OZmagazine編集長の「F太郎通信2017」15通目

長い間ありがとうございました

オズマガジン編集長古川が、日々の中で感じたことを、読者のみなさんに手紙を書くようにつづったエッセイのようなものです。

更新日:2017/12/24

こんばんは。2週間ぶりです。お元気でいらっしゃいますか? いよいよ今年もあと少しでおしまいですね。1年間、本当にあっという間でした。今年もみなさんにオズモールを使っていただいたり、サイトを見に来ていただいたり、オズマガジンを購入いただいたこと、感謝しています。ほんとうにありがとうございました。みなさんのおかげで、いま、今年もいい1年だったと思うことができています。

思い返すと「よりみちじかん」というオズマガジンのサイトが生まれたのが、今年の6月でした。そしてその最初の日にこの手紙の1通目をアップさせていただいてからちょうど半年間、みなさんに2週間に1回、休まずに手紙を書き続けたことになりました。

いま思うと、いろいろなシチュエーションで手紙を書きました。真夜中だったり、明け方だったり、遠く旅先だったり。そして手紙を書くたびに多くの方がコメントを書いてくださって、それも書き続ける力になりました。コメントをくださったみなさんに、この場を借りてお礼をお伝えさせていただきます。本当にありがとうございました。

急なご報告になりますが、僕からの「編集長の手紙」は、今回が最後になります。

というのも2018年1月発売号から、オズマガジンの編集長は、いままで副編集長をやっていたイノウエがやらせていただくことになりました。まだどのような形でこのページを変えていくかは決まっていませんが、いずれにせよ、僕が「オズマガジン編集長」としてみなさんに手紙を書いたり記事を書いたりすることは、もうこれで最後です。

今年はオズマガジンが創刊30周年で、僕自身、編集長10年目の節目の年でした。その大切な1年を編集長として無事に終わらせることができ、その1年の最後に、大好きで心から信頼している編集部の仲間たちにオズマガジンというバトンを渡すことができて、とてもよかったなと思います。このサイトで記事を書いている編集部のタキセ、スドウ、クマダ、クリヤマは、来年も変わることなくオズマガジンとサイトを作っていきます。裏に回って企画・運用をしているサイトウもふくめ、編集部6人は変わらずです。ほんとうにものづくりに真っすぐで、尊敬できる仲間たちです。来年も今年と同じメンバーで作るオズマガジンを、変わらず読んでいただけたら嬉しいです。

31年目のオズマガジンは、いくつか新しいことを考えています。

オズマガジンというのは雑誌の名前ですけど、もう雑誌だけにとどまらず、もっともっと新しいチャレンジをしていこうと思っています。たとえば今年誕生した「よりみちノート」の本格的な始動だったり、この「よりみちじかん」のパワーアップだったり、みなさんに直接お会いするイベントだったり。それだけじゃなくて、胸の中にはもっと(夢みたいな)楽しい企画もたくさん入っています。

とにかくこの世界の「よりみち」のきっかけを集めて、誰かの「いい1日」のお手伝いをすること。そしてその分だけ町にいい1日が増えて、笑顔が増えて、できれば争いが少なくなっていくこと。それが僕たちが考えていることであり、いままで本を作ってきた理由です。でもこの時代にそれを叶える手段が「本」だけだなんて僕たちが決めつけていたら、それはもうきっと、とんだ独りよがりだと思うのです。

だから僕自身は編集長という立場を離れて、そのオズマガジンの考える「よりみち」の楽しさを、本だけではなく、いろいろな形で世の中に届けていくことをしていきます。そういう意味では、また別の形でみなさんとお会いできると思います。その時を楽しみにしています。

大好きなCaravanというアーティストが「Changes」という歌でこう歌っています。

変わらずにいるためには、変わり続けなくてはならない。そして変わっていくのに必要なものは力じゃなくて勇気で、大切なのは時間じゃなくてイメージだと。

オズマガジンがこの先も変わらないでいるために、そしてもっとたくさんの人の役に立てるように、変わり続けなくてはなりません。そして来年はまた新しいスタートの年になると思います。

わたしたちが生きているこのスピード感のある時代の先になにが待っているかなんて、誰にもわかりません。いいこともあると思いますし、うまくいかないこともあるでしょう。投げ出したくなったり、泣きたくなるようなことだってあるかもしれません。

それでもオズマガジンは、日々の小さな「よりみち」を集めて、いつも変わらずにここにいます。「どこか出かけたいなぁ」とか「週末暇だなぁ」というときはもちろん、毎日に窮屈さを感じたり、うまくいかないことがあった日も、ぜひ会いに来てください。僕たちはいつだってここにいて、静かに、それでも世界は美しいのだということを信じ続けています。

「よりみちしながら、ゆっくり生きましょう」

では。いい1日を。

OZmagazine WEB よりみちじかん

雑誌OZmagazineは、日々の小さなよりみち推奨中。今日を少し楽しくする、よりみちのきっかけを配信していきます。

OZmagazine WEB よりみちじかんTOP

  • LINEで送る