A級グルメのシェフがつくる、東京“新”グルメラーメン<トレンド通信>

OZmall 恋、キレイ、知性 東京女子が“今”したいコト

こんにちは、ゲストさん♪


東京女子ナビ

東京女子のホンネとトレンドをナビゲーション

ラーメン、優創、博多チムそば、フレンチ:No 06

ラーメン、優創、博多チムそば、フレンチ:A級グルメのシェフがつくる、“News”なラーメン!!

ラーメン、優創、博多チムそば、フレンチ:えっ!? ブイヤベースがラーメンのスープ!?

ラーメン、優創、博多チムそば、フレンチ:Trend Recommend

ラーメン、優創、博多チムそば、フレンチ:フレンチ、イタリアン、和の技が1杯の丼にギュギュッと濃縮! 昇天の味!

最近、ラーメン界に起きている異変、ご存知? なんと店主は前職が高級フレンチやイタリアン、格式ある和食の料理人だった、なんて人たちが転身。磨き上げたテクニックで新感覚のラーメンを作っている。オーセンティックな料理をベースに生みだされる1杯は、新鮮な食材をゴージャスに使い、その命ともいえる麺もスープも驚きがいっぱい。エッ、これがラーメン? ズズッとすすれば、目からウロコ。昔、ビストロのフォークナイフで食べたことがあるような、トラットリアでの記憶がよみがえってくるような。はたまた、お座敷で味わったことがあるような。心と舌が踊る! それなのに確実にラーメンなのが、とっても不思議で奥深い。一度食べたらヤミツキになるシェフラーメン、ぜひチェックしてみて。

ラーメン、優創、博多チムそば、フレンチ:
 

ラーメン、優創、博多チムそば、フレンチ:Trend Report

ラーメン、優創、博多チムそば、フレンチ:HATAKE AOYAMA【青山】
ラーメン、優創、博多チムそば、フレンチ:麺屋 優創【大久保】

ラーメン、優創、博多チムそば、フレンチ:フランスの海の香りが漂ってくる!ブイヤベース風スープにうっとり

フランス人が「マルセイユの有名店よりおいしい!」と絶賛したという「魚介味噌ラーメン」のスープ。その正体はかの地の代表的郷土料理であるブイヤベースのスープなんだとか。店主、室井慎二さんの前職はフレンチの料理人。東京の有名店や南仏の星付きレストランで修業を積んだ本格派だ。そのとき学んだ技法で、オマール海老や毛ガニなどの高級魚介類を丸ごと使ってとるスープはそれだけでごちそう。フェットチーネをイメージしたオリジナルの中華麺とともにすすれば、トレビアーン♪ 同じスープをベースに味を調整したつけ汁で全粒粉入りの太麺を食す醤油風味の「魚介つけめん(900円)」も人気。ラーメン×フレンチ=大いにアリ! を体験して。

【上】魚介味噌ラーメン880円。ほか、豚骨スープと和だしをベースにした豚骨和だし醤油ラーメン700円などもある【左】喧噪のコリアンタウンのそばとは思えない、閑静な一角にある。店内は座敷席もある落ち着いた空間【右】フレンチ魂を忘れない室井慎二シェフ

 
ラーメン、優創、博多チムそば、フレンチ:黄金の塩らぁ麺 Due Italian【市ヶ谷】

ラーメン、優創、博多チムそば、フレンチ:美肌やダイエットにも効果的!? 女子好みなイタリアンラーメン。

トマトのパスタを冷製にしてしまったのは某有名日本人シェフ。それをさらにアレンジしてラーメンに変身させてしまったのが石塚和生オーナーシェフである。石塚さんはイタリアンシェフからの転身。トマト30個分のリコピン入りで美肌や血液サラサラ効果が期待できる「冷製イタリア麺〔赤〕」やゴルゴンゾーラなどのチーズと京都の九条ネギを合わせた「らぁ麺フロマージュ(980円)」など独創的なラーメンを次々と生み出している。パスタに使用されるデュラムセモリナ粉に国産小麦粉を合わせたシコシコ歯ごたえの麺は、プラス100円でコンニャクを混ぜたヘルシー麺に変更もできる。ダイエット中もOKなラーメンは女子の強い味方だ。

【上】冷製イタリア麺〔赤〕1200円はサンマルツァーノ種で深みを、フルーツトマトで甘みを添えている。通販可。詳細はHPで【左】石塚和生オーナーシェフ【右】靖国通り沿い、麹町郵便局の隣りという立地。赤と白を基調にしたインテリアがイタリアン

ラーメン、優創、博多チムそば、フレンチ:イータリー代官山 イートインスペース【代官山】
ラーメン、優創、博多チムそば、フレンチ:ラ・ベファーナ 汐留【汐留】
ラーメン、優創、博多チムそば、フレンチ:十番 博多チムそば【麻布十番】

ラーメン、優創、博多チムそば、フレンチ:あの日本料理店の水炊きスープがラーメンになってカムバック!

ギョーザや鶏の唐揚げなど、博多のおつまみが各種揃うラーメン居酒屋「西麻布 博多チムそば」の支店が今年4月にオープン。豚骨スープの「博多豚らーめん(780円)」は西麻布店でも人気のメニューだが、ここでしか食べられない「鶏らーめん」に日本料理のスゴ技が隠されている。実はこちら、今春、惜しまれつつ閉店した日本料理の名店「西麻布 露地やま祢」の水炊きのスープを受け継いでいるそう。白濁した濃厚なスープと全粒粉入りの細麺のマッチングの妙はさすが。通常、丼の中はネギを散らしただけの麺とスープのみで、具は別皿で供される。まずは具をつまみに1杯やって、〆にラーメンというスタイルもOK。ひと粒で二度おいしくいただける。

【上】鶏らーめん840円と味玉100円。トッピングのメンマ、チャーシュー、モヤシとキャベツの胡麻和え、おろしショウガ、ネギは夜はお通し300円として登場【左】昭和の雰囲気漂うプリント柄のテーブルがいい感じ【右】笑顔で迎えてくれる橋本幸男店長

ラーメン、優創、博多チムそば、フレンチ:Let's try the trend

■麺屋 優創
TEL 03-5937-4898
新宿区百人町2-19-11サニーコープエトナ1F
営業時間:11:30~21:00
※ただし、スープがなくなり次第終了。
水定休

黄金の塩らぁ麺 Due Italian
TEL 03-3221-6970
千代田区九段南4-5-11富士ビル1F
営業時間:11:00~15:00 17:00~22:00 土11:00~22:00 日・祝~21:00
※ただし、スープがなくなり次第終了。
無休

■十番 博多チムそば
TEL 03-3478-6080
港区麻布十番1-7-9酒井ビルB1F
営業時間:11:30~14:30LO 18:00~翌3:00LO 日定休(祝日不定休)

撮影/菊池陽一郎 文/寺尾妙子

向上アンケートdeプレゼント

OL生活向上委員会で当てよう5のプレゼント

INFORMATION


PR

ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi
OZのプレミアム予約商品一覧
スターツ出版株式会社