クリスマスデートプラン・東京ベイエリア編をプロデュース

OZmall 恋、キレイ、知性 東京女子が“今”したいコト

こんにちは、ゲストさん♪



東京OL・アキ プロデュース“忙しい”カップルに贈る「愛が深まるまったりお家デート」

- アキ(29歳)の場合 -

【プロローグ】 代理店で働くユージと付き合い始めて3年。最近すごく仕事が忙しい彼は、クリスマスイブの今日も仕事へ。昼間からデートできないのは残念だけど、ここはガマン。夕食はもっぱらコンビニor外食の彼のために、今日は私が手料理を作ってあげることに。久しぶりにゆっくり過ごせる夜だから、2人だけの時間をたっぷり楽しみたいな。

2月24日 クリスマスイブ

19:00 スーパーでお買い物

「アキのために、今日は早く仕事を切り上げてきたよ。」
仕事帰りのユージと、舞浜駅で待ち合わせ。イクスピアリの成城石井で夕飯の材料を買いに行くことに。買い物カートをひく彼、パプリカを選ぶ私。「なんか新婚みたい。」ちょっと顔がニヤけちゃうな。メニューは、彼の大好きなハンバーグとサラダ、そしてローストチキンに決定! ローストチキン、お母さんに教わった通り上手に作れるかな。

20:00 彼のお家で料理&食事

「指、切らないようにね!」
手伝ってくれるっていうユージと一緒に、キッチンで夕食作り。とはいえ、彼は味見ばっかりだけど。「このハンバーグ、かなりうまい!」だって。あんまり味見しすぎちゃダメだよ。ローストチキンもいい焼き色でしょ。
「メリークリスマス☆」ユージが買ってきてくれたワインで乾杯する。「久しぶりに美味しいもの食べたよ〜。」と大満足のユージ。やっぱり手料理にして良かった。

21:00 DVD鑑賞

食後はワイン片手に映画のDVDを観ることに。ユージが用意しておいてくれた映画は『ラブ・アクチュアリー』。私がその映画が大好きなこと、ユージ覚えててくれたんだ! 「感動したね〜。」観終わったあと、2人でその余韻にひたっていたら、ちょうど時計が0時に。するとユージがテレビの方を指差して言った。「あのクマのぬいぐるみ、アキへのプレゼントだから」。可愛いけど・・・プレゼントがぬいぐるみ!? 近付いていってクマを抱きかかえる私。よく見ると、赤いリボンを付けたクマの首もとにはキラリと指輪が。

【エピローグ】 「ちゃんと考えてるから、アキとのこと。」照れくさそうにユージが言った。その言葉だけで、十分伝わる。うれしくって、泣きそうになる。なんだ、ちゃんと考えてくれてたんだね。「あっ!ケーキ食べなきゃ」。恥ずかしさを隠すように、ユージが席を立つ。私はクマのぬいぐるみを抱きしめたまま、しばらく幸せをかみしめていた。

ワンポイント

普段忙しい彼とのデートなら、クリスマスはゆっくり過ごせるお家デートがおすすめ。ここぞとばかり料理の腕を見せつけて、「家庭的な女」を演出しちゃいましょう! 一緒にキッチンに立って料理をしたり、ケーキの飾りつけをしたりすると、ラブラブモードがアップしますよ。


ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi
OZのプレミアム予約商品一覧
スターツ出版株式会社