国内リゾートウェディングQ&A<結婚式・ウェディング>

OZmall 恋、キレイ、知性 東京女子が“今”したいコト

こんにちは、ゲストさん♪


ウェディング会場予約

贅沢なOZ特典でかなえる、大人の上質ウェディング


国内 リゾート ウエディング 伊豆・箱根

結婚式までの準備期間は
どのくらいかかるもの?
最低3カ月前から準備を始めたいところ。
衣裳選びに時間をかける花嫁が多数!
挙式日の6~3カ月前に準備をはじめるカップルが多いみたい。そのエリアのハイシーズンに挙式を考えているなら、ゲスト数が多いと宿泊の手配が難しくなってしまうので、早めにスタートして。また、準備に時間をかけたいのが衣裳選び。ブーケや小物のセレクトまで含めると、ドレスの試着はなるべく早く始めるのがおすすめ
現地の下見はいつするもの?
通常の打ち合わせはどこで行う?
現地の下見と打ち合わせは、
エリアによってさまざま
現地の下見は、式場を決定する前がほとんど。ブライダルフェアを行っている会場や、おトクなお下見用宿泊プランを用意している会場もあるのでチェックして。また、遠方で下見に行けない場合は、現地の様子を映像にしたものや、実際に挙式したカップルの写真などで確認を。会場決定後の打ち合わせは、会場によりさまざま。現地のブライダルサロンのみという会場から、都内のウエディングサロンで行えるところもあるので確認を
ドレスやメンズ衣裳はいつ、
どのようにして決めるの?
挙式日が決まったら、
次に行うのが衣裳の打合せ
挙式日の1カ月前には決めておきたいのが衣裳。お気に入りをみつけるためにも、会場が手配できたらすぐに打ち合わせを始めて。会場内のドレスサロンでフィッティングから美容リハーサルまで、スタイリストと一緒に決めることができる場合も。また、都内にある提携ドレスショップで衣裳が選べる会場もあり、現地まで足を運ばなくても試着ができるので「衣裳にこだわりたいけど忙しい」という2人には便利
ゲストの交通費や宿泊先の手配・支払いは誰が行うもの?
宿泊費は新郎新婦が
支払うというケースが多いよう
2人とゲストとの間柄により一概には言えないけれど、親族や上司の交通費&宿泊代は新郎新婦が負担するのが一般的。それぞれで支払いをすませてしまった場合でも、後から新郎新婦が費用を渡しているよう。友人については、交通費か宿泊費のどちらかを負担。ブライダルサロンを通して、新郎新婦がゲスト分も一緒に申し込めば、宿泊費が割引きになる場合も
ヘアメイクのリハーサルは
どこで行える?
遠方の会場は、挙式日の前日に。
都内の提携サロンで行える会場もある
出発前に、都内の提携サロンでヘアメイクリハーサルをお願いできる会場もあるのでまずは確認を。その場合は、ヘアメイク用のカルテを作成し、細かいリクエストを現地へ伝えてくれるので安心して。また、北海道など遠方の場合、現地へ前日入りしてヘアメイクリハーサルを行うケースも。どちらにしても、当日の準備がスムーズにできるよう、ヘアメイクリハーサルはしておくのがおすすめ。とはいえ、プランに含まれていない場合は、別途料金がかかるので金額を確認するのを忘れずに
 

ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi
OZのプレミアム予約商品一覧
スターツ出版株式会社