山梨・身延山│宿坊でお経体験&久遠寺の朝勤でプチ修行

旅先のおすすめ体験スポット

食も観光もいいけれど、旅先にはそこでしか味わえない“体験”がいっぱい。OZのスタッフが旅して見つけた、女性におすすめの遊び・体験スポットをご紹介

更新日:2017/05/06

注目のパワスポ「身延山」の宿坊に泊まってお経&朝勤体験 

歴史ある宿坊で1泊2日のプチ修行をしよう。身も心も浄化してくれるお経を体験したり、夕食は贅沢に生湯葉を使った精進料理を味わったり。自分と向き合う特別な時間は、日頃の悩みを解決してくれそう。翌日は早起きして、日蓮宗総本山の身延山久遠寺の朝のお勤め朝勤(ちょうごん)にも参加できる。

覚林坊(カクリンボウ)

覚林坊(カクリンボウ)

関東の比叡山とも呼ばれ、最近注目が集まっている身延エリア。そのなかで、パワースポットの宝庫・身延山に構えるのが、宿坊・覚林坊。館内は風情あふれる和の造りで隣室と区切るものは襖のみ。和旅館とは違う雰囲気に、神聖な気分になれそう。庭側の部屋からは有名な禅僧が作ったという日本庭園を望むことができ、正面側の部屋からは春には大きな枝垂桜が心をほっと癒やしてくれる。ぶどうの名産地と知られる地元・山梨県産のワインを使った「ワイン風呂」にも注目。入浴後、清潔感がある広々とした部屋でゆったり寛いだら、早寝早起きができそう。

体験:お経体験◆歴史ある宿坊でご祈願◎ゆば料理付き(所要時間:1泊2日)

約550年の歴史をもつ身延山久遠寺の宿坊で、1泊2日の宿坊体験がかなう。お経を唱えるプチ修行体験では、学業成就や眼病平癒、家内安全、良縁など願いごとを祈願して。希望者には名前を読み上げてくれるのでご利益ありそう。お経中は雑念が取り払われ、スーッと気持ちが軽くなるのを感じられるはず。また、お坊さんに相談事話せるチャンスも。お経体験は、宿泊の夜または翌日の朝が選べる。ただし時間指定はできないので注意して。また、徒歩15分程度の場所に構える久遠寺での朝勤も参加自由なのでぜひ体感しよう。

宿坊体験の最大の魅力は、神聖な非日常の雰囲気を味わえること。細部まで行き届いた和のしつらえや心和むおもてなしに、身も心もほぐれそう。あふれる自然と美しい文化財に恵まれた身延のパワースポットで、全身にスピリチュアルな癒しを味わって。

夜は湯葉料理を味わおう。地元・身延町特産の生湯葉を使った目にも楽しい湯葉御膳や、あけぼの大豆から作る納豆など、料理はすべてお手製。なかでも、あけぼの大豆は生産地が限られているため、“幻の大豆”と呼ばれる希少品だそう。朝のお勤めをした後にいただく体にやさしい料理は、清々しい1日の始まりを後押ししてくれる。
※お精進希望や、ベジタリアンの場合は、あらかじめご指定ください。

身延山久遠寺の朝のお勤め、朝勤(ちょうごん)にもぜひ参加しよう。ドーン!という太鼓の響きで身延山のいちばん大きな本堂の空気がピリッと張りつめたら、読経がスタート。自然にスッと背筋が伸びて、身が引き締まる感覚が心地よい。ありがたいお経を説法のあとは、奥の院まで足の延ばしてみては。身延山の山頂に登り、南アルプス連峰の絶景を楽しみつつ、長寿の杉がある霊山で自然のパワーをもらおう。

宿坊のイチオシ。湯葉を使った精進料理

覚林坊(カクリンボウ)

宿坊での夕食は、身延名産の生湯葉を使用した湯葉料理のフルコース。湯葉の桜蒸しや、湯葉と豆乳のトマト鍋など、オリジナルの湯葉料理の数々に思わずうっとり。自分で湯葉をくみあげて、新鮮な湯葉を味わってみて。翌朝は、お経と説法の余韻が残る中、宿坊に戻り朝食を。お豆腐、納豆など、身延特産のあけぼの大豆作った和食メニューが堪能できる。
※お精進希望や、ベジタリアンの場合は、あらかじめご指定ください

体験プラン

お経体験◆歴史ある宿坊でご祈願◎湯葉料理付き(1泊2食) 1名15000円
人気の湯葉料理に舌鼓♪お気軽◎湯葉料理コース(1泊2食) 1名9500円
※上記金額はすべて税込みです
※上記は2017年4月現在の内容です。最新情報は公式サイトをご確認ください

予約方法

体験プランは予約が必要です。以下いずれかの方法でご予約ください
■電話:0556-62-0014
■Webフォーム:以下ボタンからリンク

DATA

覚林坊
■住所:〒409-2524 山梨県南巨摩郡身延町身延3510
■電話番号:0556-62-0014
■アクセス:
【電車】JR中央線特急「甲府駅」下車(新宿駅より約1時間40分)→JR身延線特急乗換「身延」駅下車
【バス】身延駅より、山梨交通の路線バス「身延山行き」に乗車、終点「身延山」バス停で下車後、徒歩約15分
【車】中央自動車道「甲府南IC」→国道140号→身延(練馬ICより約2時間40分)

WRITING/NAOMI TERAKAWA

WRITING/NAOMI TERAKAWA

あなたへのおすすめ記事

TOP