格段にエッチが気持ちよくなる“感じやすい体”って?

OZmall 東京女子の恋とキレイを応援

こんにちは、ゲストさん♪



今日のOZネタ!&毎日プレゼント

2012年7月5日(木)

格段にエッチが気持ちよくなる“感じやすい体”って?

カラダ編

格段にエッチが気持ちよくなる“感じやすい体”って?

“あまりエッチが気持ちよくない”“イクって感覚がわからない”“感じるふりをしてしまう”など、友達には相談できないけれど、人知れずセックスに関する悩みを抱えている女子たち。そんな声に対し、婦人科医師の松村圭子さんは「気持ちよく、ステキなセックスをするためには、自分の体を“感じやすい体”にシフトすることが大切なのです」と断言する。

「感じやすい体をつくるためにまず必要なのは、コミュニケーション力をアップさせることです。彼が思っていることを敏感に察して、自分の気持ちを伝えられるようになりましょう。2人の心の間に距離がある状態でセックスをしても、心や体が気持ちよさを感じることは難しいもの。普段から、コミュニケーションを意識して、相手の気持ちを感じとるトレーニングを行い、彼との距離を縮めることが必要です」(松村圭子さん)

さらに、感じやすい体づくりに不可欠なのは、五感を磨くことなのだとか。

「現代女性は、オーバーワークやストレスから性欲が減少している傾向があります。そのため、休日は十分に休息をとって、ストレスを緩和することが大切。また、積極的に外出して四季の移り変わりを感じるようにするのもおすすめです。このような心掛けで五感がだんだん磨かれてくると、セックスでの感じ方が変わってきます。相手の体を見たら興奮し、香りをかいだらうっとりし、耳元でささやかれただけで快感を得られるはず」(同)

さらに松村さんは、セックスで気持ちよさを感じているのは、体ではなく脳なのだと続ける。

「脳がたくさん“気持ちいい”を感じることがセックスの満足度につながります。そのため、五感を磨くと気持ちよさが脳に伝わりやすくなるんです。そうするとセックスが断然気持ちよく感じられるので、彼のためにイった演技などをする必要もなくなりますよ」(同)

気持ちいいセックスをするために、セックス指南書を見てテクニックを磨いたり、彼以外の男性とからだの関係を持って経験を増やそうとしたりするのは、なんの意味もないこと。五感を磨いて感じやすい体をつくって、2人だけにしか味わえない快感を体験して!

松村圭子
婦人科・美容皮膚科医師。成城松村クリニック院長。婦人科専門医として、月経トラブル(月経前症候群、月経困難症、月経不順など)、性感染症、更年期障害などの治療を行う。そのほか女性のあらゆる不調に対応するため、サプリメントや漢方、オゾン療法、各種点滴療法によるケアを幅広く取り入れている。著書は『ずぼらちゃんのSEXバイブル 女性ホルモンで愛されるからだ』(ソフトバンククリエイティブ)、『女性ホルモンがつくる、キレイの秘密』(永岡書店)ほか、多数。

今日の女の処方箋    ネタは・・・

がんばった自分への小さなごほうびはNG!?心を豊かにする○○とは?

がんばった自分への小さなごほうびはNG!?心を豊かにする○○とは?

「OZプレミアム予約」で利用いただける電子クーポン(1000円分)を1名様にプレゼント

OL生活向上委員会で当てよう10のプレゼント

バックナンバー

▲このページのTOPへ

 繧ェ繧コ繝「繝シ繝ォ 繧キ繝ァ繝繝斐Φ繧ー繧ウ繝シ繝

PR

ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi
OZ限定ワンプライス プレミアム予約商品一覧
©1996-2014 Starts Publishing Corporation. ALL Rights Reserved.