【プラネタリウム】ブラックホールやオーロラが飛び出す!立体投影に引き込まれる「シンラドーム」で、宇宙を体感しよう

科学技術館にあるシンラドームでは、ドーム全体から映像が飛び出してくるように見える立体投影が楽しめる。直径10mのドームスクリーンいっぱいに広がる映像は一般的なプラネタリウムとはまた違った世界観で、抜群の投入感に大人もワクワクしてしまう。世界の美しい星空やオーロラ、巨大なブラックホールを紹介する映像作品の上映のほか、天文学をはじめとする最新科学の話題を紹介するライブショーなども必見。

更新日:2018/06/26

ドーム全体から映像が飛び出す!大人も楽しめる迫力ある立体投影

「シンラドーム」では、日曜日から金曜日まで、毎日6回上映があり、そのうち3回は専用のメガネをかけて立体投影が楽しめる。ドーム全体から飛び出してくる映像は迫力満点。立体投影はオリジナル宇宙映像作品の「コズミック・ディスカバリーズ」のほか、チリのアタカマ砂漠で見られる星空や、天の川銀河の中心にひそむ巨大なブラックホールの存在を解説する「Journey to the Centre of the Milky Way」、2013年の春から夏に掛けて北極と南極で撮影された、美しく夜空を彩る迫力の全天周オーロラ映像の「Aurora 2013 Solar Maximum」など、直径10mのドームスクリーンいっぱいに広がる世界に引き込まれる。

ドームシアターや約20の展示室など、科学や技術に親しめる体験がいっぱい

「シンラドーム」は直径10m傾斜型スクリーンを有する、全62席の立体フルデジタルドームシアター。星空だけでなく、オーロラや宇宙の姿、またDNAや元素といった科学映像を毎日上映している。昨年7月に映像音響システムやスクリーンを一新し、より美しく迫力ある映像が楽しめるようになった。ほかにも、コンピューターシミュレーションやネットワークを活用し、天文学をはじめとする最新の科学の話題を紹介する科学ライブショー「ユニバース」を毎週土曜日に行っている。どれも定員の62席を超えては入場できないので、お目当てのプログラムは早めにチェックしよう。

科学にまつわるアイテムが揃うミュージアムショップは、入館しなくても利用OK

建物の1階にあるミュージアムショップは、入館者以外でも利用できる。科学実験キットや科学玩具、書籍などが揃っていて、ネットショップでも購入可能。おなかが空いたら、地下の「パークレストラン」や4階の軽食堂へ。「パークレストラン」では週末限定でブッフェも開催。館内へはお弁当などの持ち込みもOKなので、休憩テーブルを利用してお手軽ランチもできる。子どもやファミリー向けの内容も充実しているが、大人も十分に楽しめる科学技術館。シンラドームの映像とともに、体験プログラムや実験ショー、買い物、食事など、1日たっぷり楽しもう。

プラネタリウムの後に行きたいおすすめレストラン

PHOTO:L'ART ET MIKUNI

科学技術館で星空観賞を楽しんだ後は、近くのレストランへ。きらめく星空のロマンティックな余韻に浸りながら、おいしい食事を楽しもう。編集部が実際に足を運んで厳選したレストランのおすすめプランをご紹介します。

科学技術館

スポット名
科学技術館
電話番号
0332128458 0332128458
住所
東京都千代田区北の丸公園2番1号 Map
営業時間
9:30~16:50 (入館は16:00まで)
交通アクセス
東京メトロ「竹橋駅」より徒歩7分、「九段下駅」より徒歩10分
料金
大人720円、中高生410円、4歳以上260円
ホームページ
科学技術館公式HP

【特集】都心で満天の星空を望む、大人のプラネタリウム

この夏は、小旅行気分が味わえるプラネタリウムに出かけてみない? 世界の空を望むプログラム、寝転がって鑑賞できる芝シート、専用ゴーグルで体験する迫力の3D映像など、非日常感が味わえる東京近郊のプラネタリウムをピックアップしました。都心ではなかなか出会えないきらめく夜空を、天気を気にせず眺めることができます。ゆったりくつろげるシートに身を委ねて星空散歩を楽しむ、贅沢なひとときを過ごして。

WRITING/AYAKO OKABE

  • LINEで送る