ビアガーデンだけじゃない、お酒を楽しむ東京のナイトガーデン<トレンド通信>


  1. オズモールTOP >
  2. ビアガーデンだけじゃない、お酒を楽しむ東京のナイトガーデン<トレンド通信>

東京女子ナビ

東京女子のホンネとトレンドをナビゲーション

Trend Recommend

おしゃれ&おいしいナイトガーデン
夏ならではの飲み会が楽しすぎる!

まだまだ残暑厳しい8月。暑気払いにパーっと飲みに行くなら、屋外のビアガーデンが気分。でもどことなく、おじさんっぽいイメージもあったりして? いえいえ、そんな心配はご無用。美に効くフードやスイーツが楽しめるビアガーデンなら、女子会だって盛り上がりそう。話題のフローズンビールなどが飲めるお店も連日大盛況で、この夏ブレイクのモヒートや定番人気のハイボールなど、ビール以外のお酒をフィーチャーしたイベント感覚のスポットも。もはや“ビアガーデン”というおなじみの呼び名ではくくれない、おしゃれな“ナイトガーデン”が続々登場。どこも期間限定だから、さっそく行くしかない!

おしゃれ&おいしいナイトガーデン 夏ならではの飲み会が楽しすぎる!
Trend Report
  • 美しくなるビアガーデン「Beer & BBQ & Bar terrace@888」

    美意識の高い女子たちが集う!?
    華やかムードの屋上ビアガーデン

    松屋

    キレイ磨きに励むオトナ女子が続々訪れているとウワサなのが、松屋銀座の屋上で開催中の“美しくなるビアガーデン”Beer & BBQ & Bar terrace@888。“美しくなる”をテーマに、フードはバーニャカウダやベジタブルブレッドなど、野菜たっぷりのヘルシーメニュー。松屋銀座といえばの名物「銀座はちみつ」を使ったカクテルも、ここでしか飲めないからぜひ試してみて。ビールが苦手な人でも、屋上でワイワイと乾杯するビアガーデンの楽しさを満喫できるはず。シメはマンゴーやアップルなど5つの味から選ぶ「銀座はちみつのふわふわ氷のサンデー」(1200円)で、さっぱりとお口直しを♪

    ダークブラウンのウッドテーブルや随所に設置されたグリーンがリゾート風な、女子会にもぴったりなインテリア。銀座はちみつを使用したフローズンダイキリやハイボールなど、アラカルトメニューも多数。フレッシュ野菜たっぷりの3品がセットになったメニューは、2時間飲み放題付きで1名4500円

  • シェアードテラス 外苑いちょう並木

    夜の外苑いちょう並木に面した
    うっとりなロケーションにも酔いしれて

    アフタヌーンティー

    外苑いちょう並木に面する人気ベーカリーカフェ「シェアードテラス」のテラス席が、期間限定で夕方から「ビアードテラス」なるビアガーデンに変身。夜風にそよぐ葉音まで聞こえそうなほど、いちょう並木が間近に。ビールやスパークリングワインでシュワッと喉をうるおして、都会の暑さを忘れる極上の夕涼みタイムを。おつまみにぴったりなキャベツとアンチョビのタルティーヌ、牛ほほ肉とマッシュポテトのチーズグラタンといったタパスは、すべて一皿500円のワンコインプライス。内容が日替わりで変わり飽きないから、過ぎゆく夏を惜しんで何度でも通っちゃいそう!

    夏季限定で登場するフードやドリンクもあり、屋外のテラスで飲む楽しさが倍増。パイ生地を使ったサクサク感がおいしいタルティーヌなど、おしゃれなメニューもワンコインで。ビールはもちろん、スパークリングワイン(グラス735円~)やオリジナルスパークリングカクテル(840円)など、夜デートで飲みたいお酒も各種揃う

  • BACARDI MIDPARK CAFÉ

    今しか飲めないこだわりのモヒートで
    夏気分をまだまだ爽快に楽しんで!

    ミッドタウン

    暑い日に飲みたいカクテルといえば、ミントとライムの清涼感がたまらないモヒート。東京ミッドタウンに毎年夏季限定でオープンする屋外カフェ「BACARDI MIDPARK CAFÉ」は、モヒート好きなら絶対訪れるべき。ベースのラム酒は、世界のバーテンダーが支持するプレミアムなラム酒「BACARDI」。スタンダードなモヒート以外にも、昨年大好評だったフローズンモヒートが今年もお目見え。さらには日替わりで登場する日本各地の食材を使ったご当地モヒートなど、一度は試したいレアなモヒートが勢揃い。緑豊かなガーデンで飲めば、爽快さも格別なはず!

    ガーデンパーティのような雰囲気で、都会にいながら緑を感じられるロケーションも魅力。石川県の「奥能登塩モヒート」や北海道の「ハスカップモヒート」、京都府の「宇治抹茶モヒート」などのご当地モヒート(各700円)が、週替わりで全9種類登場。初体験のモヒートに、会話も弾みそう

  • HIGHBALL GARDEN 2013 in TOKYO TOWER

    夜の東京タワーを見上げながら
    ひえひえのハイボールでカンパ~イ!

    東京タワー

    昨年も大好評だった屋外ガーデン「HIGHBALL GARDEN 2013 in TOKYO TOWER」が、今年もオープン中。ライトアップされた東京タワーの真下で飲む、キリッと冷えたハイボールは格別なおいしさ。定番の角ハイボールと北海道ザンギ(鶏の唐揚げ)のセットが550円、さらに大展望台とチケットとのセットが1100円など、プチプライスなので気軽に立ち寄れそう。夜空に浮かぶオレンジ色の東京タワーをイメージした「東京タワーハイボール」や、爽やかな甘酸っぱさの「角ハイボール柚子」(各550円)など、変わり種も見逃せない。残暑の疲れも癒される1杯を求めてGO!

    東京タワーの真下に特設された屋外ガーデンは、お祭りの屋台を思わせる雰囲気で連日大賑わい。マザー牧場チーズ盛合せ(400円)やもつ煮込み(600円)、黄金のメンチカツ(250円)など、フードメニューはどれもお手頃価格。イベント気分で友達や同僚を誘って、ワイワイ楽しんでも

  • 一番搾り ガーデン 東京

    「一番搾り」のおいしさを、とことん
    味わいつくせるビール党のパラダイス

    一番搾り

    期間限定でオープンしている「一番搾り ガーデン」には、室内席のほかに屋外のテラスシートが全250席も。青々と茂る芝のガーデンで、まわりを囲む都会のキラキラな夜景を眺めながら生ビールをごくり。これって最高の贅沢かも! CMでもおなじみの「一番搾りフローズン〈生〉」(700円)は、スタッフのアドバイスを受けながら自分で作るのもOK。やってみると意外と難しいだけに、できあがった一杯を飲む瞬間は心弾むはず。固形燃料を入れたアルミバケツに鍋を乗せて焼く「遠野スタイル ジンギスカンバケツセット」(1人前1950円、2人前~)や、「一番搾り」を使用したスペシャルなフードメニューは、どれもビールとの相性抜群。

    目を引く印象的な建物は、若手建築家・平田晃久氏がデザイン。甘くほろ苦い「一番搾りツートン〈生〉コーヒー」(650円)、カシスやオレンジ味の「一番搾りフローズン〈ビアカクテル〉」(650円)など、気になるメニューがいっぱい。ころもに「一番搾り」を使った「白身魚のさっくり揚げ 一番搾りのころも」(700円)は、ふんわり軽い食感

Let’s try the trend

撮影/佐野学(シェアードテラス)、取材・文/高坂知里

向上アンケートdeプレゼント

OL生活向上委員会で当てよう10のプレゼント

INFORMATION

MOBILE

OZmallmobile
『OZ』の厳選情報を詰め込んだ携帯サイト(会員無料/通信費別途)

ページTOP
  1. オズモールTOP >
  2. ビアガーデンだけじゃない、お酒を楽しむ東京のナイトガーデン<トレンド通信>
シェアする twitter|facebook|mixi

TOP