OZmall 恋、キレイ、知性 東京女子が“今”したいコト

こんにちは、ゲストさん♪



東京OL・ユウコ プロデュース“失恋した友達”に贈る「デトックス&元気になれるデート」

- ユウコ(26歳)の場合 -

【プロローグ】 高校時代からの親友メグミが泣きながら電話してきたのは、2週間前のこと。3年間付き合っていたカレに、突然「好きな人ができた」とフラれたらしい。失恋のショックで、最近はもっぱら会社のある丸の内と家の往復のみ。「もう恋なんてできない」と引きこもるメグミを、横浜へ連れ出すことにした!

2月23日 クリスマスイブイブ

13:00 中華街の中国茶カフェで待ち合わせ

案の定、メグミの表情が暗い。「全部、ぶちまけていいよ」と私がいうと、いつも明るいメグミが、泣きながら話し始めた。気持ちの整理がつかないこと、もう人を好きになれる自信がないこと、本気でカレが好きだったことを。私はメグミに、器の中でお花が咲く『丹桂漂香』というお茶を頼んであげる。泣くだけ泣いてスッキリしたのか、花を見つめながら、「癒されるね」とほほえむメグミ。
「私に任せて! 今日はメグミが元気になれるプランを用意してきたから」。

14:00 占いに行く

私がメグミを連れて行ったのは、中華街で評判の占いの館。 「次の恋にいつ出会えるか、しっかり診てもらわなきゃね!」。 占い師のアドバイスに、メグミは真剣に耳を傾ける。「近い未来、ステキな出会いがあるっていわれちゃった」と笑顔で報告するメグミに、ひと安心。次はどんな人と恋をするのかな、男らしい人がいいな、なんて盛り上がりながら、みなとみらいまで2人で歩く。

17:00 インターコンチネンタルホテルでホテルスパ

「次はあそこに行こう!」
そう私が指差したのは、『ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル』。以前メグミが「いつか行きたいね」といっていたホテルスパ『スパ ベイ ウィンドー』を、こっそり予約しておいたんだ。目の前に広がる夜のみなとみらいの海を眺めながら、大好きなアロマオイルでトリートメント。極上の癒しタイムに、私も日頃の疲れが取れていく。「なんかね、失恋した悲しみとか怒りとか、身体の中にあった嫌な感情が全部、流れ出ていく感じがする」。横でトリートメントを受けていたメグミがそうつぶやいた。

【エピローグ】 「もしかして、メグミちゃんとユウコちゃん?」 帰り際、みなとみらい駅で山本先輩とばったり遭遇! 山本先輩は、メグミが高校時代にずっと憧れてたテニス部の先輩だ。 「やっぱりそうだ。2人ともキレイになったね〜」と、相変わらず爽やかな先輩。 「良かったら、これから飲みに行かない?」という先輩の誘いを私は遠慮して、駅でメグミと先輩に手を振る。「今日はホントありがとね」とメグミ。 なんかお似合いな2人を見ていたら、きっと次の恋はうまくいく、そんな気がした。

ワンポイント

失恋しちゃった友達を元気づけてあげたいなら、心も体も癒されるホテルスパへ。『スパ ベイ ウィンドー』なら2人予約OKだから、2人で一緒に施術を受けられるのがうれしい。イルミネーションがきらめくこの時期なら、特に夜スパがおすすめ。
みなとみらいの夜景を眺めながらの夜スパは、まさに極上の時間! 自分へのクリスマスプレゼントなら、観覧車を望めるシティビューの個室をリザーブしたい☆


ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi
OZのプレミアム予約商品一覧
スターツ出版株式会社