唐揚げが大ブームで東京に専門店も! <トレンド通信>

OZmall 東京女子の恋とキレイを応援

こんにちは、ゲストさん♪


東京女子ナビ

東京女子のホンネとトレンドをナビゲーション

Trend Recommend

悶絶ものの鶏唐揚げが、盛りだくさん
いろんな部位や味を楽しんで

今、東京は空前の唐揚げブーム! きっかけは、唐揚げの本場・大分県中津市の“唐揚げ専門店”が東京に進出したことだそう。唐揚げ専門店とは、ブツ切り(骨付き)、もも肉、手羽先などいろいろな部位の唐揚げがあり、注文を受けてから揚げてくれるのが特徴。その衝撃的な味わいがクチコミで広がって、休日には行列ができるほどに。今では、本場・大分系はもちろん、バジルや梅しそ風味などの東京進化系の専門店がゾクゾク誕生し、唐揚げがウリの飲食店も話題になっている。おやつ、おかず、おつまみと、24時間楽しめる“超国民食”の新たな味わい・・・。日本唐揚協会監修、「今、行くべき唐揚げ店」とは!?

Trend Report

本場・大分の老舗から、青山のおしゃれ進化系まで、絶品がズラリ

  • 東京唐揚げブームは、この2店から始まった!
    聖地の「塩味」 VS 唐揚げ専門店発祥の地の「醤油味」

    【左】「骨のまわりの肉がイチバンうまい!」と八木専務。『もり山』の「骨付き(ブツ切り)」480円/200g【右】『とりあん』の「骨なしもも」260円/100g。

    【左】「骨のまわりの肉がイチバンうまい!」と八木専務。『もり山』の「骨付き(ブツ切り)」480円/200gは、自家栽培にんにくたっぷりの塩ダレが、ガツンとくる。ダントツ人気は「骨なし(もも肉)」280円/100g、「なんこつ」260円/15個も好評/中津からあげ もり山 学芸大学店(学芸大学) 【右】『とりあん』の「骨なしもも」260円/100g。リンゴや玉ねぎの入った醤油味の唐揚げは病みつきに。「本格手羽先」1本120円もおすすめで、立ち飲みスペースも併設。かぼすドリンクなど大分物産品もいろいろ売られている/とりあん 戸越銀座店(戸越銀座)

    大分系唐揚げの両横綱! 日本唐揚協会も太鼓判を押す2店が、学芸大学『もり山』と、戸越銀座『とりあん』。唐揚げの聖地と称される大分県中津市には、唐揚げ専門店が60以上。この地を代表し、40年以上続く老舗が『もり山』。にんにくの効いた秘伝の塩ダレ唐揚げは、リピーターが続出するほど。対して、『とりあん』は、唐揚げ専門店発祥の地といわれる大分県宇佐市の出身。サクサクの衣、リンゴや玉ねぎの入った特製醤油ダレの唐揚げは、パンチが十分。人気店ゆえ、休日には行列ができることも。「まずは、どちらも本場ならではの“骨付き”を揚げたてで。でも、冷めてもおいしいから、びっくりしますよ」と日本唐揚協会の八木専務。伝説の唐揚げを味わってみて。

  • “女子から”と呼びたい、おしゃれ唐揚げ♪
    かわいいパッケージで、手みやげにも◎

    【左】『いろから』の「バジル」250円【右】『らんまん食堂』の唐揚げは、全5種類。写真の「フレンチ」420円/100g(テイクアウト315円)ほか、塩、醤油、黒酢、コチュ味があり。

    【左】『いろから』の「バジル」250円/100g。おいしさの決め手は、独自配合した粉を使った、サクッ+カリッの衣。全9種類で、かつおダシの効いた「いろからあげ」や「柚子胡椒」共に250円/100gも評判。3種×5個で1600円のパーティパックも/いろから 南青山店(表参道) 【右】『らんまん食堂』の唐揚げは、全5種類。写真の「フレンチ」420円/100g(テイクアウト315円)ほか、塩、醤油、黒酢、コチュ味があり。レモンは絞らず、withレモンサワーがらんまん流/らんまん食堂(恵比寿)

    東京ならではの進化系唐揚げがこちら。表参道にある『いろから』は、おしゃれコーヒースタンドのような唐揚げ専門店。コンセプトは、ズバリ「女性一人でも入れる唐揚げ屋」。スタッフもすべて女性で、バジル、柚子こしょう、梅しそ味など、女子好みの唐揚げがたくさん。2階のテラス席に上がれば、一方に青山通り、反対側に六本木ヒルズと東京タワーが見晴らせてシチュエーションも◎。恵比寿『らんまん食堂』では、カフェのような店内で話題のフレンチ唐揚げを頬張って。ミックスハーブが爽やかに香る一品は、特製ミルクダレでマリネした肉を、デュラムセモリナ粉をブレンドした粉で揚げた日仏融合の味わい。マスコットの“トリンちゃん”が描かれたパッケージもかわいい♪

  • 女子の大好きな“手羽先唐揚げ”♪
    コラーゲンたっぷりの絶品とともに、乾杯~っ!

    【左】『鳥開』の「コーチン手羽先唐揚げ」3本680円。【右】『とめ手羽』の名物、その名も「とめ手羽」1本180円

    【左】『鳥開』の「コーチン手羽先唐揚げ」3本680円。「三河鶏の手羽、ナンコツ唐揚げもおすすめ。おしゃれなお店なので女子会にもいいですよ」と八木専務。鶏すきや串焼きもあり、鳥料理がいろいろ味わえる/鳥開 総本家 霞が関店(虎の門) 【右】『とめ手羽』の名物、その名も「とめ手羽」1本180円。「とめてってばー」と言いながらおかわりすれば、場も盛り上がる!? 九州発のお店だから、馬刺し、豚足、もつ鍋、焼酎など、九州食材がオンパレードで楽しめる/九州名物 とめ手羽 新宿店(新宿三丁目)

    絶品手羽を味わうなら、名古屋発の和食店『鳥開 総本家』へ。名物 は“地鶏の王様”名古屋コーチンの手羽先唐揚げ。赤ワインと醤油ベースのタレが絡み、黒胡椒が効いたスパイシーな手羽は、みんな「もう1本!」の手がのびる。また、パリパリの皮&ピンと真っ直ぐな手羽がユニークな『とめ手羽』もハズせないお店。秘伝のタレに漬けた手羽を素揚げし、数種類の厳選塩で仕上げた唐揚げは、外はカリッで、中はふんわりジューシー。「手羽マスター」資格を持つ料理人のみが揚げることを許される代物だそう。どちらのお店もお酒も豊富でゆっくりくつろげるから、さっそく“手羽女子会”に訪れてみて。たっぷりのコラーゲンで、翌日はツルツル美肌も期待できるかも!?

  • 監修/日本唐揚協会・八木宏一郎専務

    監修/日本唐揚協会 専務理事・八木宏一郎さん

    「ニッポンの唐揚げが世界を変える」を合言葉に、唐揚げを通じて世界平和を目指すために、唐揚げが一番好きで唐揚げを食べると幸せになれる人たちによって組織された団体。「唐揚検定」「からあげグランプリ」などを展開している。

Let’s try the trend
  • 中津からあげ もり山 学芸大学店

    • Tel/03-3719-5730
    • 東京都目黒区鷹番2-8-21
    • 営業時間/11:00~21:45LO 無休 ※テイクアウトのみ
  • とりあん 戸越銀座店

    • Tel/03-3782-1170
    • 東京都品川区戸越1-16-8戸越銀座商店街
    • 営業時間/11:00~20:00 不定休 ※テイクアウト&立ち飲み
    • 東京近郊のその他店舗/十条銀座店、中野沼袋店、幡ヶ谷店、小平店
  • いろから 南青山店

    • Tel/070-6468-1604
    • 東京都港区南青山3-8-34
    • 営業時間/11:00~22:00 不定休 ※テイクアウト&テラス席あり
  • らんまん食堂

    • Tel/03-5489-4129
    • 東京都渋谷区恵比寿西1-4-1
    • 営業時間/11:30~14:30LO 18:00~24:00LO 土12:00~14:00LO 17:00~21:30LO 日定休 ※イートイン&テイクアウト
  • 鳥開 総本家 霞ヶ関店

    • Tel/050-5798-1221
    • 東京都千代田区霞ヶ関3-2-6 東京倶楽部ビルディング 霞ダイニング2F
    • 営業時間/11:00~14:00 17:00~23:00LO 土・日・祝定休 ※イートイン&テイクアウト
  • 九州名物 とめ手羽 新宿店

    • Tel/03-6457-6446
    • 東京都新宿区新宿5-18-20ルックハイツ新宿2F
    • 営業時間/17:00~23:00LO 日・祝~22:00LO 無休 ※イートイン&テイクアウト
    • 東京近郊のその他店舗/神田南口店、四谷店、五反田店、飯田橋店、豊洲店

撮影/菊池陽一郎 取材・文/加門紀子

INFORMATION

MOBILE

OZmallmobile
『OZ』の厳選情報を詰め込んだ携帯サイト(会員無料/通信費別途)


PR

ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi
OZ限定ワンプライス プレミアム予約商品一覧
©1996-2014 Starts Publishing Corporation. ALL Rights Reserved.