ガールズ白書 女のコの『彼氏ゲットのための』恋愛意識調査

はじめての方へ



オズモールTOP > オズモール for MEN TOP > ガールズ白書 女のコの『彼氏ゲットのための』恋愛意識調査

  • 出会い編
  • 理想の男性像編
  • 女性に学ぶ!編
ホントのところ、どうなの?!知っておきたい、女性のアレコレ
働く女性は、どんなことを考えて、どんな生活をしているんだろう?彼氏の有無や休日の過ごし方、疲れたときのとっておきの対処法など「女性の実態」を一挙にご紹介。リアルな本音満載なので、ぜひ今後のモテ作戦に役立てて欲しい。

働く女性のホンネを聞く

  • 毎日の仕事で疲れているとき、とっておきのリラクゼーションを教えて。

    【アロマ】42.3%【エステ】16.3%【ヘッドスパ】9.7%【ホテルのプールでのんびり】6.0%【その他】25.7%

    4割以上が「アロマ」と返答。アロマテラピーやアロママッサージなど、女性にとって“香り”はかなりの癒し効果をもたらすようだ。続いて、身体と心をほぐす「マッサージ」がランクイン。その他の回答では、「自宅で半身浴」など、堅実な節約派の声も目立つ。次の記念日にはアロママッサージを奮発!なんて、ちょっと小粋なサプライズを企めば、彼女が大喜びすること請け合いだ。

  • アロママッサージやアロマテラピーと言われても……。そりゃ、わからなくって当然です。そこでチェックしてもらいたいのが「至福の時間~極上ホテルスパ予約~」。。実は彼女や奥さまの誕生日や記念日に、大切な人とホテルスパで過ごすカップルが意外と多い。普段と違ったサプライズプレゼントで彼女の笑顔をゲット出来れば、あなたの株もきっと上がるはず。
    「至福の時間」~極上ホテルスパ予約~

彼氏のいる女性から学ぶ

いまの彼氏と出会った状況を教えてください。

出会った場所で最も多いのは「職場」
社内はもちろん、取引先や営業先など、仕事をフックにした出会いはやっぱり鉄板だ。また、「合コン」よりも「SNS」を通じた出会いが多いのはここ最近の調査ならではの結果。インターネットで出会う確率がリアルを超える日も、そう遠くはないのかも?!
  • デート帰り、宿泊する事になった際に一番利用頻度の高い宿泊施設は?

    【1位】彼の部屋/42.4%【2位】私の部屋/27.7%【3位】ラブホテル/14.6%【4位】女性を意識したきれいなビジネスホテル/6.9%【5位】高級ホテル(シティホテル)/3.8%【6位】その他/4.6%
    「彼の部屋」「私の部屋」がワンツーでランクインと、現実的な結果に。また、「ラブホテル」の利用には何となく抵抗がある…という声もちらほら。じゃあどうすりゃいいの!と悩める男子諸君には、「女性を意識したキレイなビジネスホテル」をおすすめしたい。シンプルながらもモダンで清潔感があり、おまけにリーズナブルとくれば、彼女からも合格点がもらえること確実。たまにはちょっと気分を変えて…なんてときにも大活躍してくれるだろう。
  • まだまだ知らない人が多いようですが、女性を意識したきれいなビジネスホテルがあるんです!! 女性のツボを抑えた素敵なビジネスホテルに、お得な価格で宿泊できるスペシャルプランはこちらから。スタイリッシュな空間で過ごす2人の時間を存分に満喫して欲しい。
    5800円のデートステイ予約へ

彼氏がいない女性の生態系を学ぶ

彼氏がいない暦は何年?

最多数の「半年未満」と2位の「3年未満」がほぼ同確率なことに注目。大別すると、絶えず彼氏ができるモテモテ女子と、年単位のスパンでじっくり相手を熟考する2タイプに分けられそうだ。
>>もっと詳しい回答を見る

休日は誰と過ごすことが多いですか?

「1人で過ごす」派が最多数という驚きの結果に。理由は「1人が楽」「気の合わない人と一緒にいるより1人で充実した時間を過ごしたい」と、1人ライフを積極的にセレクトしている女のコが多いようだ。「貴重な休日を一緒に過ごしたい」と望まれるべく、女性にとって“有意義な男”になる努力を怠るな!

“1人で過ごす派”の女性には、「ひたすら寝る」「家でのんびり」「溜まっている録画番組を見る」「インターネット」など、インドア派の回答が目立った。

平日の夜は、誰とどんな場所で過ごすことが多い?

自宅で家族と過ごす

「同僚と飲みに行く」「ジムで汗を流す」などアクティブな回答もちらほら見られるが、大多数は「家で家族・愛犬と過ごす」「自宅でゆっくり」過ごしているよう。この結果から、彼氏のいない女性はおうちライフを好む確率が高いことが伺える。快適な家から、いかに外に引っ張り出すか?!の作戦が、心を掴む重要なポイントになりそうだ。

Director/Nobuyuki Hirai Visual Design/Masaru Ozaki Writer/Toshiyuki Suzuki(EBISUPUBLISHING)、Kubo Ayako(So-planning)
Costume Design/Yuko Tanaka


©1996-2013 Starts Publishing Corporation. ALL Rights Reserved.