とろ~りチョコレートが流れるフォンダンショコラも!上質なBean to Barチョコレートを使ったスイーツスタンドが登場

HI-CACAO CHOCOLATE STAND メインイメージ

Bean to Bar(ビーントゥバー)チョコレートといえば、Bean(カカオ豆)からBar(チョコレートバー・板チョコ)までを一貫して手作業で行うチョコレートのこと。このBean to Bar ブームの火付け役であるサンフランシスコ発の「ダンデライオン・チョコレート」の素材を使った、至福のスイーツが味わえるチョコレートスタンドが誕生する。街角で、上質なBean to Bar を気軽に楽しもう。

更新日:2018/01/24

HI-CACAO CHOCOLATE STAND メインイメージ2

期間限定・表参道キオスクと旗艦店・代官山店がそれぞれオープン

Bean to Bar チョコレートをアレンジしたチョコレートスタンド「HI-CACAO CHOCOLATE STAND(ハイ カカオ チョコレートスタンド)」が登場するのは、表参道と代官山の2ヵ所。2018年1月18日(木)から2月4日(日)までの期間限定で、表参道の交差点前に「表参道KIOSK(キオスク)」が展開した後、2月8日(木)から旗艦店として「代官山店」がオープン。

テイクアウトやギフトのアイテムが充実した期間限定の「表参道キオスク」は、駅を出てすぐだから、ちょっとしたギフトやお土産を選ぶのにも最適。もちろん、頑張った自分へのごほうびとして、イートインでひとくちサイズのチョコレートやドリンクを気軽にいただくのもいい。

HI-CACAO CHOCOLATE STAND フォンダンショコラ
「フォンダンショコラ」(オリジナル・マンゴー・フランボワーズ)各486円 ※イートイン用

濃厚でも甘すぎず後味スッキリ!とろけだすチョコはムービー映えも

素材となるチョコレートは、手作業で丁寧に作られたシングルオリジンのチョコレートの中から、メニューに合わせてカカオの産地を選定。濃厚な味わいなのに甘すぎず、すっきりした後味が心地よい。

写真は、「フォンダンショコラ」(各486円)で、外はサクサク、中はしっとりとした食感が特徴。イートインではオーダーを受けてからオーブンで焼き上げるそうで、中からフレッシュでジューシーなグアテマラ産カカオのチョコレートがとろけ出す様子は、思わずムービーでおさえたくなるかも。

HI-CACAO CHOCOLATE STAND 「チョコカヌレフォンダン」
「チョコカヌレフォンダン」各194円

5種類のフレーバーで楽しめる1口サイズのチョコカヌレフォンダン

このフォンダンショコラを1口サイズにしてカヌレ型で焼き上げた写真の「チョコカヌレフォンダン」(各194円)も、グアテマラ産のチョコレートを使用。季節によって変化するフレーバーは5種類あり、今回はオリジナルソースのほか、マンゴー&パッション、ラズベリー、チャイ、ライムがラインナップ。チョコレートとのおいしいコンビネーションを、好きなフレーバーで楽しめる。

どのチョコレートスイーツも、食感や温度差による味わいの違い、甘さと塩味のバランスなどを十分に考えて作られているけれど、上質なチョコを気軽に味わってほしいというのがアレンジの基本になっているそう。

HI-CACAO CHOCOLATE STAND バタースコッチカカオサンド
「バタースコッチカカオサンド」(プレーン、ベリー)410円~ ※テイクアウト用

バタースコッチの甘さと塩味をアクセントに、カカオの風味を満喫

カリカリに焼き上げたクイニーアマン生地にカカオのカスタードを挟んだ「バタースコッチカカオサンド」(テイクアウト410円~、イートイン764円)も、カカオの風味を満喫できる一品。テイクアウトもイートインも、プレーンとベリーの2種類で展開する。

テイクアウト用は、バターとブラウンシュガーを合わせた“バタースコッチ”で塩味と甘さのアクセントをつけ、ワンハンドでいただけるように。また、イートインでは、フレッシュフルーツをトッピングするプレートスタイルで提供され、バタースコッチやキャラメリゼした香ばしい甘さのカカオニブ(カカオ豆を砕いてフレーク状にしたもの)が添えられる。

HI-CACAO CHOCOLATE STAND カカオシナモンバンズ
「カカオシナモンバンズ」(プレーン、オレンジ)237円~

スパイスの効いたバンズも登場!チョコの香りに包まれるひとときを

ローストしたナッツ系の香りが特徴のエクアドル産チョコレートとスパイスをバンズの生地に加えた「カカオシナモンバンズ」(237円~)は、プレーンとオレンジの2種類。外はサクサク・中はしっとりという食感のコントラストを、シナモンの香りとともに味わって。

これらのチョコレートスイーツのほかに、ホットチョコレートやホットチョコレートチャイ、ホットコーヒー、ラテ、ティーなどもあるので、チョコレートの香りに包まれた休憩スポットとして活用したい。

「表参道キオスク2Fのギャラリースペースではストリートで人気のペイントアーティストの個展(期間限定)も開催され、ドリンクをもってご覧いただくこともできますよ」と、広報担当者さん。高品質のチョコレートを気軽に楽しみながら、アート鑑賞もできるというわけ。バレンタインのギフトはもちろんだけど、この冬話題になりそうなチョコレートスタンドは、それだけじゃもったいない!

上質なチョコレートスタンドが代官山に登場。オープン前に体験できる「トレンド体験」に24名様をご招待

Bean to Bar チョコレートをアレンジしたチョコレートスタンド「HI-CACAO CHOCOLATE STAND(ハイ カカオ チョコレートスタンド)」。間違いなく話題になるこのお店がオープンする前日2018年2月7日(水)に、OZmall読者だけのトレンド体験イベントを実施します。まだオープンしていないお店に誰よりも早く入って、ブランドのこだわりを直接聞きながら、上質なチョコレートをカジュアルに味わえるスイーツをいただく。短い時間ではあるものの、そんな特別なひとときとなるはず。

HI-CACAO CHOCOLATE STAND 外観パース

HI-CACAO CHOCOLATE STAND

スポット名
HI-CACAO CHOCOLATE STAND 代官山店
電話番号
07031046686 07031046686
住所
東京都渋谷区代官山町20-23 TENOHA代官山&NEXT 1F Map
営業時間
11:00~20:00(L.O.19:30)
定休日
不定休
交通アクセス
東急東横線「代官山駅」正面口より徒歩3分
<期間限定スポット>
HI-CACAO CHOCOLATE STAND 表参道KIOSK
住所
港区北青山3-5-25 1F
開催期間
2018年1月18日(木)~2月4日(日)
営業時間
11:00~20:00(L.O.19:30)
アクセス
東京メトロ銀座線ほか「表参道駅」A3出口すぐ
定休日
不定休
ホームページ
HI-CACAO CHOCOLATE STAND

WRITING/NAOKO YOSHIDA (はちどり)

  • LINEで送る