初夏のオフタイムは“おひとり×BAR”で♪<トレンド通信>


  1. オズモールTOP >
  2. 初夏のオフタイムは“おひとり×BAR”で♪<トレンド通信>

東京女子ナビ

東京女子のホンネとトレンドをナビゲーション

Trend Recommend

“おひとり志向”の女子が急増中!!
オフタイムは、“おひとり×BAR”にキマリ

新年度も落ち着き、自分の時間や平日のオフタイムを楽しむ余裕がでてくる時期に。そこで、“おひとり×BAR”のススメ。最近、おひとり志向の女子も増えていることもあり、都内にはひとりでも気軽に楽しめるBARが続々登場。「バー=ハードルが高い」なんて思いがちだけど、初心者女子でも安心&平日オフタイムにサクっと楽しめる気軽なBARは、ぜひチェックしておきたいところ。ニューオープンの伊勢丹新宿店「ザ スタンド」をはじめ、ひとりでゆっくり落ち着けたり、上質なお酒を楽しめるetc.それぞれの目的別に“ひとり時間”を楽しめるバーを一挙ご紹介。初夏のオフタイムは、“おひとり×BAR”でゆったりオトナ時間を過ごして!

iiyo!!
Trend Report
  • ワインバー ル・トランブルー 神楽坂

    ワイン好き必見♪
    “バー飯”も豊富な、コスパの高いワインバー

    ワインバー ル・トランブルー 神楽坂

    ワイン&おいしいモノ好きが集まるこちらは、コンパクトな店内でまさに“おひとりサク飲み”におすすめの1軒。ワイン好きが集まるワインバーは、ウンチクを語れないと!なんて気負う必要は一切ナシ。ビギナーなら好みをソムリエに相談してチョイスしてもらえば、通うたびに自然とワインにも詳しくなれそう。生ハムやカルパッチョなどのおつまみ系はもちろん、パスタや肉料理もあるので、“バー飯”で夕飯にしても◎。会社帰りに1杯だけ飲んで帰ったり、しっかりご飯でもOK。その日の気分で使い分けられるので、1日のオン&オフのシフトチェンジに立ち寄ってみては?

    料理は軽くつまめる前菜系から、魚、肉料理、パスタに各種チーズまで、とにかくメニューが豊富。すべて1000円未満の価格設定ながら、どの料理も本格派でワインにあう味ばかり。ワインはグラス(480円~)で、リストは80種類以上、メニューにない銘柄もあるとか。

  • M BAR/シェラトン都ホテル東京

    重厚なホテルのバーで
    “オトナの女”時間を極上に演出

    M BAR/シェラトン都ホテル東京

    クラシックジャズが静かに流れ、キャンドルがほのかに照らされている大人の隠れ家「M BAR」は、豪華な非日常を楽しむのにぴったり。「ホテルのバー」と聞くと、高額なイメージが強いけど、20時までのハッピーアワーなら、600円代からのアルコールメニューも。店内の静かな空気感を損なわないよう、スタッフのホスピタリティも程よく、カウンターでひとりの時間をゆっくり過ごせるのも嬉しい。アルコールメニューはシングルモルトやワインリストが充実&シガーもOKなので、常連らしき男性もチラホラ。カウンターに座るだけで“オトナの女性”を意識したくなる緊張感も。上質なオトナ時間を楽しんでみて。

    卓上の手元だけを照らす照明、低い座面でゆったりと座れるシートが自然とリラックスへと導いてくれる。お店の雰囲気を壊さぬよう、ちょっとオシャレして行くのも、バーでのひとときを楽しむゲストの“暗黙のルール”

  • エスニックフード&バー アフーネ

    ひとりで行っても“賑やか”
    友達も増えそうな楽園系バー

    オーガニックバー アフーネ

    銀座の地下に広がる、南国感いっぱいのダイニングバー「アフーネ」。フレッシュ素材を使ったオリジナルカクテルや、白米とココナッツで作られたインドネシアのお酒「アラック」などちょっと変わったお酒が並ぶ。料理はインドネシアの三ツ星ホテル出身のシェフによる本格エスニックメニューが堪能できるのも魅力のひとつ。ワールドミュージックが流れる店内では、エスニックなインテリアが和みやすい空間を演出していて、ひとりで訪ねてもすぐに周りの人と仲良くなれそう。22時以降の入店OK、土曜日も23時まで営業しているので、退屈な夜に気分転換に出掛けてみては?

    スペシャルカクテル(800円~)は季節のフルーツを使うなど種類豊富。 [中]「アラックモヒート」(1100円)は、生姜をたっぷり煮込んだ「自家製モスコミュール」(850円)も人気

  • バー アマンセル

    女性バーテンダーが嬉しい
    赤坂の喧噪を忘れさせる“隠れ家”的バー

    オーガニックバー アフーネ

    白い壁一面に色とりどりのお酒が並び、スタイリッシュなカウンタースペース、ネオン華やかな赤坂の町を見下ろすソファシート。「赤坂にパリのアパルトマンを」というテーマでデザインされた店内は、シンプルな美しさで、空間に漂う空気感までもパリの雰囲気。BGMにシャンソンが静かに流れ、接待や宴会向きビジネスユースの飲食店が多い赤坂には珍しく、大人の隠れ家的存在のバー。その柔らかな空間にいるだけで心癒され、女性バーテンダーの細やかなサービスに、ひとりで訪れても“ひとりぼっち”にならず、ゆったりとしたひとときを過ごせるはず。

    アイスアイリッシュコーヒー(写真中央)、カルヴァドスジンジャー(写真右)などが女性におすすめ。大理石のカウンターに配された椅子は、有名デザイナーのハンス・ウェグナーの名品。オーナーのこだわりがそこかしこに見られる洗練空間は、格別の居心地のよさ。

  • ザ・スタンド

    初心者&買い物ついでに◎♪
    伊勢丹新宿店の豪奢なシャンパーニュ・バー

    オーガニックバー アフーネ

    今年3月、伊勢丹新宿店・本館2階「グローバルクローゼット」の一角に、シャンパーニュ バーの「ザ スタンド」がオープン。ファッションフロアにありながら、ホテルのバーのようなラグジュアリーなインテリアが魅力的。カウンターに座ったとたん、自分だけの優雅な時間がスタート出来そう。バーの扉を開ける自信がなくて・・・というビギナーにもオススメ!! 買い物の下見をしてからシャンパーニュを片手にどれを買うか悩む。なんて、ちょっと優雅なひとときを過ごせちゃう。

    アルコールメニューはシャンパーニュ(1000円~)をはじめ、ワイン、カクテル、日本酒など。オーストラリアのエスプレッソメーカーALLPRESSのコーヒーやカフェラテもあるので、お酒が弱い人もバー体験を!

Let’s try the trend
  • ワインバー ル・トランブルー 神楽坂

    • 03-3268-1812
    • 東京都新宿区神楽坂1-14
    • 営業時間/18:00~24:00 日曜・祝日定休
    • 料金/グラスワイン480円~、ラタトゥイユ480円、ペペロンチーノ780円ほか
  • M BAR/シェラトン都ホテル東京

    • 0120-95-6638(17:00~24:00)
    • 東京都港区白金台1-1-50 シェラトン都ホテル東京 B1F
    • 営業時間/17:00~24:00 無休
    • 料金/シャンパン(グラス)2079円~、ワイン(グラス)1617円~、生ハムとメロンのカプレーゼ ピンチョス仕立て(17:00~22:00)2079円~ほか
  • エスニックフード&バー アフーネ

    • 03-3546-7224
    • 東京都中央区銀座4-10-3 セントラルビル B1F
    • 営業時間/月~木曜18:00~翌2:00(L.O.1:30)、金曜18:00~4:00(L.O.3:30)、土曜18:00~23:00(L.O.22:30) 日曜・祝日定休
    • 料金/カクテル700円~、グラスワイン550円~、泡盛、梅酒など。ノンアルコールカクテル、ソフトドリンク類も充実
  • バー アマンセル

    • 03-3583-7313
    • 東京都港区赤坂3−7−11 レジーア赤坂2F
    • 営業時間/月~金曜18:00~翌04:00、土曜18:00~翌02:00 日曜・祝日定休
    • 料金/ジン、ウォッカ、ラム900円~、グラスワイン1000円~、トマトのサラダ900円~、本日のお夜食1000円~ほか
  • ザ スタンド

    • 03-5357-7990
    • 東京都新宿区新宿3-14-1 伊勢丹新宿店 本館2F
    • 営業時間/10:30~20:00(時期により異なる) 不定休
    • 料金/シャンパン(グラス)1000円~、スリーピースプレート700円ほか

取材・文/小林由佳

向上アンケートdeプレゼント

OL生活向上委員会で当てよう10のプレゼント

INFORMATION

MOBILE

OZmallmobile
『OZ』の厳選情報を詰め込んだ携帯サイト(会員無料/通信費別途)

ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi

TOP