地酒、ます寿司、伝統工芸品も!富山の魅力が詰まった「とやまWeek in東京2015」開催|ニュース

  1. オズモールTOP >
  2. OZネタ ラインナップ >
  3. 地酒、ます寿司、伝統工芸品も!富山の魅力が詰まった「とやまWeek in東京2015」開催|ニュース
OZニュース

【グルメ】 イベント

地酒、ます寿司、伝統工芸品も!富山の魅力が詰まった「とやまWeek in東京2015」開催

2015年2月28日(土)時計アイコン17:00コメント 101

地酒、ます寿司、伝統工芸品も!富山の魅力が詰まった「とやまWeek in東京2015」開催

北陸新幹線の開通を目前にし、今最も注目が集まっている富山県。新鮮な魚や地酒、そして薬などが有名だけど、これまでその魅力に触れる機会がなかったという人も多いのでは?

そんな人におすすめなのが、2015年3月2日(月)~8日(日)まで東京丸の内JPタワー「KITTE」で開催される「とやまWeek in東京2015」。富山の食や伝統文化などをまるごと楽しめるイベントだそう。

なかでも注目は、期間中、個数限定で販売される4種の「とやま満開弁当」。地元富山の新鮮な魚などをふんだんに使ったお弁当で、富山県出身の立川志の輔さん、室井滋さん、柴田理恵さん、剣幸さんがそれぞれプロデュースしたそう。例えば、立川志の輔さんの『新湊きっときと弁当』はシロエビ、ブリ、ベニズワイガニなど、富山湾に揚がる魚を存分に楽しめる。また、ホタルイカやシロエビ団子など海の幸を詰め込んだ『富山湾ごっつぉ弁当』は室井滋さんプロデュース。シロエビ団子はこのお弁当のための特注品で、特におすすめなのだとか。

「とやま満開マルシェ」では、富山のグルメや工芸品がずらり。ます寿司やかまぼこなどの郷土料理のほか、地元の名水とおいしいお米から作った地酒も23種揃う。ガラス工芸品や錫製品なども並ぶので、地酒とグラスをセットにしてお土産にするのも良さそう。

そのほか、1階のステージでは、三味線や胡弓の音に合わせて踊る「越中八尾おわら」や日本最古の民謡と言われる「こきりこ」などの伝統芸能も見ることができる。また、虹色の光沢が美しい「らでん」を使用したネイルアートやiPhoneケース、ネックレス作りなど、富山の伝統の技を楽しく体験できるコーナーも。

富山のグルメを堪能したり、伝統芸能を見たり、工芸品を選んだり、内容もりだくさんのこのイベント。友達や彼を誘って気軽に遊びに行ってみて。きっと新しい発見があるはず。

そのほかの「OZネタ」を見る
 OZmall ショッピングコート

PR

ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi

TOP