OZmall 恋、キレイ、知性 東京女子が“今”したいコト

こんにちは、ゲストさん♪



“彼女力”向上プロジェクト vol.1 How to MakeUP

簡単ワザで美人顔 “彼女力”向上メイクレッスン

彼や男性から好まれるメイク、心がけてますか?
時間×手間をかけなくても、美ワザのポイントをおさえれば、
誰でも簡単に美人顔が手に入る。
そんな、OZ的メイクアップレッスンで、“彼女力” レベルを
グッと上げるメイク術を学ぼう。

Men's Voice 彼はこう思ってます!

ファンデーションレッスン:3ステップで、ファンデーションの美ワザを極める!

1箇所ずつポンポンとのせる

下地で丁寧に仕上げた後、リキッドファンデーションを高いところにポンポンポンとのせる。左右の頬・額・あごと、1箇所のせて→のばす、のせて→のばすを繰り返す。

スポンジで内から外へのばす

リキッドをのせた箇所から、すぐになにも付いていないスポンジで内から外へなじませる。リキッドならではのツヤ感が活きて、フィット力も高まる。
広い面から仕上げるのがポイント。

気になる箇所はめん棒で

コンシーラーがなくても、ファンデをめん棒につけて
気になる箇所にトントン。
厚くならないように、気をつけて。

仕上げのパウダー

お粉をフェイスブラシにたっぷり付けてから、
余分なお粉を振り落とすのがポイント。

ブラシを立てて使うと、毛穴が開きやすいので、
横にして使うのがポイント。

女友達の家に遊びにきたような、居心地の良いヘアサロン「hair Stola」店長。
シャンプーからブローまですべてを1人のスタイリストが担当し、安心感と満足感をあたえてくれる。

hair Stola(吉祥寺)の詳細はこちら

ファンデーション編
  • ファンデーションは、ノーメイクに限りなく近いナチュラルメークが好み。(41歳 自営業)
  • なんとなく、塗ってるのかな・・・みたいに自然な感じが好き。(35歳 IT関係)
  • 本来の素肌がわかるので、目や唇よりも気になります。キレイだときちんと手入れしているんだな、と思います。(31歳 会社員)
カラーメイク編
気になる場所はドコ?
  • アイメイク / 相手と話しをするときに、いちばん最初に目がいくところが目だから。(営業 32歳)
  • アイメイク / いちばん目立つところだし、かなり印象がかわる部分だから。(35歳 メーカー)
  • ファンデーション / よれているとがっかりする。(38歳 マスコミ)
  • アイブロウ / ズバリ眉毛! もともとの眉毛のラインを無視してメイクした不自然さにガッカリ。(30歳 代理店)
  • くちびる / うるうるの口紅にSEXアピールを感じます。(38歳 IT関係)
  • チーク / 最近色白な人が増えてうれしいが、青白いのはちょっといただけないので。(29歳 自営業)
どんなメイクにドキッとする?
  • 普段ノーメイクに近い人が、ばっちりとメイクしているとびっくりする。(32歳 開発)
  • 日頃は、簡単なメイクでも、なにかイベントのときとか、さりげなく日頃と違うメイクにしてきてくれたとき。(35歳 IT関係)
  • うるうるの口紅で表れたとき、思わずキスしたくなりました。男って単純です。(39歳 営業)
  • 遠目に見るとすっぴんのように見えるのに、近くへ寄るときちんとしていたとき。(33歳 サービス業)
どんなメイクにガックリする?
  • 肌あれやニキビなどを隠すための、過剰ファンデーション。近くで見たらかなりガッカリでした。(23歳 医薬品開発)
  • 過剰なチークはバカっぽく見えます。(34歳 会社経営)
  • 仕事内容に合わないメイク。受付、事務、営業などで違っていて当然だと思います。(29歳 広告代理店)

撮影/米山典子 モデル/AYA

 

ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi
OZのプレミアム予約商品一覧
スターツ出版株式会社