マロニエゲート銀座

東急ハンズ銀座店も入る「マロニエゲート銀座1」と、プランタン銀座から生まれ変わった「マロニエゲート銀座2&3」からなる「マロニエゲート銀座」。有楽町方面から銀座をめざすときの入り口に位置し、働く女性のためのアイテムはもちろん、メンズや雑貨、レストランも充実。マロニエゲート銀座で働くスタッフの方々に、ふだんあまり語られることのない「マロニエゲート銀座」の魅力について教えていただきました!

更新日:2017/10/05

スタッフに聞きました!マロニエゲート銀座の知られざる魅力

【TIPS01】銀座の街並みや夜景を眺めながら、心地よいおもてなしを満喫できる

白石一成さん
白石一成さん/マロニエゲート銀座1「銀座しゃぶ通 好の笹」店長

マロニエゲート銀座1の12階に構える「銀座しゃぶ通 好の笹」は、和モダンの落ち着いた空間が魅力。銀座の街を見下ろしながら、こだわりの厳選素材を使ったしゃぶしゃぶが味わえる。また、野菜をたっぷりいただけるヘルシーな蒸ししゃぶも人気メニューのひとつ。

「当店ではフルサービスを徹底しています」と語るのは、白石店長。料理の説明のあと、料理のベストタイミングでの取り分け、食べ方にいたるまで丁寧な接客でもてなしてくれる。お客さんとの会話で好みを伺いながら、くつろげる雰囲気作りを心がけているのだとか。取材中も細やかな気配りを欠かさず、白石店長の接客を楽しみに通うお客様の笑顔が印象的だ。

極上のおもてなしにおいしいお料理、さらに銀座の夜景も一望できて、特別な時間を過ごせそう!

白石店長おすすめの食べ方

蒸しせいろ

特製のせいろでたっぷりの野菜と厳選した豚肉を蒸した、蒸し豚しゃぶコース4200円(別途サービス料)が女性に好評。鹿児島県六白黒豚ロースや山形県杜仲高麗豚ロースなど3種類のお肉を食べ比べできるのが嬉しい。

本日の野菜15品の盛り合わせ、稲庭うどんに甘味も付いてボリュームも満点。「23種のスパイスを配合した胡麻ダレが人気ですが、個人的にはローズソルトと万能ネギで頂くのがおすすめです。ふっくらとした食感とお肉本来のうまみが堪能できますよ」と白石店長。夜は、イチオシの福島産の日本酒「寫楽」と共に味わって。

【TIPS02】女性の目線に立ったインテリアやメニューにワクワク

毛受(めんじょ)美穂さん さん
毛受(めんじょ)美穂さん/マロニエゲート銀座1「サンデーブランチ」店長

フレッシュな季節の野菜やフルーツをふんだんに使ったフードメニューやスイーツが女性を虜にする「サンデーブランチ」。白とナチュラル素材を基調とした店内は、マロニエゲート銀座1の癒しスポットとしても人気だ。

「女性目線でどんなサービスやメニューが喜ばれるか、どんな空間が居心地よいかなどを心掛けています」と毛受店長。

その姿勢は徹底していて、例えばお冷は、レモンとオレンジとミントで作ったデトックスウォーターを提供。また、お土産用の旬のフルーツを使ったゼリーも、食べ終わった後の容器がアクセサリー入れとして活用できるなど、細部にわたるまで女性好みに作りこまれている。

ちなみに毛受店長のおすすめは、アボカド&小海老のサラダ&フレンチトースト1490円。新鮮な卵や北海道産の牛乳を使い、250℃のオーブンでカリッ、フワッと焼きあげたフレンチトーストとサラダ、さらにパンプキンスープも付いてボリュームも栄養も満点。ほかにも季節限定のフードメニューやケーキも登場するので、こまめにチェックして!

「サンデーブランチ」スタッフのイチオシのお店

クラフトビールタップ シノワ

「サンデーブランチ」の女性スタッフも仕事終わりに立ち寄りたくなる、マロニエゲート銀座1・11階の「クラフトビールタップ シノワ」。「先日のマロニエゲートのフェアで登場した桃のビールは、スタッフの間でも話題になりました」と毛受店長。直輸入樽生ビール13種類をはじめ、世界各国のビール80種類以上から選べる楽しさも魅力。

本日は、期間限定のドイツ産のオクトーバーフェストビール950円~と、定番人気のパイクIPA800円~をセレクト。

【TIPS03】新・待ち合わせスポットの「ハナドケイ」から最新トレンドがわかる

藤原さん
藤原直美さん/マロニエゲート銀座2&3 クリエイティブディレクター

マロニエゲート銀座2&3 クリエイティブディレクターの藤原直美さんは、看板、ディスプレイ、商品陳列からラッピングにいたるまで、館内のビジュアルのトータルディレクションを担当。

ビジュアルのイメージを決めるときは、まずパリ・ミラノなど世界のコレクションから来シーズンのトレンドをチェック。その後、例えばこの秋ならチェック柄やオレンジやマスタードカラーなど、マロニエゲート銀座2の客層に合ったキーワードを選定し、館内全体の装飾を作り上げていくのだそう。

マロニエゲート銀座2に入館してすぐ、待ち合わせスポットとしても人気の「ハナドケイ」(写真)も藤原さんがプロデュース。マロニエゲート銀座2に出かけたら、まず「ハナドケイ」のお花の色や装飾から今シーズンのトレンドをチェックして、買い物を楽しむのもおすすめ。

「そのトレンドをどう取り入れるか、という具体例も提案しています。最近では、秋のおすすめアイテムの横に、ストールを使ったサッシュベルトの巻き方をイラストでわかりやすく解説してみたところとても好評でした」

クリスマスシーズンの装飾も力をいれているそう。正面口は、アーティストによるガラスのオーナメントを使用したツリーとリースで飾られ、夕方以降はイラストのアイテムが動き出す仕掛けになっているので注目して!

藤原さんのお気に入りスポット

alt

藤原さんのお気に入りスポットのひとつが、マロニエゲート銀座2の地下1階のシューズ売り場。ほかの人に気兼ねなく、ゆっくりと靴を選べるよう、中央にドーナツ型のソファーを配置。背もたれがある心遣いも嬉しい。

また、背面にはランプやツリーが置かれたりなど、定期的にディスプレイをチェンジ。靴売り場に足を運んだときは、シーズン感のある装飾もチェックしてみて。

【TIPS04】スタッフと横並びで会話ができるカウンタースタイルで、緊張感なく買い物が楽しめる

君埼さん
君崎陽子さん/マロニエゲート銀座2&3 マネージャー

「20代から40代まで、幅広い年齢層に求められるラインナップを心がけています」と語るのは、ストアコンセプトの設定やテナントの誘致、運営などを担当する君崎陽子さん。ふだんから都内近郊の百貨店や商業施設を回り、トレンド色が強かったり、勢いの感じられるブランドをチェック。テナントをアテンドする際には、トータルコーディネートできるディスプレイをアドバイスするなど、等身大の客層を意識した店づくりを大切にしている。また、1階の化粧品コーナーはブランドやアイテム数も増え、女性に嬉しいラインナップが揃う。

「お客様が自由に選んだり、試したりできるように、コスメカウンターは、対面式ではなく、横並びで接客できるスタイルにしました(写真左)。また、高級ブランドのクレ・ド・ポーでは、好みのカラーをシミュレーションできるアイパッドを導入するなど、新しいメイクを気軽に試せる機会を作っています」

新しい化粧品をちょっとだけ試してみたい、でもコスメカウンターで試すのは緊張する・・・そんなお悩みを解消してくれる工夫が満載だから、リラックスして買い物を楽しめそう。

君崎さんイチオシのお店

サブカット

美と健康に関心が高い君崎さんもおすすめなのが、マロニエゲート銀座2の地下2階にあるサプリメント専門店「ヘルシーワン」。全スタッフが栄養士の資格を持っているので、肌や体の悩みを気軽に相談できるのがポイント。

写真は、夏の肌の疲れを解消するために君崎さんが愛用ししている、ワンズ・ラブストーリー リフトプラス(3箱セット)24840円とワンズ・プロテクト ビューティ(120カプセル)17712円。

Reservation

24時間WEB予約OK!編集部が女性目線で厳選

Data & Access

#

■住所
マロニエゲート銀座1/東京都中央区銀座2-2-14 
マロニエゲート銀座2&3/東京都中央区銀座3-2-1
■営業時間
マロニエゲート銀座1/ショッピング11:00~21:00 レストランは~23:00
マロニエゲート銀座2&3/11:00~21:00
■定休日
不定休
■アクセス
東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」4番出口より徒歩2分、JR山手線・京浜東北線「有楽町駅」中央口より徒歩4分、東京メトロ丸の内線・銀座線・日比谷線「銀座駅」C9出口より徒歩2分

女性に嬉しいサービスをチェック!

・パウダーコーナー ※座席あり(マロニエゲート銀座2/3F ドレッサールーム)
・フィッティングルーム(マロニエゲート銀座2/3F ドレッサールーム、2F 化粧室)
・ロッカー(マロニエゲート銀座2/1F 数寄屋橋口)
・ベビーカーの貸し出し(マロニエゲート銀座2/1F インフォメーション)
・ベビー休憩室 ※授乳室、オムツ交換室あり(マロニエゲート銀座2/4F ベビールーム)

WRITING/NAOMI TERAKAWA、MAKIKO YANAGI PHOTO/NORIKO YONEYAMA、AYA MORIMOTO

TOP