風水師ドーターコパが占う★開運ネイル<ネイルサロン予約>

OZmall 恋、キレイ、知性 東京女子が“今”したいコト

こんにちは、ゲストさん♪


このページの記事は、2010/01/07に掲載した時点のものです。
現在は情報が変動している可能性がございますので、ご注意下さい。
  • ドーター・コパが占う2010年の開運ネイルはこれ!
  • 2010年開運ネイルが予約できるサロン

人の注目を集めやすく、いつも自分の視界に入る指先だからこそ、運気を高めるカラーやモチーフで彩りたいもの。公私ともに認める、ジェルネイル好きの風水師ドーター・コパさんに、2010年の開運カラー&デザインを教えてもらいました!

PROFILE/風水の第一人者Dr.コパの長女。Dr.コパより風水を学び、女性らしい感性で、生活に密着した風水術を紹介。テレビ・ラジオ・雑誌・トークショーなど、多方面で活躍中。

2010年がハッピーになる「開運ネイル」

「寅年の2010年は、勝負を挑む年。本人次第で、大きく飛躍できる1年になります。また、風水では2月4日の立春が1年のスタートだと考えられています。新たなスタートに向けて、ネイルアートも1月から節分までの間に変えておくことをおすすめします。ラッキーカラーやモチーフを味方にして、恋に、仕事に、ステップアップを!」

2010年のラッキーカラーは、「ネイビー」、「ワインレッド」、「ゴールド」の3色!
才能を引き出し、厄を落とすパワーを持つ「ネイビー(紺色)」。同時に、嫌な過去を清算してくれる力も秘めています。「ワインレッド」は夢をかなえてくれる色。約束を守るという意味もあります。21世紀に入ってから、毎年ラッキーカラーとして君臨している「ゴールド」は、金運を上げてくれるとされるカラーです。
爪の形は、「オーバル」&「ラウンド」のやさしいフォルムで!
“飛躍の年”なだけに、周囲の視線も厳しく、人間関係のトラブルが多いとされる2010年。そのような時期には「角が立たない」という意味で、卵のような形の「オーバル」や、オーバルよりも若干爪の先端部分が平らな「ラウンド」がおすすめ。指先を長く細く見せる効果もあり、やわらかなイメージに仕上がります。
「ホログラム」や「丸いストーン」、「アーチ状のラメライン」などが幸運の鍵!
爪の形と同様に、「人間関係を丸くする」という意味では、アートもできるだけ丸みのあるものや曲線で描くデザインが、幸運へと導きます。直線などのシャープな印象のデザインは、風水的には今年はおすすめしません。また開運アートは、No.1を意味する「人指し指」や、愛される女性に導く「小指」に施術すれば、さらに運気がアップします。

ドーター・コパさんが「開運ネイル」を体験!

「どんな要望もかなえてくれる、私にとってなくてはならないネイルサロンです」

3年前から、月に一度通っている『VINGT NAIL』。特に店長の百瀬さんは、私の要望に気持ちよく応えてくれ、さらにデザインも繊細。信頼しているネイリストです。風水では、“手先のキレイな人は、幸せをつかむのが上手”とされるため、私もこまめにハンドクリームを塗ったり、ネイルはその時々のラッキーカラーを取り入れて、運気を上げたりしています。2010年の開運ネイルは、ネイビー、ワインレッド、ゴールドの3色をすべて取り入れる必要はありません。1色でも、色のパワーは得られます!

定番のフレンチも、デザインひとつで個性が光る指先に!

今回ご提案したのは、指先がきれいに見えるワインレッドのフレンチ。ゴールドラインを縁に引き、サファイアのストーンをあしらった、まさに2010年の最強ネイルです。ストーンは密に乗せるとうるさくなるので、あえて間隔を開けるのがテクニック。3色すべてを使っても、派手すぎません。

今回、施術をしてくれたサロンは・・・

VINGT NAIL

VINGT NAIL(外苑前)

ハンドの施術を専門に行う1階と、座り心地が最高のソファをしつらえた2階の2フロアで構成。季節や流行を取り入れた、スタイリッシュなデザインを提案してくれる人気ネイルサロン。

撮影/千葉裕子 取材・文/橋本優香

 

ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi
OZのプレミアム予約商品一覧
スターツ出版株式会社