洗い流さないトリートメントの使用法

プロに聞きたい!髪をキレイに導く豆知識Q&A

第18回は、洗い流さないトリートメントの使用法についてキレイに関するの悩みやトラブル、疑問について“その道のプロ”が回答します。知ってナットクのビューティ豆知識をチェックして

更新日:2005/12/30

Q.洗い流さないと、トリートメント剤が枕や顔につきそうで気になります

洗い流さないトリートメントを寝る前に塗ると、枕や顔についてしまうのがとても気になります。かといって朝まで何もしないのも不安です。
(オズネーム:ハルピッピ)

サラサラ髪を手に入れよう
サラサラ髪を手に入れよう(※画像はイメージです)

A.美容師の回答はコチラ

洗い流さないトリートメントには2種類あります。シャンプーの後、ぬれた髪に使うタイプと髪を乾かした後に使うタイプで、それぞれの製品の目的や、成分によって効果のある使い方をしなければ意味がありません。洗い流さないトリートメントにはドライヤーの熱から毛髪を保護してくれる効果があるので、つけたらしっかり乾かすことが大切です。乾かすことによって、蒸発する成分以外は髪に残り、朝まで何もしないよりもケアにもなります。

トリートメントの成分は、髪の毛にしか反応していないので、髪が顔についたり、枕につくことに関しては問題はありません。しかし、つけすぎると逆にべたついてしまうので、ショートなら1~2プッシュ、ロングなら2~3プッシュを毛先中心につけるのが目安です。

『HANA』ではAVEDAの「スムージングフルイド」という製品がオススメです。オーガニックラベンダー配合で空気のような軽い仕上がりで傷んでごわついた髪に自然なサラサラ感とツヤを与えてくれるので、ぜひ一度お試しください。

この質問の回答者

自由ヶ丘/HANA
四ツ目淳一さん
HANA 店長
裏自由ヶ丘で落ち着いた空間をご用意してお待ちしております。

※掲載情報はすべて2005年12月現在の取材によるものです

豆知識Q&Aをもっと見る

  • LINEで送る

TOP