OZ発、関東プチトリップ vol.002 日帰りで行く、レトロでかわいい箱根トリップ

OZ発、関東プチトリップ

【土曜日 16:00更新】
日々ロケハンに出かけたり、個人的に旅をしたりしているOZの編集部にとっては、毎日が新しい発見や出会いに満ちた小さな旅。ページには載らない裏話やエピソードをお届け。

更新日:2016/07/16

  • LINEで送る

先週末、ポーラ美術館でとってもオシャレなファッション展をしていると聞き、箱根にお出かけしてきました。梅雨らしい曇り空でしたが、そんなこと気にならないくらいあじさいがまぶしく咲いていましたよ。今回は、私編集部Mの日帰り箱根旅ルポ。

まずはお目当てのポーラ美術館。初期のVOGUEに感動

エドゥアール・マネ 《ベンチにて》 1879年 パステル/カンヴァス

ポーラ美術館で開催中の「Modern Beauty展」へ。100年前のフランス女性たちの美へのこだわりが歴史とともに展示されていました。コルセットを使って曲線美を強調したレースのドレスやアールデコのドレス、アンティークの化粧道具や絵画、香水瓶、髪飾り・・・。映画の世界でしか見たことのないような華麗なファッションにうっとり。いちばん心躍ったのは、今でも絶大な人気を誇るファッション雑誌『VOGUE』の第1号。すべてイラストで描かれているのに、とにかく美しくてハイクオリティ。当時の“美へのこだわり”がぎゅっと詰め込まれていました。

今回分かったのは、憧れのパリジェンヌは、100年も前からオシャレすぎるということ(笑)。“おフランス”の美の歴史に魅了されて、女性であることをもっと楽しもうと思えた展覧会でした。9月4日(日)までやっているみたいなので、気になる方はぜひ足を運んでみてください。

名門富士屋ホテルで愛されスイーツ・アップルパイを堪能

アップルパイのケーキセット1490円(コーヒーまたは紅茶付き)

パリジェンヌに影響された私は、小腹が減ったので、宮ノ下でカフェタイム。選んだのは、憧れ富士屋ホテルのティーラウンジ「オーキッド」。異国情緒漂うクラシカルな空間はとっても上品。雰囲気のある空間にワクワクしながら、ずっと食べてみたかったアップルパイをオーダーしました。じっくり煮詰められたリンゴにしっかりシナモンをきかせていて、味わうごとにほどよい甘さと爽やかな酸味が口いっぱいに。どこか懐かしささえ感じる絶品スイーツにほっこり。

四季折々の景色が楽しめる日本庭園を前に

お土産には、不動の人気を誇る名物のビーフカレーとビーフシチューのレトルトを買いました。おうちで富士屋の味を堪能しようっと。

愛され続ける逸品。地元のパンやさんで温泉シチューパン

温泉シチューパン575円

そういえば!と、編集部の先輩に教えてもらったパンやさんを思い出して、富士屋ホテルのすぐ近くにある「渡邊ベーカリー」へ。なんとこちらも創業120年という富士屋ホテルに負けずと老舗のパンやさん。梅干しアンパンやきゃらぶきサンドなど、個性豊かなパンがいっぱい。イートインもあったので、そこで名物と言われる温泉シチューパンをいただきました。カリッと焼きあげたフランスパンをくりぬいて、熱々の自家製ビーフシチューがたっぷり。とってもフォトジェニックです。ごろっと大きめに切られた具材は、とろとろに煮込まれたビーフとホクホクの野菜たち。とろけるような味わいは悶絶級でした。地元の人にも愛されている心あたたまるお店でした。

箱根は温泉のイメージが強いけど、アートやカフェを巡るのも結構楽しいんです。都心から1時間半程度で行けるから、ちょっとした日帰り旅でも十分楽しめますよ。今度の週末、ふらっと出かけてみては?

あなたへのおすすめ記事

TOP