アーユルヴェーダがおすすめのリラクゼーションサロン一覧

アーユルヴェーダ

PHOTO:グラン・イーノ 自由が丘店

編集部厳選の上質サロンで、全身とろけるようなアーユルヴェーダを体験。インド伝統療法で心と体のバランスを整えて、ストレスや不調をリセットしよう。体質を診断するドーシャチェックから、1人ひとりの特性や生活法のアドバイスなども紹介。

プランを検索する

アーユルヴェーダとは?

アーユルヴェーダとは?

「アーユルヴェーダ」とは、サンスクリット語のAyuh(生命・寿命)Veda(科学・知識)を合わせた言葉で、インド・スリランカで生まれた約5000年の歴史を持つ医学療法のこと。中国の漢方と同様に、世界保健機構(WHO)によって公式に承認されている。西洋医学は病気の症状を取り除く治療医学であるのに対し、アーユルヴェーダではより健康的に、長寿や若さを保つことを目的とした予防医学とされている。体を構成する3要素(ドーシャ)の偏りが不調を生むとされ、心身バランスの均等をめざす。

アーユルヴェーダプランを検索

脳のマッサージ シロダーラ

脳のマッサージ シロダーラ

“脳のマッサージ”と呼ばれる「シロダーラ」は、額のチャクラ(反射区)に温かいオイルを一定量垂らし続けて、一種の瞑想状態をもたらすアーユルヴェーダ特有の技法のこと。ゆっくり浸透圧をかけることで、中枢神経をリラックスさせる。“心の治療法”とも言われ、ストレスや不眠、イライラなどの緩和にも効果が期待できる。

シロダーラプランを検索

3つのエネルギー ドーシャとは?

3つのエネルギー “ドーシャ”とは?

アーユルヴェーダのトリートメントでは、もともとの体質と合わせて、現在バランスが乱れている「ドーシャ」を鎮静しながら体の不調をケアしていく。ドーシャとは、私たちの体や心の基礎になるエネルギーのこと。ヴァータ、ピッタ、カパという3つの要素に分けられ、この3つのバランスが取れていれば健康が維持できる、というのがアーユルヴェーダの考え方。3つのバランスが崩れると心と体に不調が起きてしまうが、バランスには個人差があるため、まずは自分のドーシャバランスを知ることが大切。早速、タイプを診断してみよう。

ドーシャチェックをする

取材協力:アーユルヴェーダ専門店 Expanse..SPA 銀座中央通り店

編集部おすすめプラン

アーユルヴェーダの体質チェック

インドの伝統療法であるアーユルヴェーダでは、もともと持つ体質と合わせて、“ドーシャ”を鎮静しながら体の不調をケアする。ドーシャは3つのエネルギー「ヴァータ」「ピッタ」「カパ」に分けられ、このバランスの乱れがさまざまな不調を引き起こす要因になると考えられている。まずは、自分の心と体のバランスを診断してみよう ドーシャのバランスは人によって異なり、決まったものではなく日々変化するもの。年齢や季節だけでなく、日々の食生活や生活習慣などの影響も受けるから、定期的にチェックしてみて

気性
体型
肌質
髪質
行動
精神面
体力
便通
睡眠
季節
好みの
味つけ
金銭
感覚

診断結果を見る

もっとも数の多いドーシャをチェック

0

0

0

※チェック数が同数の場合は、それぞれのドーシャの特性を参考にしてください

流行に敏感で想像力豊かな ヴァータ(風)体質

ヴァータ体質の特性
3つのドーシャの中で、最も機敏で活発なヴァータ。アイデアや話題が豊富で、人との交流も上手。新しいものや変化を好み、順応性があり、理解力、記憶力も高いのが特徴。アンバランスな状態になると、頭痛や腰痛、便秘になりやすく、寒がりで手足の冷えを強く感じることも。精神面でも優柔不断や不安定になりやすく、リラックスしにくくなると、人間関係にも支障を来たしてしまうので注意。
ヴァータ体質の生活法
体が冷えてしまわないよう、毎日の入浴と規則的な生活を心がけて。食生活も、決まった時間に3食きちんと摂ろう。トリートメントは体を温めるオイルをたっぷり使ったボディマッサージや、発汗療法がおすすめ。

頭の回転が速く情熱的な ピッタ(火)体質

ピッタ体質の特性
知的で情熱的なピッタ。チャレンジ精神が旺盛でリーダーシップがとれる。皮膚も輝いて、均整が取れたプロポーションをしている。アンバランスな状態になると汗っかきになり、じんましんが出たり、消化不良で胃の不調を感じやすくなりがちに。目も充血し、出血しやすくなるので鼻血にも注意。こうなると、イライラや批判的な考えになり、人と争ったり完璧主義に走ったりして、人も自分も追い詰め人間関係を壊してしまう原因に。
ピッタ体質の生活法
サウナや炎天下での運動など、体を過度にヒートアップさせることを避けよう。食事は、揚げ物や塩味の強いものの摂り過ぎは注意。森林浴や水辺での散歩など、自然に触れることで心が落ち着くはず。体に熱がこもりやすいので、ヘッドケアなどで頭脳(思考)を休ませて。

献身的で落ち着いている カパ(水)体質

カパ体質の特性
安定と寛容が目立つカパ。慈愛深く、波風が立たないことを望む。着実に物事をやり遂げる辛抱強さがあるが、その分、気持ちもモノも抱え込んでしまうことが多い。アンバランスな状態になると、だるさや眠さを訴え、ちょっと食べてもすぐに肥満になってしまうので要注意。鼻水、鼻づまりにも悩まされ、そのために思考が鈍くなり、大雑把になってだらしない印象を与えてしまう。嫉妬深く、執念深くなりやすい傾向も。
カパ体質の生活法
食べ過ぎや飲み過ぎ、運動不足に気をつけて。運動や早起きを心がけると改善される。冷えたり、体が重く何事も億劫に感じてきたら、脂肪燃焼のオイルを使って、刺激を与えるような手技でボディマッサージのトリートメントを。気持ちもモノも溜め込まない生活を。

取材協力:アーユルヴェーダ専門店 Expanse..SPA 銀座中央通り店

TOP