サンシャイン水族館に新たな仲間!?「もふもふ広場&イルミネーション」で〝もふっ″とした生き物たちに会いに行こう

池袋駅近くにあり、アシカのパフォーマンスやカワウソのグリーティングなどでも人気のサンシャイン水族館。天空のオアシスをコンセプトに、非日常空間として大人も楽しめる水族館として知られる。そんなサンシャイン水族館の屋上に、4月27日(金)~5月31日(木)の期間限定イベント「もふもふ広場&イルミネーション」が行われる。サンシャイン水族館の海の生き物たちに、この間だけ仲間入りする〝もふっ″とした生き物たちとは?

更新日:2018/05/01

かわいくて癒される〝もふっ″とした生き物たちを間近で見られるチャンス

期間限定で開催される「もふもふ広場&イルミネーション」。その名の通りアルパカやカピバラ、ウサギなどの〝もふっ″とした生き物たちを展示し、ふれあい体験(入場料300円)やエサやり体験(エサ代100円)もできる楽しいイベント。屋上という開放感あふれる空間で見る〝もふっ″とした生き物たちの何ともいえない姿は、見ているだけで癒されそう。ゴールデンウィークは営業時間も延長し、朝8時半から楽しめる。カピバラ、メンフクロウには触れることはできないが、メンフクロウはSNS映えしそうな記念撮影(1日3回実施、1回1200円)ができる。

トコトコ、ノソノソ、水族館内をお散歩する姿は見ているだけで癒される

4月27日(金)~5月6日(日)には、普段バックヤードで暮らしているミナミコアリクイの「タエ」(写真)や、リクガメたちのお散歩タイムが行われ、水族館内をお散歩するかわいい生き物たちを間近で見ることもできる。こちらもサンシャイン水族館の入場料金だけで楽しめるので、各日12時45分~13時15分のお散歩タイムには、水族館ウォッチングを一旦ストップして、かわいい姿をチェックしよう。お散歩中の写真撮影はOKなので、癒しの1枚を写すのも楽しい。

ナイトタイム限定の「もふもふ広場~イルミネーション~」では夜行性の生き物に会える

期間中18時半~21時にはサンシャイン水族館の入場料金のみで楽しめる「もふもふ広場~イルミネーション~」も。屋上が畜光石や光る椅子など、淡い光の演出が施された飲食可能エリアに変身。ハリネズミやアルマジロなど、夜になると元気に動き出す生き物たちの展示も行う。ふれあいはできないが、なかなか普段見ることが少ない生き物たちを間近で見られる。また、「カナロア カフェ」では、夜にぴったりな光る氷入りの「天空のペンギンカクテル」(540円)も販売。いつもとは違ったサンシャイン水族館を体験しに出かけてみては。

もふもふ広場&イルミネーション

イベント名
もふもふ広場&イルミネーション
開催場所
サンシャイン水族館(東京都豊島区東池袋3-1 サンシャインシティ ワールドインポートマートビル・屋上)
開催日程
2018年4月27日(金)~5月31日(木)
開催時間
10:00~21:00(最終入場60分前)
※4月28日(土)~30日(月・祝)、5月3日(木・祝)~6日(日)は8:30~21:00
※ふれあいコーナーへの入場は開館30分後から
※もふもふ広場~イルミネーションは18:30~21:00
料金
18:00までのふれあいコーナーへの入場は300円
※別途、サンシャイン水族館の入館料が必要(サンシャイン水族館入場料 大人2200円、小中学生1200円、4歳以上700円)
※エサやり体験は別途100円(数に限りあり)
※メンフクロウとの記念写真は別途1200円(11:00~、13:00~、15:00~)
アクセス
東京メトロ有楽町線東池袋駅より徒歩5分、JR山手線ほか池袋駅徒歩10分
ホームページ
サンシャイン水族館の公式HP

【特集】2018年のゴールデンウィークは東京の青空の下で

5月1日(火)、2日(水)に休みをとれば、最大9連休になる今年のゴールデンウィークだけれど、国内旅行や海外旅行に行かずに、都内近郊でのんびり過ごす人も少なくないはず。せっかくのお休みなのに家にいるのはなんだかもったいない。東京の青空の下でいい1日を過ごせるおでかけをしてみませんか? そこで今回は、フォトジェニックなピクニックや手ぶらBBQスポット、花まつりほか、GWのイベントやおでかけスポットを紹介します。

WRITING/AYAKO OKABE

  • LINEで送る