【かき氷】エスプーマ仕立ての“進化系”!夜22時まで味わえる、東京・駒沢大学のかき氷専門店「雪うさぎ」の名物メニュー

東京・駒沢大学「雪うさぎ」のかき氷

夏になると恋しくなるかき氷。今回は、都内で気軽に行ける、足を運んでみる価値のある名物かき氷の魅力をご紹介。東京・駒沢大学のかき氷専門店「雪うさぎ」でいただけるのは、見た目の可愛らしさや果実を使ったソースが女心をくすぐる、フルーツの産地にもこだわった名物かき氷。並んででも食べる価値ありの究極のかき氷のこだわりは要チェック

更新日:2018/05/28

東京・駒沢大学のかき氷専門店「雪うさぎ」のかき氷の魅力

女性の想いを凝縮したデザート感覚のかき氷

隣接する蕎麦屋でデザートとして提供していたかき氷が人気となり、2014年にかき氷専門店として独立したというこちら。「女性のお客さんに喜んでもらいたい、と思考しているうちに、コース料理のデザートのようなメニューが生まれたんです」と女性びいきな店主の小澤聰さん。

東京・駒沢大学のかき氷専門店「雪うさぎ」のかき氷の魅力2

純氷を丁寧に削って作るかき氷は、周りはシャリシャリ、中はふわっふわ。口の中ですーっと溶けていく新食感にまずは感動するはず。

東京・駒沢大学のかき氷専門店「雪うさぎ」のかき氷の魅力3

「うちはお客さんに育ててもらったんです」と言い切る小澤さんが作るのは、期間限定で提供される「宇和ゴールドの果肉入り柑橘ミックスヨーグルト~エスプーマ仕立て~」(900円 ※提供期間はTwitterを確認ください)。お客さんのリクエストに応えているうち、マスカルポーネチーズを使ったフロマージュや、フレンチにも用いられるエスプーマ仕立てなどの自家製シロップに辿り着いたそう。ネーミングを裏切らない上質な味わいと、下地に練乳と牛乳をミックスしたミルクシロップをかけているのもリピーターを虜にしている理由。

メニューに記載された「街の氷屋さん」という肩書に店主の想いが込められている。

ほかにもある!お店の人気メニューや雰囲気をチェック

イチゴのショートケーキを思わす、絶品かき氷

イチゴのショートケーキを思わせる、絶品かき氷

かき氷でありながら、まるでイチゴのショートケーキを食べているような満足感が魅力の「苺のフロマージュ」(900円)。栃木県産のとちおとめと茨城県産の紅ほっぺを合わせた甘酸っぱいジャムシロップは、マスカルポーネチーズを生クリームで伸ばした自家製フロマージュソースと相性抜群。

ビター仕立ての「大人のかき氷」も

ビター仕立ての「大人のかき氷」も

裏ごししたカボチャと牛乳、生クリームを加えて煮詰めたシロップに、ビター仕立ての自家製キャラメルをかけた大人のかき氷「カボチャキャラメル」(850円)。てっぺんには、塩を少量加えてローストしたパンプキンシードをプラスしているのでひと口目から美味。

22時までかき氷が味わえる隠れ家

22時までかき氷が味わえる隠れ家

猛暑の夜にも駆け込みたい22時まで営業のかき氷専門店。1~2時間待ちはあたり前だけど、名前を記入しておけば、近隣の公園で待機してもOK。店内は、お客さんが持ち寄ったウサギグッズがあふれ、リピーターに愛されるお店であることが一目瞭然。期間限定のメニューはTwitterをチェックしよう。

かき氷DATA

開催日程
通年
メニュー
25種 特濃ミルク氷650円、ずんだクリームチーズ900円ほか
氷の特徴
純氷を使用
シロップの特徴
エスプーマ仕立てやマスカルポーネソースなど
トッピング
ミルク・あずき・白玉 各100円
※期間限定メニューについては公式Twitterを確認を
入店・待ち時間について
・混雑時は記名制。待ち時間は順番が来るまでお店を離れてもOK
・空いている時間帯:平日の13:00~14:00
・待ち時間の目安:平日は1時間、土・日・祝は2~3時間
雪うさぎ

雪うさぎ

スポット名
雪うさぎ
電話番号
0334107007 0334107007
住所
東京都世田谷区駒沢3-18-2 オザワビル1F
営業時間
11:30~22:00 ※なくなり次第終了
定休日
交通アクセス
東急田園都市線「桜新町駅」南口より徒歩10分
予約
不可
ホームページ
「雪うさぎ」公式Twitter

【特集】夏といえばかき氷!並んでも食べたい東京の名物かき氷2018

東京の名物かき氷2018

夏になると恋しくなるかき氷。あまたあるかき氷の中でも、行列ができるほど有名な店のかき氷には、どれも店主の愛情がたっぷり詰まっています。今回は、そんな店主とお客さんが愛する名物かき氷の魅力を編集部が総力取材。東京都内で気軽に行ける、行列に並んでも食べたい人気かき氷店ばかり。この夏はかき氷の魅力を再発見しに、お出かけしてみませんか? 気になる待ち時間や整理券配布情報もチェックして。

PHOTO/YUKO CHIBA WRITING/SHIORI YAMAKOSHI、NAOMI TERAKAWA

  • LINEで送る