韓国で大人気のスイーツ・オムレットも登場!日本初上陸のカフェ「ル・ブレッドラボ」オープン

ル・ブレッドラボ イメージ画像

2018年4月27日(金)、町田ジョルナ2階にオープンしたオムレット・スイーツカフェ「LE BREAD LAB(ル・ブレッドラボ)」。日本第1号店となるこちらでは、いま韓国で大人気のスイーツ・オムレットをメインに、おいしくてかわいらしいスイーツが揃う。韓国では設立からわずか半年で大反響を呼び、すでに30店舗以上も展開している話題のブランド。韓流のキュートな人気スイーツを、ぜひ味わって。

更新日:2018/05/16

ル・ブレッドラボ イチゴオムレット
「イチゴ オムレット」4個637円、12個1609円、24個2678円

おいしくてかわいらしいオムレットはお土産でも大人気

ル・ブレッドラボは「テイスト(味わい)」と「ハイ・クオリティ(高品質)」と「グッドプライス(適正価格)」をコンセプトにした、おいしくてかわいらしいスイーツがテーマとか。つまり味も見た目もよくてコストパフォーマンスの高いスイーツがいっぱいだから、人気も上々というわけ。

代表的なアイテムはオムレットで、イチゴや抹茶など全6種類がラインナップ。こちらは、オムレツをイメージした生地にホイップクリームをたっぷりサンドして、フルーツやトッピングを加えたスイーツ。それぞれに4個入り、12個入り、24個入りの3つのサイズがあり、ベビーピンクの箱に詰められたオムレットはお土産として韓国でも大人気に。

人気№1は、採りたての新鮮なイチゴを生クリームでサンドした「イチゴ オムレット」。このかわいらしさは間違いなく、喜ばれそう!

ル・ブレッドラボ 抹茶 オムレット
「抹茶 オムレット」4個486円、12個1296円、24個2376円

チョコレートクリームでイチゴをサンドした「チョコイチゴ オムレット」も。また、チョコレート好きには2種類のチョコクリームを使った「チョコオムレット」がおすすめ。

このほか、生地とクリームに抹茶を組み合わせた「抹茶 オムレット」や、きな粉をふんだんに使った「きなこオムレット」、コーヒーの香りが人気の「モカ オムレット」など、いろいろなフレーバーが楽しめる。

ル・ブレッドラボ ボトルラテ
左/「イチゴヨーグルトラテ」756円 中央/「17穀物ラテ」756円 右/「イチゴラテ」756円

韓国でも人気のおしゃれなボトルラッテなど、ドリンクも充実

かわいらしいスイーツと一緒に飲みたいドリンクも、それぞれにおいしくてグッドルッキング。例えば、おしゃれなボトルに入った「ボトルラッテ」は3種類。甘酸っぱい「イチゴヨーグルトラテ」、ヘルシーな「17穀物ラテ」、ほどよい甘さの「イチゴラテ」と、どれも新鮮な牛乳にフルーツなどを組み合わせている。フレッシュな果実の甘さとかわいいボトルは、韓国でも人気とか。

このほかに、抹茶・イチゴ・ライチ・マンゴーと4つの味が揃うタピオカのドリンク(486円~540円)や、グレープフルーツ・レモン・オレンジ・マンゴーとフルーツたっぷりのドリンク「エード」(432円~540円)もラインナップ。

ル・ブレッドラボ ソフトクリーム
「おいりソフトクリーム」432円 

日本の伝統菓子も!甘さにかわいらしさを添えたひんやりスイーツ

さらに、これからの季節にうれしいアイスクリームも登場。香川や愛媛などで嫁入りのお菓子として知られる伝統菓子「おいり」をトッピングした「おいりソフトクリーム」(432円)は、カラフルなビジュアルとミルクの甘さが幸せな気分を運んでくれそう。

このほか、やわらかいミルクソフトアイスクリームに抹茶の粉末をかけた「緑茶ソフトクリーム」(756円)は、見た目も爽やかで涼味あふれる味わい。

「スイーツはかわいくなければ」というブランドのこだわりが伝わる、日本初上陸のメニューたち。見て、食べて、韓国での人気の秘密を実感して。

ル・ブレッドラボ 内観イメージ

LE BREAD LAB(R)

電話番号
0362610432 0362610432
住所
東京都町田市原町田6-6-14 町田ジョルナ2F Map
営業時間
10:30~20:30
定休日
館内の定休日に準ずる
交通アクセス
JR「町田駅」中央改札口より徒歩2分、小田急線「町田駅」西口改札より徒歩5分

WRITING/NAOKO YOSHIDA (はちどり)

  • LINEで送る