぬさん/事務)
◆あまり残業をしたくない、残業代もいらないので、勤務過多になりそうな場合には極力引き受けない。ただ業務上仕方ない場合(人手が足りない場合など)のみ引き受けます(きゃんさん/SE)
◆あまりに多かったので減らしていただきました。体調も崩してしまったので・・・その分、資格をとるための勉強をしています(harezukiさん/貿易事務)
◆仕事の速さを買ってくれています。何かと頼まれごとをするのが嬉しいです(ふじこさん/セラピスト)
【正直、物足りない】
◆残業が少なく、給料も基本給のみなので全然足りません。実家を出なくてはいけなくなったら、途方にくれそうです(mari/サービス・事務)
◆以前は専門職だったけど、今は誰でもできる仕事だからつまらない(アモさん/商社・営業事務)
◆3年たつと、毎年同じことのくりかえし(みつこさん/事務)
◆先輩も上司もいい人ですが、仕事に対するバイタリティがあまりなく、もっと幅広い業務に携われる職場で成長したいと感じます(まりこさん/PR)
◆リーマンショック以降売り上げが落ちて、残業続きだったのがまったく残業しなくてよくなったので、プライベートが充実した(アロハシノさん/メーカー営業)
【仕事が多すぎる!】
◆仕事というよりも、不仲な上司同士の仲裁や橋渡しなど、無駄なことに時間がかかる。そのくせ効率考えて、とかふざけてんのか!と思う(こばおさん/メーカー・営業事務)
◆朝8時から働いているのに夜9時になっても帰れないのは異常(ひよさん/教育)
◆要領が悪いせいかいつも残業してます。キャパオーバーでだいたいテンパっています(ぐでこさん/メーカー)
◆人が慢性的に足りておらず、非正規雇用の人を大量に雇って補っているところがあるので、結局正規の人の負担が増えるばかり。1泊4日の弾丸海外出張が1週間前に突然決まったりする(つばささん/公務員)
◆正社員の女性は暇をもてあましてネットばかり見たり、おしゃべりや買い物に出かけています。逆に派遣や契約社員に面倒な仕事等与えて給料や対応は雲泥の差(JUNさん/運輸・事務)

1133画像

女性が企業で快適に働くために
知っておきたいキーワードとは?

「仕事が少ない=給料も少ない、もっとやりがいが欲しい!」という不満を持っていたり、「育休明けに仕事量を減らしてくれて助かっている」と会社に感謝していたり、ライフスタイルによっても適正量は変わってくるもの。また、同じ仕事量なのにテキパキできる人とノロノロやる人では適正量の感じ方も違うはず。さらに、プライベート重視の人にとって仕事は単なるお金の手段だったり、逆にお金は二の次で仕事自体に生きがいを感じていたり・・・。特に働く女性にとっては、仕事に対する考え方自体も千差万別なのかも。そこで知っておきたいのが「ワークライフバランス」や「産休・育休制度」のこと。知っているようで知らない、便利なキーワードをまずはチェック!

働く女性が知っておきたいキーワード

1133画像

理想の職場を見つけた! 
イキイキ働く女性のインタビュー

モテ女子の共通項といえば「笑顔」。キラキラ輝く笑顔は、職場だけでなく、初対面だって男性たちの心をズキュンと射止めるもの! 1日のほとんどを過ごす会社にいるときにずっと笑顔でいられる仕事なら、きっと毎日がもっと楽しいものに。そんな素敵な毎日を過ごすために、転職という道を選ぶ女性も多いのだとか。たとえば「好きなこと」を仕事にすると考えるのもひとつの手。未経験だけど勉強になる毎日を過ごしているという、先輩転職者の声を参考にしてみて!

転職サクセスストーリー一覧

1133画像

理想の自分に近づくために
思い切って転職を考えてみる?

「好きなことを仕事にできたら」と憧れるなら、それを実現するための一歩を踏み出してみよう。好きな業界ややりたい職種で調べるのもいいし、「ワークライフバランスを大切にしたい」「転勤なし」「フレックス」というような希望するライフスタイルで探すのも最近のトレンド。ほかにも「語学を生かしたい」「キャリアアップしたい」「未経験からチャレンジしたい」なども人気のキーワードなのだそう。まずはお仕事情報をチェックしてみて!

女性のお仕事情報を検索

東京女子のお仕事あるあるリサーチvol.06女性のお仕事タイプ1
原則定時退社

女性のお仕事タイプ1
原則定時退社

無理なく働けてプライベートを大切にしたい人にぴったりのお仕事が見つかるかも。

「原則定時退社」のお仕事を検索

東京女子のお仕事あるあるリサーチvol.06女性のお仕事タイプ2
残業月30時間以内

女性のお仕事タイプ2
残業月30時間以内

プライベート重視の人も事務・経理・総務・秘書など幅広い職種からお仕事が選べる。

「残業月30時間以内」のお仕事を検索

東京女子のお仕事あるあるリサーチvol.06女性のお仕事タイプ3
完全週休2日制

女性のお仕事タイプ3
完全週休2日制

ワークライフバランスを大切にしたい女性のためのお仕事が多数。

「完全週休2日制」のお仕事を検索

東京女子のお仕事あるあるリサーチvol.06お仕事検索
女性向けのお仕事一覧

お仕事検索
女性向けのお仕事一覧

女性のための豊富な選択肢から、自分にぴったりのお仕事をチョイスして。

「女性向けのお仕事一覧」を検索

ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi

TOP