約100台の働くクルマが大集合!ゴールデンウィークは親子で楽しめる「ツインリンクもてぎ」へ

約100台の働くクルマが大集合!GWは親子で楽しめる「ツインリンクもてぎ」へ

世界的なレースが開催されるサーキットで知られるツインリンクもてぎは、子どもから大人まで楽しめるレジャースポット。ワイヤーを滑車で滑り降りるジップラインなどの森遊びができるハローウッズ、3歳から1人で運転できる乗り物が集まるモビパーク、キャンプやホテルなどが充実し1日満喫できる。GWに開催される「働くクルマ大集合」は、働く車が集合するイベントとしては、日本最大級。新登場の木登り型アスレチックも必見!

更新日:2018/04/26

乗車体験や実演も!GW限定の働くクルマイベント

GW限定イベント「働くクルマ大集合」では、2018年4月28日(土)から5月6日(日)の期間中、約100台の働くクルマが展示される。実際にどのように動くのかを見られる実演パフォーマンスも登場。なかでも、株式会社日立物流が誇る全長約17m、車幅約7mの超大型車両、多軸式ツイントレーラによるパフォーマンスは迫力満点! 普段は橋げたや発電機などを運ぶこの車両は走行パターンが7つもあり、真横や斜めに走ったり360度旋回したりする姿を見にぜひ訪れて。
また、トラックやショベルカーなど、展示されているクルマに乗車もできる貴重なチャンス。お気に入りの働くクルマと一緒に撮影して、記念の1枚を残そう。
そのほか、子供用の衣装を無料レンタルできるのも嬉しいポイント。ドライバースーツに身を包み、フォーミュラカーでレーシングドライバー気分を味わったり、郵便局員の格好をして配達気分を味わったり。5月5日(土)限定で、警察官や自衛官にも変身でき、子供たちも喜ぶこと間違いなし。

全39の難関を突破!木登り型アスレチックが新登場

2018年3月にオープンしたばかりの「森感覚(しんかんかく)アスレチック DOKIDOKI」は、高さ13m、地上5階建ての大型アトラクション。ドキドキの連続がおもしろい39のアスレチックはすべて、森をコンセプトに設計されているそう。木の根っこや幹を登り、大きな昆虫や植物のオブジェに出会うことで、遊びながらさまざまな森の営みを体感できるようになっている。体力が必要なクライムゾーンと勇気が試される空中ゾーンがあり、レギュラーコースのほかに難易度の高いチャレンジコースが出現。選んで進み、5階まで辿り着いてクリアしたらスライダーで一気に滑り降りてゴール! 達成感と爽快感にやみつきになるはず。

人気店のとちおとめジェラートを食べてひと休み

遊び疲れたら、敷地内にある「森のジェラテリア ROCCO」で休憩を。栃木県が誇る2つの人気ジェラート店の味を楽しめ、なかでも“プレミアムとちおとめジェラート”がいちおし。ひとつは、ジェラートマエストロコンテスト2017で優勝した「ジェラートマスモ」が手掛ける「ジェラートマスモプレミアム とちおとめジェラート」(シングル550円~)。とちおとめの果肉を贅沢に使用した、ミルクの甘みを感じる上品な味わいにうっとり。もうひとつは、大正9年創業の老舗養蜂園『黒田養蜂園』による「黒田養蜂園 プレミアム ハニーとちおとめソルベ」(シングル550円~)。素材本来の味をハチミツで引き立てた最高品質のとちおとめジェラートになっている。2種類を食べ比べするのも楽しい。そのほか、ツインリンクもてぎでしか味わえないフレーバーもあるので、ここだけの味を堪能して。

GWは、イベントやアクティビティ、グルメまで揃い大満足できる「ツインリンクもてぎ」に、家族みんなでお出かけしよう。

DATA

スポット名
ツインリンクもてぎ
電話番号
0285640001 0285640001 ツインリンクもてぎ 代表
住所
栃木県芳賀郡茂木町桧山120-1
営業時間
9:30~17:30 ※日によって異なるため、詳細は公式サイトを確認
交通アクセス
[車]常磐道 水戸北スマートICより約30分、水戸ICより約40分、北関東道 真岡ICより約50分、東北道宇都宮ICより約90分
入場料金
大人(高校生以上)1000円、子ども(小中学生)500円、幼児(3歳~未就学児)300円
働くクルマ大集合
開催期間:2018年4月28日(土)~5月6日(日)
時間:9:30~17:30 ※ツインリンクもてぎ営業時間に準じ、日によって異なる
開催場所:中央エントランス
※日にち限定で登場する車両あり
※多軸式ツイントレーラによる実演パフォーマンスの開催日は、4月28日(土)~30日(月)、5月3日(火)~5日(土)
森感覚アスレチックDOKIDOKI
利用料金:1回600円
場所:モビパーク ※小学生以上対象
備考
※内容は予告なく変更になる場合があります
※使用している写真はイメージです
ホームページ
ツインリンクもてぎ

【特集】2018年のゴールデンウィークは東京の青空の下で

5月1日(火)、2日(水)に休みをとれば、最大9連休になる今年のゴールデンウィークだけれど、国内旅行や海外旅行に行かずに、都内近郊でのんびり過ごす人も少なくないはず。せっかくのお休みなのに家にいるのはなんだかもったいない。東京の青空の下でいい1日を過ごせるおでかけをしてみませんか? そこで今回は、フォトジェニックなピクニックや手ぶらBBQスポット、花まつりほか、GWのイベントやおでかけスポットを紹介します。

WRITING/NOZOMI SUZUKI

  • LINEで送る