拝礼マナーや参拝の作法。初詣の知っておきたい豆知識|初詣特集




年末年始のお参りに♪

東京大神宮に聞いた初詣の知っておきたい豆知識

初詣っていつまでにするのが正しいの?神社での参拝のマナーは?など、年末年始のお参りに知っておきたい豆知識をチェックして。

  • いつまでに行くのが正解?

    初詣とは新たな年を迎え、その年初めて神社やお寺をお参りすること。1年の無事や平穏を祈願したり、成し遂げたいことをお願いしたり。だからこそ、年が明けたら真っ先に行かなくちゃというイメージがあるけれど、本当はいつまでに行けば大丈夫? 「実際は三が日に初詣をという方が多く、東京大神宮も三が日に人出が集中しますが、それ以降でも構いません。いつまでとは明確に定められてはいませんが、1月中、遅くとも節分までのお参りを、初詣と考えていいでしょう」とのこと。年始は海外旅行していて、お正月はいろいろと用事があってと、お正月はお参りに行けなかった人も、ぜひ初詣へ。

  • 初詣は何回もしていいの?

    神社やお寺によって、ご利益はそれぞれ。あちらでは恋愛成就を、こちらでは仕事運アップを・・・と、いろいろなお願いしたいのが女心。でも、短期間に何カ所もお参りするのは、神様に対して失礼? 「そんなことはありません。初詣で七福神めぐりをする方もいらっしゃいますから。例えば地元の氏神様は家族と、仕事始めに職場の人達と神社へという場合もあるでしょう。もちろん1回でもいいですが、回数にこだわらず何度お参りしていいのですよ」。お守りもアクセサリー感覚でたくさん付けたり、粗末にしたりしないで大切に扱えば、違う神社や、お寺のものをいくつか持っても大丈夫とのこと。

  • 祈願はたくさんしていいの?

    恋愛成就祈願のお参りに出かけたのに、神様の前に立つと、健康運も仕事運も・・・と、ついついいろいろなことを祈願したくなってしまうもの。「初詣は何回でもといいましたが、1カ所の神社やお寺であれもこれもとお願いをするのではなく、1つか2つにしぼってお参りを。また、ただ自分のためのお願い事をするだけでなく、日々の暮らしのお礼を神様に伝えるなど、まずは神様への感謝の気持ちを大切にしてください」。それに願い事を1つか2つにしぼることで、参拝にもしっかり集中できて「これだけは達成したい!」という思いが明確に。神様に向き合い、心を込めた参拝で願いを成就させて。

神社での拝礼マナー

手水の作法

参拝前には手水舎(てみずしゃ)でお清めをしよう。清め方にも作法があるから、きちんと知っておきたい。手を拭くためのハンカチやタオルを持参することも忘れずに。

    • ひしゃくに水をすくうまずは、ひしゃくがいっぱいになるくらいの水をたっぷりとすくう。

    • 左手を洗うひしゃくを右手で持って、左手にそっと水をかけて洗い流す。

    • 右手を洗うひしゃくを左手に持ち替えて、右手にそっと水をかけて洗い流す。

    • 口を清めるひしゃくを右手に持ち替え、左手に水を溜めて口をすすぐ。
      このときひしゃくに直接口をつけたり、水を飲んだりしないように。
      口につけた左手を洗い流すことも忘れずに。

    • ひしゃくの柄を洗うひしゃくに左手を添えて立てるように傾け、
      残った水でひしゃくの柄を洗い流す。

    • ひしゃくを戻すひしゃくが置いてあった場所に、伏せて戻す。

手水の作法

神社での拝礼の手順。基本の「二礼二拍手一礼」を覚えておこう。

    • 二礼お賽銭を奉納し、姿勢を正したら、まず2回、腰を90度に曲げて
      深く頭を下げる。

    • 二拍手両手を胸の高さで合わせて右手を少し下に引いた状態で
      両手を肩幅程度に開き、手を2回打つ。
      胸の高さで両手を合わせお祈りする。

    • 一礼祈願が終わったら、両手を下ろし、
      腰を90度に曲げて頭を深く下げて礼をする。

参拝の作法とは?

    • 服装について

      神前では、肌の露出は極力少なめにするのがマナー。ショートパンツやミニスカートは控えて。

    • 境内に入るときにも挨拶を

      まず鳥居の前で足を止め、住所・氏名を心の中で唱え、「参拝に参りました。よろしくお願いします」と一礼してから境内に入ろう。

    • お賽銭は投げるべからず

      お賽銭を投げると、縁(円)も一緒に投げ捨てることになるのだそう! 賽銭箱の近くまで進んでからそっと入れて。

    • 神前でお参りを終えたら

      神前に立ったら、再び住所・氏名を名乗る。お願い事を唱えてから、「お聞き届けのこと、ありがとうございました」と唱えて終わろう。

    • お神礼やお守りを受けたら

      お神礼は、神棚におまつりして保管を。なければ、家具などの上に白い紙をひいて、おまつりすればOK。お守りは常に身に付けて神様のご加護をいただこう。

今回お話を聞いた神社は

  • 東京大神宮(飯田橋/東京)
    伊勢神宮にまつられる、天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)と、豊受大神(とようけのおおかみ)をご祭神とし、“東京のお伊勢さま”として親しまれる神社。また、天地万物の結びの働きをつかさどるといわれる“造化の三神”をあわせまつり、日本で初めて神前結婚式を行った神社であることから、縁結びの神社としても有名。良縁を祈願する女性たちが多く訪れている。恋愛成就や、幸せな縁を結ぶお守りも充実。
    • 【ご利益】縁結び、厄除開運、家内安全、商売繁昌
    • 【お問い合わせ】03-3262-3566
    • 【住所】東京都千代田区富士見2-4-1
    • 【アクセス】JRほか飯田橋駅より徒歩5分

神社一覧を見る


  1. オズモールTOP >
  2. 東京の初詣スポット >
  3. 東京の初詣スポット特集 初詣の知っておきたい豆知識
シェアする twitter|facebook|mixi