【プラネタリウム】個性豊かな“生”解説が楽しめる。宇宙飛行士の若田さんが名誉館長を務める大宮「さいたま市宇宙劇場」

「さいたま市宇宙劇場」は、埼玉県大宮市出身の宇宙飛行士、若田光一氏が名誉館長を務めるプラネタリウム施設。天の川の星を含むおよそ1憶個の美しい星空を投映する最新式プラネタリウム投映機と、全天周8Kデジタル映像システムによる臨場感あふれる迫力の映像が楽しめる。プラネタリウム観賞のほか、観望会や宇宙や星に関するイベントなど、小さな子どもから大人も楽しめるさまざまなプログラムを行っている。

更新日:2018/06/28

迫力の「映像の時間」、子ども向けの「こどもの時間」では、期間限定のプログラムが楽しめる

期間限定で内容が変わるプログラムは、高精細で迫力ある全天周デジタル映像番組を投映する「映像の時間」、子どもたちが楽しく天体に親しめる「こどもの時間」の2つ。「映像の時間」では6月1日から期間限定プログラムとして「HAYABUSA2 RETURN TO THE UNIVERSE」上映中。自らは燃え尽きながらも、私たちに小惑星イトカワのかけらを届けてくれた“はやぶさ”が“はやぶさ2”となってスクリーンに蘇る。ファミリー向けの「こどもの時間」には人気アニメ「クレヨンしんちゃん」が登場。番組前半はスタッフの生解説を交えて解説し、家族で楽しく星座探しなどの体験ができる楽しい内容になっている。

生解説とともに楽しむオリジナルプログラム「星空の時間」

個性豊かな解説員が星空の生解説を行うのもさいたま市宇宙劇場での楽しみのひとつ。特に「星空の時間」では、その日に大宮駅前から見える星空を眺めながら、星座や星の満ち欠け、見ごろの惑星など、当日の夜の天文現象を紹介。構成から演出まですべて本館のスタッフが制作している、約45分間のオリジナルプログラム。その場にいる客層に合わせて、大人が多いときはしっとりと癒しの時間に、子どもが多いときには元気にワクワク楽しめるようにと話してくれるのも、生解説ならでは。毎回新しい気分で見ることができる。

週末のデートにぴったり。常設プログラム「音楽の時間」もおすすめ

季節ごとの身近な星や宇宙について知ることができる「星空の時間」は定番のプログラム。その日の星空やタイムリーな天体ショーを、複数の解説スタッフがバラエティ豊かに案内してくれる。また、カップルで訪れたいのが週末限定のプログラム「音楽の時間」で、毎週土曜日19:30~のみ投映される。「星に願いを」など、音楽を聴きながら美しい星空を眺めることができるから、ロマンティックな雰囲気を楽しみたいデートにぴったり。また、天体望遠鏡で実際の星空を見るイベントをJACK大宮の屋上で毎月1回開催している。直近では七夕の7月7日(土)と、8月4日(土)20時~21時。無料で参加できるので「音楽の時間」とともにデートで訪れてみては。

プラネタリウムの後に行きたいおすすめレストラン

PHOTO:大宮璃宮 四季庭

さいたま市宇宙劇場で星空観賞を楽しんだ後は、近くのレストランへ。きらめく星空のロマンティックな余韻に浸りながら、おいしい食事を楽しもう。編集部が実際に足を運んで厳選したレストランのおすすめプランをご紹介します。

さいたま市宇宙劇場

スポット名
さいたま市宇宙劇場
電話番号
0486470011 0486470011
住所
埼玉県さいたま市大宮区錦町682番地2JACK大宮3F Map
営業時間
平日13:00~19:00、土10:00~20:30、日祝10:00~19:00 ※最終投映時刻は、閉館時刻の1時間前
定休日
毎週水曜日、祝日の翌平日、年末年始および臨時休館日
交通アクセス
JR・東武野田線「大宮駅」より徒歩3分
料金
高校生以上610円、4歳~中学生300円
ホームページ
さいたま市宇宙劇場公式HP

【特集】都心で満天の星空を望む、大人のプラネタリウム

この夏は、小旅行気分が味わえるプラネタリウムに出かけてみない? 世界の空を望むプログラム、寝転がって鑑賞できる芝シート、専用ゴーグルで体験する迫力の3D映像など、非日常感が味わえる東京近郊のプラネタリウムをピックアップしました。都心ではなかなか出会えないきらめく夜空を、天気を気にせず眺めることができます。ゆったりくつろげるシートに身を委ねて星空散歩を楽しむ、贅沢なひとときを過ごして。

WRITING/AYAKO OKABE

  • LINEで送る