【かき氷】ふわふわ氷の中から和菓子がゴロゴロ!東京・都立大学の「御菓子所ちもと」から宝石箱みたいなかき氷

東京・都立大学「御菓子所ちもと」のかき氷

夏になると恋しくなるかき氷。今回は、都内で気軽に行ける、足を運んでみる価値のある名物かき氷の魅力をご紹介。東京・都立大学のちもと餅で有名な老舗の和菓子店「御菓子所ちもと」では、夏の2か月のみ提供する行列必須のかき氷が。ふわふわ氷の中から栗や餅などの和菓子がごろごろ現れる・・・並んでも食べる価値ありの名物かき氷のこだわりとは?

更新日:2018/05/28

東京・都立大学「御菓子所ちもと」のかき氷の魅力1

まるで宝探しをしているようなかき氷に心が躍る

老舗の和菓子店として、地元の人々に長く愛され続ける「御菓子所ちもと」が、期間限定の「おまかせ氷」(1080円)を始めたのは1983年。店主・石原謙さんの知り合いで、店の内装を手掛けた建築家の「かき氷の中に和菓子を入れてみてはどうか?」というひと言から。このユニークな発想が、オープン前から行列のできる店へと導いたそう。

東京・都立大学「御菓子所ちもと」のかき氷の魅力2

テーブルに運ばれてきた途端、歓声を上げたくなるようなかき氷は、濃厚なシロップと練乳が半分ずつかかったかけた山盛りの1皿。スプーンを入れると、表面がほろほろと崩れそうなほど柔らかく、やさしい口当たり。厳選した抹茶のほろ苦さと練乳のまろやかさ、白蜜の自然の甘味が口いっぱいに広がって、思わず笑顔がこぼれる。

夢中に味わっているうちに登場するのが、一つひとつ丁寧に手作りされた上生和菓子や八雲もち(日により変更あり)。「これを楽しみにしているお客さんも多いので、和菓子は毎朝手作りしています」と石原さん。ひんやりした氷ともっちりとした和菓子のコラボレーションにはまってしまいそう。

ほかにもある!お店の人気メニューや雰囲気をチェック

とろける味わいに感動。ちもと名物「八雲もち」

とろける味わいに感動。ちもと名物「八雲もち」

かき氷と並ぶ、名物商品が「八雲もち」(172円)。卵白を泡立てて寒天で固めた「淡雪」を混ぜた求肥は、口に入れた途端にトロリと溶けてしまうほど柔らか。黒砂糖で甘さ控えめに仕上げた生地と香ばしいカシューナッツがベストマッチ。店内では、煎茶か抹茶と一緒に楽しみたい。

手土産にも!隠れた名物メニューはこちら

手土産にも!隠れた名物メニューはこちら

見た目にも美しい四季折々の「上生菓子」(各259円)は、毎朝作りたてを用意。小豆や和三盆など高品質な素材を使ったシンプルながら上品な味わいがポイント。コクとキレのある餡を使った作りたての上生菓子は、一度食べたらクセになる隠れた名物メニューで、手土産にしても喜ばれそう。

料亭のような上質空間で優雅な時間を

料亭のような上質空間で優雅な時間を

店主と親交のある著名な建築家が手掛けたという店内は、柔らかな照明が灯り、無垢の美しさが際立つ高級料亭のような趣き。一枚板の特注ガラスが印象的な石造りのショーケースには美しい和菓子がずらりと並ぶ。清涼感あふれる水琴窟を眺めながら、名物メニューを心ゆくまで堪能して。

かき氷DATA

開催日程
2018年7月中旬~9月中旬
メニュー
3種 648円コース(イチゴ、抹茶シロップ)、864円コース(シロップ+あずき、白玉など)、1080円コース(店のおまかせ氷 ※期間7~9月上旬)
氷の特徴
純氷をやわらかく削って仕上げる
シロップの特徴
水を使わず、抹茶と白蜜で作った濃い抹茶シロップと練乳の2色がけ
トッピング
なし
入店・待ち時間について
・かき氷はオープンと同時に受付終了となる場合があります
・遅くとも8:30~9:30くらいには並んでおくことをおすすめ
・スタッフが名前を確認したあとは、順番が来るまで店を離れてOK
御菓子所ちもと

御菓子所ちもと

スポット名
御菓子所ちもと
電話番号
0337184643 0337184643
住所
東京都目黒区八雲1-4-6
営業時間
10:00~17:30 テイクアウト~18:00
定休日
交通アクセス
東急東横線「都立大学駅」より徒歩3分
予約
テイクアウトのみ可
その他のメニュー
和菓子セット、蜜寒天 各702円など
ホームページ
「ちもと」公式HP

【特集】夏といえばかき氷!並んでも食べたい東京の名物かき氷2018

東京の名物かき氷2018

夏になると恋しくなるかき氷。あまたあるかき氷の中でも、行列ができるほど有名な店のかき氷には、どれも店主の愛情がたっぷり詰まっています。今回は、そんな店主とお客さんが愛する名物かき氷の魅力を編集部が総力取材。東京都内で気軽に行ける、行列に並んでも食べたい人気かき氷店ばかり。この夏はかき氷の魅力を再発見しに、お出かけしてみませんか? 気になる待ち時間や整理券配布情報もチェックして。

PHOTO/MANABU SANO WRITING/SHIORI YAMAKOSHI、NAOMI TERAKAWA

  • LINEで送る