恋がきらめく夏のプラネタリウム

お花茶屋駅

かつしかくきょうどとてんもんのはくぶつかん

葛飾区郷土と天文の博物館

葛飾区郷土と天文の博物館

天文フロアのプラネタリウムには、リアルな星空を再現する「光学式プラネタリウム」と、CG映像が美しい「デジタルプラネタリウム」の2つのシステムを搭載。すべてのプログラムがオリジナルの生解説で、夏には日米共同の作品が登場。年に数回、プラネタリウムコンサートも行われる。※2017年11月~2018年5月末ごろまで施設改修のためプラネタリウムは休演

非日常を感じるポイント

日米共同制作の癒しプログラム

2017年7月21日(金)よりスタートする、日米共同制作の「ハワイ、海と星と ~レイ・ホークー、ヘ・ピリアロハ~」。ハワイアンミュージックの優しい音色とともに、「すばる望遠鏡」がとらえた最新の宇宙を堪能。

東京・葛飾の星空を見上げて

毎週金曜日・土曜日(祝日を除く)の19時30分から20時30分の1時間は、天文台の大型望遠鏡で夜空を眺める「かつしか星空散歩」を開催。夏の夜、きらめく星の世界を眺めながら夕涼みを満喫。

上映プログラム 「星空のアンサンブル ~シンフォニー・オブ・ユニバース 番外編~」2017/7/17(祝・月)まで、「ハワイ、海と星と ~レイ・ホークー、ヘ・ピリアロハ~」2015/7/21(金)~8/31(木)ほか
アクセス 京成線お花茶屋駅より徒歩8分
住所 東京都葛飾区白鳥3-25-1MAP
開館時間 9:00~17:00、金・土9:00~21:00(入館は閉館の30分前)※プラネタリウムは平日1回、土・日・祝は4~5回上映
休館日 月(祝の場合は開館)、第2・4火(祝の場合翌休)、年末年始
料金 入館料大人100円、入館+プラネタリウム観覧料450円
問い合わせ 03-3838-1101
Webサイト http://www.museum.city.katsushika.lg.jp/planetarium/index.php

この夏をちょっと素敵にする10の体験_東京近郊のイベント&スポット2017



PR

シェアする twitter|facebook|mixi

TOP