オズマガジン「中央線さんぽ」

オズマガジン
オズマガジン

 中央線がにわかにおもしろい!と聞きつけてやってまいりました。今までにないおやつ屋さん、新感覚のカレー専門店、古い喫茶店の雰囲気をまとったカフェ、お酒も楽しめる女性店主の食堂など、どれも中央線らしい個性とカルチャーを感じさせるお店が増加中。新旧の名店が入り交じり、小さな路地が多い中央線沿線は、よりみちを楽しむのに最適な町。ひとつの町をじっくり巡るもよし、会社帰りにさらっと立ち寄るもよし、隣駅まで歩くもよし。楽しみ方は無限、足の向くまま気の向くままに。中央線さんぽで、どうぞいい1日を。

発売:2017年7月12日(水)
定価:593円+税

目次

お詫びと訂正

オズマガジン8月号(7/12発売)の掲載記事に誤りがありました。
P27で紹介した太宰治ゆかりの地「太宰治文学サロン」の写真は、「井心亭」の外観写真です。
関係者ならびに読者の皆さまにご迷惑をおかけしましたことを謹んでお詫びし、ここに訂正いたします。

編集部からのお知らせ

OZmagazine読者プレゼント

アンケートに答えると抽選で素敵なプレゼントが当たる!

ボタニカル処方のボディウォッシュとボディミルクのセット、色が変わる泡ハンドソープ、海外の良質な生産者から生み出された珠玉のオリーブオイル。さらに、フォトジェニックなギフトセットやシュールなモチーフだけど温かみのあるイラストで話題の仏像文具などが合計15名様に当たる。

NEXT ISSUE 次号予告

次号は「アートとカメラの旅」 8月10日発売

新しい美術館や芸術祭など、今年も日本全国で注目のアートが目白押しです。そして地方には豊かな食や、独自の文化など、併せて味わいたい魅力がたっぷり。思わずケータイやカメラを向けたくなる場所へ、一緒に旅しましょう。第2 特集では、六本木&横浜の気軽に行けるアートなおでかけも提案します。■富山県美術館、間もなくグランドオープン! ■札幌国際芸術祭や奥能登国際芸術祭など、注目のアートフェスへ ■神戸、京都、松本ほかアートな町さんぽ ■ヨコハマトリエンナーレ&六本木でアート巡りをしよう

※ 特集の内容は予告なく変更になる場合がございます。ご了承ください

バックナンバーの購入はこちら

雑誌OZmagazineは、日々の小さなよりみち推奨中。今日を少し楽しくする、よりみちのきっかけを配信していきます。

  • LINEで送る

TOP