味も見た目も大満足のフルーツさんぽへ

ここ数年、いろいろな形でフルーツを楽しめるお店が増えてきました。老舗の思いの丈がぎゅっと詰まったパフェ、ふわふわの夢のようなパフェ、ちょっと大人な味わいのパフェ・・・。忙しい毎日に、スッと潤いをプラスしてくれるフルーツたちを食べにぜひ。

更新日:2018/06/18

DoubleDoors 七里ヶ浜店

懐かしさにキュンとなるプリンアラモード

 シェアオフィスco-labに併設された、渋谷のaruru やurura の姉妹カフェ。どこか懐かしいプリンアラモード918円は、古きよき喫茶店文化へのオマージュ。季節のフレッシュなフルーツがお皿いっぱいにトッピングされ、濃厚で硬めのプリンや風味豊かなバニラアイスとほおばれば幸せな気分に。

写真のプリンアラモードのフルーツは彩りも意識しつつ5~6種類。夏はイチジクやメロンなど、季節によっても使うフルーツが変化します。その日に届く新鮮で良質なものを使っています。

Åre(オーレ)

TEL:03-6434-1129
住所:東京都渋谷区渋谷1-23-21渋谷キャスト1F 
営業時間:8:00~22:00(フード21:00LO、ドリンク21:30LO) 
定休日:なし
席数:55
アクセス:渋谷駅より徒歩8分

資生堂パーラー 銀座本店 サロン・ド・カフェ

濃厚で甘いメロンの王様が贅沢なパフェに

 1902(明治35)年生まれの老舗パーラー。2018年6月は、マスクメロンの王様と言われる「クラウンメロンのパフェ」1980円がお目見え。果肉やソルベ、ピューレ、ゼリーなどで、クラウンメロンのジューシーな食感や、芳醇な香りを味わえます。別添えの抹茶ソースをかければ、渋みの中に甘みが見え隠れ。2018年7月には、桃やマンゴー、ブルーベリー、夏イチゴが登場するパフェフェアを予定です。

店内は、真っ白なテーブルクロスが敷かれ、気品あふれる空間。ソーダ水とアイスクリームの製造・販売を始めたことでも有名です。

資生堂パーラー 銀座本店 サロン・ド・カフェ(しせいどうパーラー ぎんざほんてん サロン・ド・カフェ )

TTE:03-5537-6231
住所:東京都中央区銀座8-8-3東京銀座資生堂ビル3
営業時間:11:30~21:00(20:30LO) 日・祝~20:00(19:30LO)
定休日:月※祝の場合営業
席数:46
予約:不可
アクセス:新橋駅1出口より徒歩5分、銀座駅A2出口より徒歩7分 

Neue

1日の疲れも吹き飛ぶ 1皿のデザートを食べに

 繊細でいて、独創的なパフェが人気を集める夜カフェ。フルーツをふんだんに使ったパフェは常時2種類が揃い、日によって内容は異なります。カヌレなど焼き菓子のテイクアウトもおすすめ。来店は、予約がベター。ワンドリンクの注文が必須です。

写真のさくらんぼを使ったパフェ1620円は、赤ワインとシナモンで煮たチェリーや、濃厚なピスタチオクリームを合わせていて、かわいいだけじゃない、ちょっと大人な味も楽しめます。

Neue(ノイエ)

TEL:03-6407-1816
住所:東京都世田谷区北沢2-7-3ハイツ北沢1F
営業時間:18:00~22:00(LO)日・月15:00~19:00(LO)※売り切れしだい終了
定休日:火・水・ほか不定休あり
席数:10
アクセス:下北沢駅より徒歩3分

渋谷西村フルーツパーラー道玄坂店

フルーツへのこだわりが詰まった最後のひと口まで堪能して

 開業82年目の老舗フルーツパーラー。10種ほどの果物が楽しめるフルーツパフェ1430円や、貴重な品種の果物を使った"特選シリーズ"、開業当時からあるフルーツあんみつなど豊富なメニューが揃う。各パフェの最下層には必ず食べ頃の果物が。

写真左は、イチゴジェラートやマンゴーのジュレなど、何層にも重なる奥深い味わいで絶品です。写真右上、ロゴのメロン模様には「シブヤニシムラ」の隠れ文字が。そんな細部へのこだわりが長く愛されてきた理由かもしれません。写真右下、果物に合わせて生クリームの味が調整される特選 季節のフルーツサンド1680円も絶品です。

渋谷西村フルーツパーラー道玄坂店(しぶやにしむらフルーツパーラーどうげんざかてん)

TEL:03-3476-2002
住所:東京都渋谷区宇田川町22-2-2F
営業時間:10:30~23:00(22:30LO) 日・祝10:00~22:30(22:00LO)
定休日:なし
席数:124
アクセス:渋谷駅よりすぐ

フルーツパーラー ゴトー

最後のひと口まで甘~いマンゴーにうっとり

 「フルーツを食べてほしい」というシンプルでまっすぐな思いを持つ老舗。季節のフルーツをふんだんに使った美しいパフェを楽しめます。とろりと甘く、自然に落果するまで完熟させたマンゴーを飾った宮崎産の完熟マンゴーのパフェ1980円は、この時季だけの贅沢。マンゴーの果肉と自家製のマンゴーアイスが溶け合う、至福の甘さを体感しよう。

写真右上、マンゴーは繊維を断つように切ると口当たりがなめらかになるのだそう。

フルーツパーラー ゴトー

TEL:03-3844-6988
住所:東京都台東区浅草2-15-4 
営業時間:11:0~19:00(18:30LO) 
定休日:水、ほか臨時休業あり 
座席:24
アクセス:つくばエクスプレス浅草駅より徒歩5分

wired bonbon ルミネ新宿店

綿あめのドレスに包まれた夢のパフェ

 WIRED CAFÉから誕生したスイーツカフェが2018年3月にオープン。植物性食材を使用したヴィーガンスイーツのほかバインミーや島豆腐のドライカレーなどの食事メニューもあります。きび砂糖の綿あめをまとったアーモンドミルクソフトクリームのパフェ、ボンボンドクレーム ストロベリーボンボン1382円が人気。米粉のクレープをキャラメリゼしたクレープブリュレ オレンジショコラアーモンド1058円や、豆乳アイスにフルーツを重ねたパフェもおすすめです。

wired bonbon ルミネ新宿店(ワイアードボンボンルミネしんじゅくてん)

TEL:03-6304-5755
住所:東京都新宿区西新宿1-1-5ルミネ新宿 ルミネ1-6F 
営業時間:11:00~22:30(フード21:45LO、ドリンク22:00LO)
定休日:ルミネ新宿1に準じる
座席:59
アクセス:新宿駅直結

OZmagazine 7月号「おいしいフルーツ」特集

ここ数年、フルーツへの注目が高まっています。おいしくてヘルシーなのはもちろん、見目麗しいフルーツサンドやパフェが続々登場中。老舗から最新トピックまで、さまざまな話題をおいしく楽しくピックアップ。第2特集の、駅近のサラダ店ガイド&ひんやりスイーツカタログとあわせて、カラフルな1冊をお届けします! 今月も、いい1日を。

発売
2018年6月12日(火)
定価
593円+税
ホームページ
オズマガジンWEB

PHOTO/masa(PHOEBEE)、MIHARU KIMURA、MIHO KAKUTA、YUKO CHIBA(DOUBLE ONE) WRITING/AKIKO MORI、AYAKO FUTATSUYA、KAORI MINETSUKI、MAKI FUNABASHI、MIYO YOSHINAGA、MOE KUMADA(OZmagazine)

※オズマガジン2018年7月号「おいしいフルーツ」の記事転載 
※掲載店舗などの情報は、取材時と変更になっている場合もございますので、ご了承ください

雑誌OZmagazineは、日々の小さなよりみち推奨中。今日を少し楽しくする、よりみちのきっかけを配信していきます。

OZmagazine WEB よりみちじかんTOP

  • LINEで送る