「輝き」重視の夏遊び計画 花火大会快適鑑賞マニュアル:STEP3:花火デートを楽しもう

OZmall 恋、キレイ、知性 東京女子が“今”したいコト

こんにちは、ゲストさん♪



STEP1:花火大会の魅力をチェック STEP2:花火大会に行こう! STEP3:花火デートを楽しもう

STEP1:花火大会の魅力をチェック

花火デートにおすすめの花火大会ベスト5

ふたりでゆったり鑑賞するなら、小さな規模の花火大会もいいけれど、夏のメインイベントとして、ビフォーアフターも満喫できる
華やかな花火大会をセレクト!

7/28(土)第30回 隅田川花火大会

住宅地で比較的低くあがるため、大迫力の花火が見られる。おすすめは花火コンクールが見られる第1会場。長命寺や首都高速向島線高架下、錦糸町駅周辺、両国国技館などの少し離れた場所を選ぶか、押上駅・業平橋駅など第1会場からほど近い穴場を選ぼう。

Before花火には・・・
両国や蔵前でちゃんこ鍋を楽しんだり、隅田川花火大会の歴史が分かる入館無料の「両国花火資料館」で知識を高めたりして江戸っ子気分を盛り上げよう。
After花火には・・・
浅草界隈や隅田川沿いを浴衣姿で情緒たっぷりに歩き回るのがおすすめ。浅草寺周辺の屋台や老舗の天ぷらやうなぎなど、下町グルメを楽しんで。

詳細を見る

8/4(土)第32回江戸川区花火大会(第23回市川市民花火大会と同時開催)

同じ河川敷で開催される花火大会でも、隅田川花火大会と比べれば空いているので、王道である土手に座って眺めるのがおすすめ。迫力のある花火が見たいなら江戸川区側、比較的空いているのは市川側。土手を移動しながら空いている場所を探せばOK。

Before花火には・・・
葛西臨海公園の水族園や観覧車でまったりデートも楽しそう。現地入りするときは最寄の篠崎駅は避けて小岩駅や京成江戸川駅を利用したほうがベター。
After花火には・・・
小岩駅へ徒歩で向かい、電車で錦糸町へ。駅の周辺にはたくさんの飲食店をはじめ、ショッピングビルやホテルなどもあるのでグルメを楽しんで。

詳細を見る

8/4(土)第49回いたばし花火大会&第55回戸田橋花火大会

荒川の両岸から広い範囲で見えるので、荒川土手のポジションを確保したいところ。夕方までに現地に行けば、2人くらいならある程度見えるところをキープできそう。4カ所から一斉にあがるスタート直後の「ワイドスターマイン」一斉打ち上げは大迫力!

Before花火には・・・
板橋側では19000席、戸田橋側では約930席という豊富な座席指定席が用意されているので、比較的指定席を購入しやすい。間に合えばぜひゲットして。
After花火には・・・
飲食店がたくさんある池袋の街に出るのがオススメ。サンシャイン60の展望台は、浴衣を着て行くと入場料が半額に。(展望台からも花火が観覧可能)

詳細を見る

8/11(土)第20回 東京湾大華火祭

都心のカップルに人気ナンバーワンの花火大会。近場なら豊海運動公園やお台場のデックス東京ビーチ、お台場海浜公園、フジテレビ(入場規制あり)のほか、潮風公園や日の出桟橋、竹芝ふ頭などがおすすめ。穴場スポットは『夢の大橋』やTFTなどの有明エリア。

Before花火には・・・
台場周辺は朝から人でごった返す可能性大だが、ビュースポットの整理券をもらうために朝から並び、ゲットしたら1日がかりで遊ぶのも楽しい。
After花火には・・・
汐留、晴海、豊洲、銀座などスポットはたくさん。台場周辺から抜け出すなら、ゆりかもめは大混雑の可能性が高いので、りんかい線を使ったほうがベター。

詳細を見る

8/16(木)日刊スポーツ主催 2007神宮外苑花火大会

都心で開催される大規模な花火大会。平日開催なので会社帰りのデートにもピッタリ。会場以外では、都庁展望台やNSビル展望室、六本木ヒルズの東京シティビューなどからも鑑賞スポット。のんびり見るなら新宿・赤坂・六本木などの高層ホテルで贅沢なひとときを!

Before花火には・・・
神宮花火らしさを楽しむなら4つの会場のチケットをゲットして。打ち上げ前にはステージでアーティストによるライブなど、花火以外の楽しみもたくさん。
After花火には・・・
表参道、赤坂など、歩いていける距離にたくさんのお店があるので、事前に予約しておくのがベター。麻布十番などまで足を伸ばすのも情緒があってグッド。

詳細を見る

-花火デートの心得-

理想は事前予約席を確保

早めに情報をつかんで、協賛席や有料鑑賞席を確保できるところは、購入しておこう。また、競争率は高いけれど、花火の見えるレストランやクルージングなどを予約できれば一気にリッチな気分に。慣れない浴衣姿で歩き回るのは予想以上に苦痛を伴うことも。

ダブルデートもオススメ

当日勝負の場合、せっかく早めに来て場所取りをしたとしても、トイレや買い物などで無人になると、撤去されてしまうことも。2ペアで行けば、常に2人一緒に行動することが可能なため、ひとりでさびしい思いをすることもなく、時間を有効活用しやすい。

大会最寄り駅改札での待ち合わせはNG

当然ながら大勢の人が押し寄せる駅では、電波混雑により携帯が通じない可能性もあり、出口規制などをしている場合も。改札は相手を探すのが困難なうえ、通行の妨げにもなる。できれば最寄り駅以外の待ち合わせ場所を決めておいて、電車に乗るのがベター。

トイレは最寄駅に着くまでに

花火会場のトイレは、ほとんどの場合、打ち上げ1時間前には既に長蛇の列ができ、会場程ではないものの、最寄駅のトイレも相当な混雑が予想される。乗車駅や乗換駅で行っておくこと。現地で行く場合は、大型ショップや休憩を兼ねてカフェなどを利用しよう。

浴衣を着慣れていない人は

花火大会観覧の場合は、慣れていない服装と下駄でかなりの長距離を歩くことを覚悟しよう。特に履きなれていない鼻緒がすれて足の指を痛めて歩けない、なんて人も。絆創膏を用意したり、こっそり履きなれたサンダルを持参するのもひとつの手。また、帯がきつくて気分が悪くなったり、着崩れたときのためにも、基本の帯結びは自分でマスターしておくのがベター。

>>浴衣の着付けをマスターしよう

教えてくれたのは 落合宏樹さん

WEBサイト「東京デートナビ」主宰。新名所評論家。20〜30代のカップルに向けて日本全国の最新デートスポットを中心に、デートコースや楽しみ方を各メディアに発信している。

>>東京デートナビHP

▲ページのトップへ

花火大会カレンダーをチェック

 

ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi
OZのプレミアム予約商品一覧
スターツ出版株式会社
ご利用前にお読みください