むくみを予防して足元を美しく! 美脚緊急対策ミーティング

OZmall 恋、キレイ、知性 東京女子が“今”したいコト

こんにちは、ゲストさん♪



秋冬トレンドブーツを攻略して足元美人に!

秋冬トレンドブーツ最強リスト

おしゃれなブーツをはきこなすには、美脚が命。そこで、むくみを研究している先生たちが、お悩みを解決。
忙しいOLでもオフィスでできる足のむくみ予防法は必見!

平井正文先生
平井正文先生
東海病院下肢静脈瘤・リンパ浮腫・血管センター長。「足のむくみ予防研究会」代表世話人として、足の悩みを持つ女性をサポート。
鈴木加余子先生
鈴木加余子先生
刈谷豊田総合病院皮膚科部長。「足のむくみ予防研究会」世話人。若い頃からむくみを予防する必要性を啓発している。
太田かおるさん
太田かおるさん
営業事務
朝会社にはいてきた靴が夕方にはけないことも。
波田奈都子さん
山本りかさん
システムエンジニア
毎朝起きると、足も顔もパンパンに!
山本りかさん
波田奈都子さん
インターネット広告代理店
働き始めて4年間、常にむくみに悩まされている。

皮膚の下にいつもより余分に水が溜まった状態のこと。本来、動脈の血管から染み出る水分と静脈の血管に吸収する水分は同じ量のはず。そのバランスが取れず、染み出る水分のほうが多い状態がむくみ。

心臓から一番遠い場所の血液を、重力に逆らって戻さなければいけないことが大きな原因のひとつ。血の流れを補う足の筋ポンプ作用が弱い女性は、足を動かさないことでさらに誘発される。

専門家が足のむくみにまつわるお悩みにお答え!

  • Q.会社帰り、朝はいてきた靴がはけない! どうすればいい?(太田さん)
  • Q.たくさん水分を摂るようにしてるけど、それがむくみの原因?(山本さん)
  • Q.歳を重ねるにつれ、むくみやすくなるって本当?(波田さん)

A.歩いて足の筋肉を使うことで予防をしよう。出勤前から弾性ストッキングをはくのも◎

足のむくみは解消よりも予防が大事。そこで、夜までむくみの状態を続けないためには、昼間にときどき歩いて予防することが大切です。もし、1日中座りっぱなしのお仕事などで、歩くのが難しい環境の場合は、座ったままでもできる足の体操をしましょう。まず、つま先を上げてから、足全体を床に付け、最後にかかとを上げます。それを何度か繰り返してみて下さい。ふくらはぎの筋肉を使っているのがわかるはずです。これを1時間に4〜5回するだけで、足のむくみを予防できますよ。もし、むくんでしまった足を元に戻したいなら、足を高く上げるのがいい方法。デスクの下で足を上げ、バタバタと動かしてみましょう。また、日中に弾性ストッキングをはくこともオススメです。起床時や出勤前にはくと、より予防につながります。

01 | 02 | 03

秋冬トレンドブーツはきこなし丸秘テクニックをチェック!

2009秋冬ブーツ|美脚緊急対策ミーティング|美脚セルフケア法

問い合わせ/足のむくみ予防研究会
文/高橋瑞穂 撮影/千葉裕子(ブーツ)

 

ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi
OZのプレミアム予約商品一覧
スターツ出版株式会社