首都圏で楽しみたい、旬のひんやりデート♪ <トレンド通信>

OZmall 恋、キレイ、知性 東京女子が“今”したいコト

こんにちは、ゲストさん♪


東京女子ナビ

東京女子のホンネとトレンドをナビゲーション

Trend Recommend

近場にも、ひんやりスポットいっぱい
厳しい残暑を涼しく楽しく過ごす

8月も後半に突入し、夏は残りあとわずか・・・のはずが、まだまだ残暑が厳しいのが現状。避暑地へ出かけて、リフレッシュしたいけど、この時期はまとまった休みが取りにくいし、なかなか遠出もできない・・・。そこで、お出かけ感覚で気軽に行ける、首都圏近郊の避暑スポットを紹介! 8月4日にオープンしたばかりの「サンシャイン水族館」をはじめ、東京+その近郊には、避暑にぴったりな“ひんやり”スポットが充実。涼しげな空間に癒されるのもよし、絶叫アトラクションで肝を冷やすもよし。今年の夏後半は、ひんやりデートで決まり♪

近場にも、ひんやりスポットいっぱい厳しい残暑を涼しく楽しく過ごす
Trend Report

話題の水族館から、絶叫アトラクション、自然あふれる渓谷まで
夏後半を盛り上げる、気軽に訪れられる避暑スポットはここ♪

  • コンセプトは「天空のオアシス」
    海の生物と一緒に過ごす都会のリゾート

    池袋にあるサンシャイン水族館が8月4日にグランドオープン。「天空のオアシス」をコンセプトに、南国リゾートを思わせる空間へと生まれ変わった! 見逃せないのは、屋外展示「サンシャインアクアリング」。直径8mのドーナツ型水槽は、さまざまな角度から観察できるよう、高さ2m以上の頭上に設置。その中を泳ぐアシカやペンギンの姿は、都会の空を飛んでいるみたいでなんとも気持ちよさそう。ほかにも、幻想的な「クラゲトンネル」、多彩な海洋生物が観賞できる大型水槽「サンシャインラグーン」など見どころ満載。水と緑、そして海の生き物たちに癒されながら、涼やかな休日を過ごそう!

    [上]サンシャインアクアリングは、手を伸ばせば届くような距離でアシカやペンギンが泳ぐ様子が見られる [下]「サンシャインラグーン」では1日数回水槽内にダイバーが登場してパフォーマンスを実施!

    コンセプトは「天空のオアシス」海の生物と一緒に過ごす都会のリゾート
  • えぐるような落下がスリリング
    新アトラクションに“ひやっ”

    背筋も凍る!? スリルを体感して、ひんやりとしたいなら、絶叫アトラクションの宝庫「富士急ハイランド」へ。注目は、園内のアトラクションの中でもとびきりの絶叫度を誇る、今夏デビューの大型ローラーコースター「高飛車」。なんと、最大落下角度は121度で、その驚異的数字は、ギネス世界記録に認定されたほど。まず、空を見ながらの姿勢で上昇していくと、次は落下姿勢で一時停止。すると、最大角度121度をえぐるように落下していき、息つく暇もないくらいのスリルを楽しめる。彼や友達と根比べしながら、ひやっと体験に挑戦♪

    7月16日に登場したばかりの新アトラクション「高飛車」。そのインパクトある外見に、乗る前からヒヤヒヤした気分になれること間違いなし!

    えぐるような落下がスリリング新アトラクションに“ひやっ”
  • 洞窟内の温度は一年中11度
    都内に残る貴重な鍾乳洞

    自然が育んだ、天然の涼しさを堪能できるのが、奥多摩にある「日原鍾乳洞」。関東では最大級の規模を誇る鍾乳洞で、洞窟内の温度は、年間を通して11度。一歩足を踏み入れた瞬間から、冷たい空気に包まれ、厳しい残暑が嘘のよう。洞窟の中を歩いてみると、涼しさだけでなく、手つかずの自然の美しさにも驚かされる。つららのように伸びる鍾乳岩、地層が幾重にも重なった岩肌・・・さらに洞内には縁結び観音もあるから、恋愛成就を願って訪れるのも◎。全長約800m、ゆっくり歩いて約40分。透きとおった空気の中で、ひんやりとした時間をしばし楽しんで。

    [左]鍾乳洞入り口から入って、段々と地下に。ちょっとした探検気分も味わえる[右]薄暗くて涼しい鍾乳洞内部は、夏という季節を忘れてしまう不思議な空間!

    洞窟内の温度は一年中11度都内に残る貴重な鍾乳洞
  • 川のせせらぎと緑のトンネル
    豊かな自然に包まれた癒し時間を

    都心からのアクセスが便利なのに、マイナスイオン全開の「等々力渓谷公園」。春の桜、秋の紅葉の名所として有名だけれど、涼感いっぱいのこの季節もお出かけにぴったり。園内の真っ赤なゴルフ橋のたもとから階段を下りると、渓谷沿いに約1kmの遊歩道が。渓谷の両側から覆いかぶさるように木々が茂り、まるで緑のトンネルみたい。マイナスイオンを体いっぱいに受け止め、川のせせらぎの音に耳を傾ければ、心の底からリフレッシュできる。渓谷の先には、野毛大塚古墳や等々力不動尊などのパワースポットも。ゆったりとした時間に、身も心も元気になれそう。

    [上]遊歩道は木々に囲まれていて、夏でも日陰の涼しさを感じることができる [下]等々力不動尊近くには、カキ氷を食べられるスポットも!

    川のせせらぎと緑のトンネル豊かな自然に包まれた癒し時間を
Let’s try the trend
  • サンシャイン水族館

    • 03-3989-3466
    • 東京都豊島区東池袋3-1サンシャインシティ ワールドインポートマートビル・屋上
    • 営業時間 10:00~20:00 11~3月は~18:00※最終入場は終了30分前/無休
    • 料金 1800円(年間パスポート4000円)
  • 富士急ハイランド

    • 0555-23-2111
    • 山梨県富士吉田市新西原5-6-1
    • 営業時間、営業日、アトラクションの運行状況はHPにて確認
    • 料金 フリーパス5000円(入園+アトラクション乗り放題)
  • 日原鍾乳洞

    • 0428-83-8491
    • 東京都西多摩郡奥多摩町日原
    • 営業時間 8:00~17:00 12~3月は8:30~16:30/無休
    • 料金 600円
  • 等々力渓谷公園

    • 03-3704-4972(玉川公園管理事務所)
    • 東京都世田谷区等々力1-22ほか

取材・文/中村美枝(JAM SESSION)

夏祭り:向上アンケートdeプレゼント

OL生活向上委員会で当てよう10のプレゼント

INFORMATION


PR

ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi
OZのプレミアム予約商品一覧
スターツ出版株式会社