三菱一号館美術館オープン! 丸の内に“新しい”レトロ空間 <トレンド通信>

OZmall 恋、キレイ、知性 東京女子が“今”したいコト

こんにちは、ゲストさん♪


東京女子ナビ

東京女子のホンネとトレンドをナビゲーション

三菱一号館美術館、丸の内:

三菱一号館美術館、丸の内:4月6日、丸の内に「三菱一号館美術館」オープン

三菱一号館美術館、丸の内:丸の内の新しい出会い

三菱一号館美術館、丸の内:Trend Recommend

三菱一号館美術館、丸の内:レトロモダンな明治期の薫り漂う丸の内最新スポットは楽しみいっぱい

近代的な高層ビルが立ち並ぶ丸の内で、かえって新鮮な印象を受ける赤レンガの外観。クラシカルでいてモダンな趣が印象的なこちらは、4月6日(火)オープンの「三菱一号館美術館」。オープニングを飾る開館記念展「マネとモダン・パリ」をはじめ、その後も西洋美術、日本美術など多彩な企画展を開催していく。そして、働く女子に嬉しいのが、水・木・金の夜間営業! 20時まで開館しているので、仕事帰りでも間に合いそう。慌ただしい時間をリセットして、アートで感性を磨いてみたい。館内のカフェ&ショップも魅力的で、展覧会を観覧しない人でも利用OK。たくさんのとっておきが詰まった丸の内最新スポットへ早速出かけて。

三菱一号館美術館、丸の内:レトロモダンな明治期の薫り漂う丸の内最新スポットは楽しみいっぱい

三菱一号館美術館、丸の内:Trend Report

三菱一号館美術館、丸の内:アート、建物、カフェ、ショップ・・・。さまざまな出会いを見つけに、クラシカル×モダン空間へ

三菱一号館美術館、丸の内:かつての丸の内を彩り、支えた歴史的な建物が現代によみがえる

三菱一号館美術館、丸の内:かつての丸の内を彩り、支えた歴史的な建物が現代によみがえる

三菱一号館美術館の魅力のひとつが、レトロモダンな重厚な建物。この建物は1894年にイギリス人建築家ジョサイア・コンドルが設計したもので、当時は丸の内最初のオフィスビルだったそう。今回の復元にあたり、約230万個の赤レンガを積み上げた外観をはじめ、天井、柱、階段の装飾、窓枠、暖炉、ドアノブ・・・と、細やかな部分も再現。建物のそこかしこから明治期の薫りが漂ってくる。クラシカルな雰囲気の中で美術を楽しめるのもここならでは。三菱一号館美術館でしか体験できないアート鑑賞に浸ってみたい。

[上]足場や手すりの細やかなデザインが目を引く鉄骨の階段。旧三菱一号館の写真を元に復元 [下左]旧三菱一号館が1968年に解体されたあとも大切に保管されていた石の手すりの装飾を一部使用 [下右]明治期の暖炉も復元。レトロな趣がかえって新鮮

三菱一号館美術館、丸の内:銀行の営業室を再現した「Café1894」丸の内にまたひとつ素敵カフェが誕生

かつて銀行の営業室として使われていたスペースは、「Café1894」として復活。高さ約8m&2層式吹き抜けの店内は、当時の内装が隅々まで再現され、クラシカルでいて優雅な造りがなんとも素敵。そんな空間でお茶したり、旬の江戸野菜を使ったランチをいただいたりしていると、明治時代へタイムトラベルしている気分に。月~金曜は23時まで営業しているので、夜カフェとしても活躍。仕事や遊びの後に立ち寄って、ワインをいただきながら食事するもよし、夜お茶を楽しむのもよし。新たなカフェの誕生が、丸の内の夜をもっともっと楽しくしてくれそう。

[上]温かな自然光が心地いいカフェ [下左]4種類の料理を盛り込んだプレートにデザートが付く、週替わりランチプレート1500円  [下右] チェアは、空間に合わせてクリエイティブユニット「graf」が設計、デザインを担当
三菱一号館美術館、丸の内:銀行の営業室を再現した「Café1894」丸の内にまたひとつ素敵カフェが誕生
三菱一号館美術館、丸の内:ミュージアムショップには、国内外からセレクトした“ストーリー”が

三菱一号館美術館、丸の内:ミュージアムショップには、国内外からセレクトした“ストーリー”が

三菱一号館美術館のショップ「Store1894」も、単なるミュージアムショップでないのが魅力。“ストーリー”をテーマに、背景に物語があるアイテムを世界各国から厳選してセレクト。中国の田舎町で作られた編みぬいぐるみ、ケニアで作られたカバの置物など、手仕事の温もりや、それぞれの商品が重ねてきた歴史が感じられるものばかり。ここでしか扱っていないものが多彩に揃うので、とっておきのギフト選びにぜひ。オリジナルアイテムもこだわりが光っていて、外観をモチーフにしたフローティングペンや、同館の象徴でもあるミニレンガの販売も。

[左]ぬいぐるみができるまでのストーリーブックが付いてくる、編みぬいぐるみ アンネ・クレール(ゾウ)3800円 [右上]地球儀紙風船400円は、メッセージカート付きなので、ちょっとしたプレゼントにも [右下]京都「角田菓子舗」とコラボしたオリジナルキャンディ450円

三菱一号館美術館、丸の内:Let's try the trend

三菱一号館美術館
電話:03-5777-8600(ハローダイヤル)
住所:東京都千代田区丸の内2-6-2   開館時間/休館日:0:00~20:00 火・土・日・祝~18:00(最終入館はいずれも30分前) 
        月定休(祝の場合は翌休※5/4、7/20は開館)、展示替え期間休
入館料:展覧会により異なる
アクセス:二重橋前駅より徒歩3分、東京駅、有楽町駅より徒歩5分

■Café1894
電話:03-3212-7156
営業時間/定休日:11:00~23:00(22:00LO) 土・日・祝~19:00(18:00LO) 無休  ※臨時休業の場合あり

■Store1894
電話:03-3212-7155
営業時間/定休日:10:00~20:00 土・日・祝~18:00 無休  ※臨時休業の場合あり

撮影/キムラミハル 撮影/中村美枝(ジャムセッション)

向上アンケートdeプレゼント

OL生活向上委員会で当てよう5のプレゼント

INFORMATION


PR

ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi
OZのプレミアム予約商品一覧
スターツ出版株式会社